「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > 家づくり【雑記】  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリモク家具のショールームへ行ってきました

2007 - 01/15 [Mon] - 00:19

1月14日。愛知県知多郡東浦町にある、カリモク家具の本社ショールームに行って来ました。
「子どもの学習机に」と考えていた、ベネッセとカリモク家具の共同開発『学びデスク』『成長チェア』の実物を見るためです。

実物を見た最初の印象は、思ったより低くて小さい。

LDKの真ん中に置く予定なので、あまり圧迫感のなさそうなこのデスクは結構良いかもと思いました。引き出しも浅めで、整理整頓しやすそうです。本棚の棚板もワイヤーにスライドさせるように出来ていてすっきり。
よく考えて造られているなぁと思いました。

ただ、先日、飛騨家具のデスクを見て、それに比べると作りが安っぽいような・・・。
机の天板を一番上まで上げたときの、微妙な隙間もきになりました。

スタッフの方に、この作りは大丈夫なのか聞いたら、苦笑されました。

木は生きているので、湿気などを吸って伸び縮みするそうです。なので、上げ下げすることを前提に作られているもので、きっちり造ってしまうと、割れるそうです。愛知県の人は、車と同じように家具にも精密さを求めてくるけど、金属とは全く性質の違うものなので、いつも同じような事をいわれて困っている、といわれてしまいました。(^^;)

ただ、隙間を少しでも目立たなくする方法はあるそう。
12個のねじで各部位を固定しているそうなんですが、それをすべて均等に締めるといいそうです。一つずつ順番に、まず10回締めて、12個。全部締めたら、また最初から10回ずつ・・みたいな締め方。

見た目の美しさにこだわろうとすると、やはり多少の労力は必要そう。

子どもは、「当然、ベネッセの机」といっていますが・・・。

学びデスクか、飛騨家具か、どちらにしようかなぁ~。

スポンサーサイト

お引っ越し見積もり取りました♪

2007 - 02/10 [Sat] - 21:35

今日の我が家は、お引っ越し見積もりの日♪
3月24日の土曜日に引っ越したいと思っているので、実はもう急がないとかなりまずい状態です。

午前11時、午後4時、午後5時の約束で、3社の訪問見積もりを受けました。
3社とも、ネットで概算はでていましたが、訪問は初めてです。

まず1社めは、名古屋市とその周辺をエリアにしているA社。
ここは、リサイクルもやっていて、不用品を引っ越し時に買い取ってくれるのが魅力です。
元引越し屋さんだった社長が、まずリサイクルの会社を起こして、そこから引っ越し業務へと広げて行ったらしい。
時間通りにやってきた営業さんは、ちょっとホスト風。
積み込む家具や、電化製品をチェック!
引き取って欲しい家具なども、その場ですべて見積もって、差し引きしてお引っ越し見積もりを出してくれました。

その金額は・・・、やっ、安い!
2.5トントラックで7万2千円。3トンで、10万円。エアコン脱着も8000円です。この安さには心が揺らぎましたが、とりあえず保留。
でも、どうして、こんなに安いの!?

2社目は、引っ越しのサカイ。
午後4時を過ぎても、やってきません。10分を過ぎた頃、電話が。
「申し訳ありません。4時30分ごろになります。」
そしてちょうど4時30分にやって来た営業さんは、ちょっと調子のいい、大阪商人のようなイメージ。(大阪の皆さんすみません。良い意味でです^^;ゞ)
・・・作業員さんは時間を守ってくれるのかなぁ・・・。
見積もり自体は、1社目と同じで、持って行くもの行かないものをチェックして決めて行きます。
サカイの特徴は、箪笥の中身はそのままでOKということ。他社のように引き出しの中を空っぽにしなくても、大丈夫だそうです。
そして、トラックも独自の大きさのものを使っていて、我が家の荷物だと2tトラックのロングタイプ。約6畳分の広さらしいので、普通の3tトラックぐらいの大きさでしょうか。
見積もりを計算しているうちに、NHKで紹介されたとかいう、引っ越し研修センターや荷造りの仕方のVTRを見せてくれました。

そうこうするうちに時間は5時。ぴったりにチャイムが鳴って、約束していたウェルカムバスケットさんです。
「すみません、まだ前の業者さんとお話しさせていただいてるので、もしよろしければ、中でお待ちいただけますか?」
「あっ、大丈夫ですよ、外でお待ちしています」
ウェルカムバスケットの営業さんは、原田治さん(ミスタードーナッツなどのキャラクターもデザイン)デザインのイメージキャラクターそっくりでした。

さてさて、引っ越しのサカイ。でてきた見積もりは、ちょっと高い。
「ぶっちゃけた話しをしてしまいますと、午前中に見積もりを取った会社は7万円です。どれくらい近づけますか?この後、ウェルカムバスケットさんにもお見積もりいただきますし。」

「もう、頑張らせていただきますよ!う~ん、それでも、5万円引きぐらいですかねぇ。あと、別途、エアコンのホースが4年ぐらいで寿命になっていると思うので、1~2万円かかってきます」

箪笥の中に、荷物入れっぱなしOKは魅力ですが、とりあえず保留。

「ウェルカムバスケットさん、頑張ってますよねぇ。でもタクシー会社さんの系列なので、忙しい時期は、ドライバーさんがタクシーの運転手さんらしいですよ!」

え~、ホント~!?


にほんブログ村 住まいブログへ

続きを読む »

カーテンの見積もりをお願いしてるショップ

2007 - 02/12 [Mon] - 00:48

今日は日曜日で大工さんもお休みだったので、もう1軒、インテリアショップへ行って来ました。

『KEYUCA』ケユカ ロフト名古屋店。
http://www.keyuca.com/

名古屋栄のLOFT地下1階に入っています。(インザルームとは、斜前の建物)
このショップも関東を中心に展開していて、名古屋地区へは去年(2006年)11月にオープンしたばかり。

キッチングッズが豊富で、シンプル&ナチュラルな家具を中心に扱っています。
なかでも、すごいのがカーテン。ヨーロッパからの輸入物を中心に、アウトレット価格でオーダーカーテンが作れます。
ヨーロッパでも、各国特徴があって、特にポルトガルは職人さんの腕がい割りに、賃金が安いので、品質の良いものが比較的お値打ちに作れるのだとか。

我が家も、こちらでカーテンの見積もりをお願いしています。

オーダーカーテンは、加工によっても料金が随分変ってくるらしい。
上のほうのフックをかけるところも、3つ山にすると生地が約3倍、2つ山だと1.5倍必要。我が家は安いほうの2つ山にしています。(^^;)ゞ

すそ加工も、通常の折り返す方法の他に、折り返さずに錘を縫い付けてすっきりと処理する、ウェイトテープという方法も。レースはこの加工の方が、きれいです。

家も随分形になってきて、また、以前に選んだときとイメージも変っているような気がして、今日寄ってみました。
もう一度選びなおしてみたら、前よりも高くなってしまいました。

とりあえず24日に現場に来てもらって、採寸をしながら、見本をかけてもらって考えます。(><)
インテリア菊池さんも、一緒に立ち会ってくれて、アドバイスをくれるらしい!

頼りになります、菊池さん♪

お引っ越し決めました♪

2007 - 02/12 [Mon] - 21:12

先週の土曜日に3社の引っ越し業者さんから相見積りを取って、さらに昨日1社、アーク引っ越しセンターさんで見積りをとりました。

アーク引っ越しセンターさんは、名古屋市中川区に本社があり、全国展開している業者さん。
http://www.0003.co.jp
女性の営業さんがいらっしゃいました。
まず、家具と建物の養生についてや、荷造りのポイント、さらに他の業者さんと同様に隣接道路の広さ、新居の間取りや搬入経路などを確認されて、もって行く家具を確認して見積りを・・・。

まずは3月24日の午前で見積もってもらいましたが、やはり他社同様、一年で一番高い日と言って良いぐらいの日にちらしく、非常に高い
夫の中では、もう3月22日の午後の引っ越しでもいいと言う気持ちが強くなっているので、22日の午後で出してもらいました。

相見積りを出していることを伝えると、結構がんばってくれました!

唯一つ、問題が・・・。
午後の引っ越しにすると、開始時間が午後2時から午後4時と遅めでしかも幅のある時間設定。


建物と家具の養生、万が一の時の保障、作業開始時間、そして金額。このポイントと、企業の仕事に対する姿勢みたいなものを夫と二人で、総合的に考えて出した答えは、ウェルカムバスケット

3月22日の午後のお引っ越しという結論になりました。

最終的に悩んだのは、ウェルカムバスケットとアーク引っ越しセンター。養生や保障など、企業の姿勢で、この2社なら安心して任せられると言うことで悩みました。

料金的にも、アークさんのほうが5000円ぐらい安かったのです。実は。

ただ、午後引っ越しの作業開始時間が、ウェルカムさんは2時から3時、アークさんが2時から4時。
「1時間を5000円で買おう!」という結論になったわけです。

いよいよお引っ越しも、現実味を帯びた物になってきました。

あっ、お片づけしなきゃ


**************************************************************************

にほんブログ村 住まいブログへブログランキング参加中!
もしよろしければ、ピコッっとよろしくお願いします♪

お家を建てる人たちへ(1)

2007 - 02/23 [Fri] - 10:46

我が家の楽しい家づくりは、まだまだ続きます。

ここでも、外構をお願いしているプラス・エフ澤井さんとのこれまでのことも書いていかなきゃと思っていますが、一応、セキスイハイムの皆さんとのこれまでのことと今が重なってきたので、これまでのことで感じてきたことを、ちょっとまとめっぽく書いておきます。

我が家の家づくり、こだわってきたことはたくさんありますが、でもその根底にあるもの。
それは、誰と、何を造るか

こんなことを書くと、「そんないい加減なことでいいの!?」って怒られそうですが、どこで建てるかはそんなに重要じゃないと思ってきました。
だって、どこで建てても、そんなに変らない。みんなそれぞれが良いんです。たくさんあるホームメーカーさんも、工務店さんも、建築士さんも皆それぞれに考えて、努力して、技術を開発してきている。

いろん現場に入っていらっしゃる大工さんやクロス屋さんともよくお話しすることなんですが、どこにしても、どんな部材にしても、いいところと悪いところが必ず背中合わせにある。

例えば、セキスイハイムのお家だって、ボックスラーメン構造という工法は丈夫で地震にはとても強いです。でも、ユニットと言う決まりに沿って造っていかなくてはいけないお家。当然、間取りや時にはインテリアにだって限界がでてきます。
でも、それを知った上で創意工夫していく楽しさがそこにはあります。

そして、部材で言えば、例えば断熱材。グラスウールは湿気に弱い。でも、火に強く燃えにくい。そして燃えても有毒ガスを発生しにくい。
一方、発泡系の断熱は、機密性に優れていて湿気にも強い。でも、火に弱く、万が一燃えたときは有毒ガスを発生します。
でもね、これだって、結局はどっちを選んでもいいところと悪いところがあって、自分たちのお家の中がどうなっているのか知っていれば対処のしかたがあることだと思うんです。

「最近寒いけどどうしてかなぁ。もしかしたら、この辺の壁のグラスウールが湿気を吸っちゃってダメにたってるのかなぁ」なんて想像もできるし、もしも発泡系の断熱が入っていたら、万が一のときも「一刻も早く換気をして、逃げなきゃ」って対処できるかなって。

私が、毎日現場にいったり、工場見学のことを詳しく書いている理由もこの辺にあります。

結局は、どこで建てても同じ。
ただ、性質をよく知ったうえで、そこに立ち向かっていく気構えは重要です。

なにを優先するのか・・・。

でも、やっぱり、一番重要なことではありません。
お家づくりをどうするのか。どこでどうやって建てるのか。

それを決定する、一番重要なことは・・・・・。
勘の良い方はもう気付いていらっしゃるかもしれませんね。

それは。。。(2)へ続く。


************************************************************************

にほんブログ村 住まいブログへ
ブログランキング参加中!
上がってくると、やっぱり嬉しい♪

 | HOME |  »

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。