「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 防犯・防災 > 【家避難・避難所避難・外避難】~災害に備える~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【家避難・避難所避難・外避難】~災害に備える~

2011 - 09/22 [Thu] - 13:09

こんにちは♪あぶりしゃけです。
昨日までの大荒れの天気にうって変わって、今日の愛知県は良いお天気。
秋らしい、心地よい風が吹いてます。

iphone_20110922114924.jpg


台風15号、怖かったですね。
皆さんに地域は、大丈夫でしたか?

被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
様子を見ながら、何かお力になれることがないか、考えて行きたいと思います。


すごく前にこのブログにも書いたことがあるのですが、11年前に東海豪雨を経験してる私は川が徐々に増水して行く感じとか、避難勧告のサイレンの音とか、当時とあまりにも似てる感じに記憶がよみがえってきたりもしていました。

今住んでる所は11年前の水害で地域全体が水に浸かったところ。
なので、家を建てるときに基礎を高くしたりして対策はしてるのですが、ウチの中の色んなものを2階にあげたりして「もしも川が氾濫したら・・・」ってことを考えながら雨が収まるのを待ってました。


日曜日に、実は仙台の整理収納アドバイザー仲間に会って「本当に非常時に使えるものってなんだろう」なんて事も話したりしてて、その翌日に台風が来て・・・。

災害に対する日ごろの備えは、『非常持ち出し袋』+『日ごろのモノの持ち方や暮らし方』の2段構えでしておく必要があるのかななんて感じてます。

避難所に避難する【避難所避難】ための非常持ち出し袋。
家に留まりながらも、ライフラインが止まったりした中で非常時の暮らし方をする【家避難】のための、備え。
さらに、最悪、避難所にも入れなくて野宿のような状態で避難生活を送る【外避難】のための、準備。

こんなことも想定して、備える必要があるんですよね。
最近の「捨てるブーム」もあって、少ないモノで暮らすことが良いコトのように言われがちですが、極力減らすということよりも”適正量”をちゃんと考えて決めるコトのほうが、もっともっと大事!

私自身も、改めてモノの持ち方や暮らし方について考えてみたいと思います。




せっかくなので、皆さんで一緒に考えられる場も設けてみました。
岐阜のアミューゼラボさんにて。

お片づけCafe 『災害に備えて ~もしもに備える、モノの持ち方暮らし方~』

日時 : 10月5日(水) 10:00~12:00
会場 : Amuser labo アミューゼ ラボ (岐阜県岐阜市本荘中ノ町10-37-1)
参加費: 500円(お菓子とお飲み物付)
定員 : 5名
●主催/ 株式会社森住建
お申込・お問い合わせは森住建さんのHPからお願いします。


それから、非常持ち出し袋については、10月8日にモリコロパークで開催される愛フェスでの大ナゴヤ大学の授業でお話しさせて頂きます。

詳細・お申込は、大ナゴヤ大学のHPからお願いします。 


  
       iphone_20110922114619.jpg
ちなみに、我が家の非常持ち出し袋。
2階の寝室のカゴの中にしまってあります。ちょっと少なめ。もうちょっと装備を増やしたほうが良いかも・・・。

スポンサーサイト

こんばんは!!!
台風で愛知県では大変な事になっていたのをテレビで見て、
あぶりしゃけさん宅は?
と思っていたのでしたが、異状がなくて何よりです。

最近の捨てるブームで捨ててしまったものが実は災害の時に役立つのでは…で持っていたものが今回の東日本大震災で、わが家で役立ったのも事実でした。
その適正量というのはどのくらい…?
なんて思いますが、どうなんでしょう。

★ノリスケさん、ありがとうございます!

ノリスケさん、こんにちは。
いつもありがとうございます!

ご心配、ありがとうございました♪
台風は、11年前に氾濫した個所はなんとかもったため、ウチのほうは被害はありませんでした。
でも、東海豪雨の時の感覚がよみがえってきて動悸がしたり・・・、怖かったです。

そんな自分をまたどこかで客観的に見ながら、東日本大震災の被害に遭われた方はこの先もPTSDに苦しまれたりするんだろうか・・・なんて事も考えたりしてました。


捨てるブーム。
整理収納アドバイザーという仕事をしていながら、あまり良い事ではないなと感じています。
無駄なモノを持つのはよい事ではないんだけど、でも、何でもかんでも捨ててしまえば良いとは私自身も考えられなくなっています。

どれだけ捨てるかよりも、何を持つかのほうが大事。

でも、適正量と言うのも「これだけです」って明確に決めることはできないかなとも思っています。
何がどれだけあれば十分なのかは、結局のところその人自身・そのご家族ご家族に寄るところだと思うので。

災害の種類や大きさ、地域の回復力などによっても違ってくるのではと思います。

専門家として、ノリスケさんはどう思われますか?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/1064-2ba2d146

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。