「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 家づくり【着工前】 > これまでのこと【17】 想像  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまでのこと【17】 想像

2007 - 01/15 [Mon] - 11:48

とりあえずは、1階のリビングで、そして子育てのための家という方向性で進み始めた、間取り。具体的にはどうすれば・・・。

そこから、自分自身の、そして子どもと夫の現在・過去・未来へと思いを思いをめぐらせながら、一つずつ決定していく、そんな作業が始まりました。

今私たちが住んでいるマンション。それなりに便利に暮らしていて、大きな不満はないのですが、小さなことが色々気になっていて。
北向きの狭い玄関は、窓もなく真っ暗。昼間でも電気をつけないと靴が履けません。それにタタキも狭く、子どもの自転車をいれたらいっぱい。防犯の特集番組で見たのですが、泥棒やオレオレ詐欺は外においてある子供用の自転車などをチェックして、電話をかけてきたり進入してきたりするのだとか。なので、絶対に子供用の自転車は玄関に入れたい!そして、陽のたっぷり入る、明るい玄関を!!

キッチンから、ちゃんとリビングにいる家族の様子がわかるようにしたい。キッチンからリビングへ、直線の視線。

階段も、リビングの中を通って2階へ。
子育て中のお母さんなら、当然、思うことですよね。
「ただいま」って子どもが帰ってきて、キッチンで声をかけて2階へあがっていく、そんな姿を思い浮かべて。

お料理のお手伝いが大好きな息子と、私に万が一のことがあった場合を考えて料理を覚えてもらった夫。家族みんなでキッチンのカウンターを囲んで料理づくりが出来るような、アイランドキッチン。
背の低い私と、子どもでも使いやすいように高さは80センチに。

子ども部屋にはバルコニーとロフト。子どもが部屋に閉じこもらずに、親も自由に出入りできる部屋。でも、ちょっとワクワクするロフト付き。

そして、トイレ以外のすべてのドアを開け放して使えるように、できる限り引き戸で。


こんな断片的なイメージがつながって、
「佐野さん、こんなお家にしてください!」


スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/27-1d0685c1

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。