「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > 2011年08月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「捨てる」ことでは解決しない

2011 - 08/29 [Mon] - 15:25

こんにちは、あぶりしゃけです♪
気付けばもう、8月もあと3日!
皆さん、いかがお過ごしですか~。
地域によっては、もう新学期がはじまってる小中学校もあるみたいですね。
ウチの地域は9月1日から。
うちの息子はまだ少し宿題を残しているようなのですが、「宿題は子どもに出てるもので私に出てるわけじゃないも~ん♪」と自分に言い聞かせながら見守ることにしてます。

そんな状態なのに、昨日は常滑焼で有名な知多半島に日帰りで器探しのたびに行ってきました♪
『恋する器探し』シリーズの記事、まだ2話までしか書いていませんが、私の中ではまだまだ継続中です。
昨日も、すごいいい出会いがあって、2つの器に恋して連れ帰ってきました。
そのことは、また順を追って書いていきます♪

あっ、恋する器とであった場所のひとつが今月いっぱいでお引越しされるとのことだったので、そこだけとりあえずご紹介しておきます。
ゆう彩工房(愛知県知多郡南知多町豊浜新居194)
”でんでんねこ”っていう、でんでんむし+猫のかわいいオブジェが産まれてる工房。
今谷紀子さん、藤田敬さんって言う二人の陶芸作家さんがされてます。
今月末までは豊浜の海沿い「お魚広場」近く(ローカルな方しかわからん?^^;)にありますが、来月以降は伊賀よりの京都にお引越しされるそうです。
藤田さんの作られた器が、なんだかほっこり手に馴染む感じで、私はすごく好きになりました。(〃▽〃)
http://www.geocities.jp/takashixfujita/main.htm



さてさて、今日は、整理のお話を少し。
「恋する器探し」をしたいって思ったコトにも、関係があるお話。



整理とは、不必要なモノを取り除くこと。

整理収納アドバイザーとしてさせていただく講座や、コンサルティングでも、こんなお話をずっとさせていただいてます。
断捨離ブームとかで捨てる大切さをずっと言われていて、「捨てなきゃいけない」「捨てることで解決できる」「とにかく捨てましょう~!」って、なんかそんなことが定着してるようにも感じてます。

確かに、捨てることは近道。
捨てることは最初の一歩。
捨てることって、とっても大切。

でも、整理収納の問題は捨てることでは本当の解決はできないって私は思うんです。

例えば、モノじゃなくてコト・・・仕事に置き換えたとしたら―

来るもの来るもの、何でもうけてしまった仕事。
その中には、自分が得意なことやしたいこと、本当は苦手なことややりたくないこと、人との繋がりで何となくうけてしまったこと、自分がやるよりももっと他の人がやったほうがいいこともごちゃ混ぜ・・・。

にっちもさっちも行かなくなって、一度、エイっヤってやめちゃって、自分ができることだけにしたとしたら・・・。

これって本当に解決につながるのかな?
多分、ラクになるのは一時だけ。
しばらくすると、また何でも受け入れて、同じ状態になるんです。
そのたびにまたやめて・・・。

やめちゃうだけでは解決にはならない!
自分のできることやしたいことを明確にしたり、また苦手なことならそれをどう乗り越えたら良いのか、誰かにお願いした方が良いことならば誰にお願いしようかとか、考えて置かないと。

また、自分自身がたくさんの仕事を抱えることができるのかできないのか、たくさんの仕事をこなす人になりたいのかそうじゃないのかって、そんなことも自覚しておく必要があるんじゃないかと思うんです。

モノだって、きっと一緒。


なんだか気付かないうちに集まってきてしまった、たくさんのモノ。
この中には、本当に色んなかかわり方のモノが含まれてるはず。

本当に好きなモノ、大事なモノ。
興味本位で何となく手に入れてしまったモノ。
本当は好みじゃないけど、誰かから貰っちゃったモノ。
安かったから買ったモノ。
間に合わせでとりあえず買ってしまったモノ・・・。

目の前のモノを「要る」「要らない」って分けて整理したら、今度は目の前にない、これから出会うモノのことを考えながら「私は好きなのはどんなだろう」「なにと一緒にどんな暮らしをしたいんだろう」「そんなモノたちと、どこに行ったら出会えるんだろう」・・・。

そうやって、丁寧に暮らしを考えて一からつくり上げていく作業をしていかないと!

整理することは、こんがらがった暮らしとココロの緊急避難。


整理(緊急避難)の先のなにを選ぶのか、暮らしをどうつくるのか
そこを考えることが、本当の意味での問題解決につながることなんじゃないかな、って思います。

そして、整理は量ではなく質なのかなとも思います。


私自身も、まだまだ暮らしをつくり上げていっている最中。
そんな様子も、少しずつブログに書いていきます。
ブログに遊びに来てくださってる皆さんと一緒に、考えていけたらいいな。。。


スポンサーサイト

捨てた、あと。

2011 - 08/12 [Fri] - 15:55

こんにちは♪あぶりしゃけです!

       残暑お見舞い申し上げます

暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

いやはや、前回更新してからあっという間にもうすぐ1カ月!
なんだかもう、月日が流れるのが本当に早くて、私の中でブログの更新が時間の流れにすっかりおいてかれちゃってる感じです。

この1カ月の間で、暑さをちょっとだけごまかすための工夫をしてみたり、家族で北海道に旅行に行ったついでにブログを通じて仲良くしてもらってる人がやってる素敵カフェに行って自分がカフェ好きな理由に気づいたり、お土産の買い方でもちょっと気付いたことがあったり、いつもお世話になってる森住建さんでの講座の準備から歳を重ねた方たちの整理収納について私自身もハッとすることがあったり、心理学から考える人づきあいのポイントみたいなことを勉強して来たり、ちょっと面白い場所を発見してそこからおもしろい人たちとのご縁が広がったり、東日本大震災から5カ月が過ぎて色々と感じたり・・・。

日々いろんな経験から学んだり、気付いたり、楽しんだりしてます♪
ブログにも書きたいことがいっぱいあるんだけど、また追々と!

そんなこんなで、とりあえず前回のブログでちらっと触れた『リサイクル工場見学』について今日は書いておこうかなって思います。


大ナゴヤ大学から誘って頂いて伺ったリサイクル工場っていうのは、静岡県浜松市にある株式会社富士エコサイクル

エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの使用済み家電製品を解体して原料を回収して、再資源にするという事業をされてる会社。
電化製品ってガラスとか樹脂とか色んな種類の原料からできてるんだけど、買い替えとかで引き取られた使用済みの電化製品を解体して精製を繰り返しながら原料別に分類して、新たな製品に生まれ変わるための原料をつくりだしてるんです。

リサイクル工場例えばこんな感じ。プラスチックも製品によって色んな種類があって、ビックリ。

工場見学全体の流れは大ナゴヤ大学の学長のブログ富士エコサイクルさんのHPを読んでもらうとわかりやすいかも。

工場内のきれいさとか、安全のためのシステムとか、働く人たちが高いモチベーションを保ち続けられるためのマネジメントとか、すごいと思うことがたくさんあったのですが、中でも意外だったのが、解体のための最初の工程を一つ一つ人がやってるってこと。

普段、整理収納アドバイザーとして「使わなくなったモノは、思い出のモノ以外は手放していくようにしましょう」なんていうお話をしていながら、実は捨てた後の電化製品がどう扱われるのかって今まで知らなかったんです。
巨大シュレッターみたいなので一気に壊しちゃうのかなとか、高温の焼却炉みたいなのに入れていきなりドロドロに溶かしたりするのかななんて思ってたんです。
リサイクル工場 (5) リサイクル工場 (3)
でも、実際にはこんなふうに、テレビも洗濯機も冷蔵庫も・・・全部をまず人が丁寧に分解していくんです。
人が手をかけ、しっかりと分類することで精度の高い資源をつくっていくんですね。

このリサイクル工場、家電をつくる側の方たちもよく見学にいらっしゃるそうで、リサイクルしやすい商品の開発も研究されているんだそうです。

そうそう、清潔が保たれている工場内でしたがすごい悪臭を感じた場所がありました。
何から出てるにおいなのかすごく気になってたのですが、悪臭の原因は製品から出る有害物質なんかじゃなく、私たちが製品を使い続けることでついていった汚れやカビから発する臭いだとのことでした。

電化製品がつくられ、使い、役目を終えたモノをまた資源として生まれ変わらせる―

モノが循環するすべての過程に、人がしっかりと関わっているんですね!
モノを捨てた後にも、ちゃんと人が関わってる・・・。

モノを捨てることは活かすこと、またモノをつくりだすことや経済を動かすことにもつながるんだと思います。
そして、人から人へとつないでいくこと。
捨てるときにも、感謝の気持ちとあわせて、きれいにお掃除をしてから捨てられるといいのかななんてことも感じました。

捨てた後の事、皆さんは意識されたことがありましたか?

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。