「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 家づくり【着工前】 > これまでのこと【74】 危険箇所  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまでのこと【74】 危険箇所

2007 - 02/07 [Wed] - 13:48

夫ともめたクリスマスの旅行。色々な手を使って、何とか希望のホテルへ泊まることが出来ました。(*^-^*)
旅行から帰ってきてすぐ、プラス・エフの澤井さんから電話がありました。

「お世話になっております。プラスエフ澤井です。また、外構のお打ち合わせをしたいと思うのですが、奥様のご都合はいかがでしょうか。何度か現場へもお伺いして、お伝えしなければと思うこともありまして」

そう言ってやってきた澤井さんが見せてくれた写真。
07-01-12_14-26_copy.jpg

「南側の土留めになっているブロックなんですけど、斜めのクラック(ヒビ)が入ってしまっていて、危険な状態になっています。これは直しておかないと、将来的に非常にまずいことになりますよね。」

今さら・・。こっ、こんなところにぃぃぃぃ!

解体工事が終わったとき、ご近所に面したところは、何度も念入りにチェックしていました。
でも、ここはチェックし忘れていました・・。

確かに入っている斜めのヒビ。しかも、ごまかすようにモルタルで補修までしてありました。

解体業者さんの仕業だ。どうしよう・・・。

「縦のクラックはブロックとブロックのつなぎ目が剥がれてきているだけなのでそんなに問題はないんですが、斜めのものはブロックそのものが多分、割れてきているんだと思うんですよね。中には鉄筋が入っているので、すぐにだめになることは無いんですが、ヒビたところからどんどん引っ張られて倒れてくる可能性はあります。
責任がはっきりしているうちに直しておかないと、もしも将来倒れてきた場合、どこが責任を取るのかと言うことにもなってきます・・・」

なるほど。確かにその通り。

もう、代金は支払ってしまった後でしたが、また解体屋さんと戦わなければならない。
勇気を振り絞って、解体業者さんに、また電話をすることにしたのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/125-0b79f190

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。