「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 家づくり【雑記】 > 「まぁ、いいか」と言えるかどうか・・・  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まぁ、いいか」と言えるかどうか・・・

2007 - 09/05 [Wed] - 23:41

昨日の記事に下さった皆さんのコメントを読んでいて、”こだわった”人全てが自分を追い詰めているわけでもないのかなぁって改めて思いました。

私もそうだったのですが、とってもこだわってお家を造って、
「もっとこうすればよかったなぁ」
「もっとこうしたかったなぁ」
「どうして気がつかなかったんだろう」
そう考えても、
「まぁ、いいか」「いいお家になったねぇ」
そうちゃんと言える人も、少なくないんです。

逆に、7月の末ごろに話題になっていた有名な華道家さん・・・。
何億もかけてお家を建てられたにも関わらず『満足度半分。最悪の建築会社が担当してしまった』こんなことを言わなければならない人もいるんですよね。。。

完成して、引渡しに至っても。。。
満足度半分、ってこれは大変なことです。
半分も満足していないって言うことですからね。

詳しいことは発表されていないようですが、でもやっぱり、ちゃんと伝えるべきことを伝えられていたのかどうか、疑問です。

多分、どちらか一方が悪いわけでは決してないんだと思います。

施主側が造り手の皆さんに、ちゃんと分かってもらえるまで思いを伝えられていたのか。
造り手の皆さんは、ちゃんと施主の思いを受け止めて、どういう形に出来上がってくるのか説明できていたのか。
お互いが納得の行くまで話し合って、確認を取っていたのか。。。

これって、実はとっても簡単そうで、とっても大変。
とっても大変そうで、とっても難しいことなのかも知れません。

どれだけ頑張っても、伝わる人には伝わるし、伝わらない人には伝わらないのかもしれません。

お家づくりのパートナーを選ぶと言うことは、それだけとっても大変なことですね。
お互いに、ちゃんと伝え合って、ちゃんと響きあうことの出来るパートナーを探すと言うこと。。。

ちゃんと響きあうことの出来る相手なら、お互いのイメージを共有できるんじゃないかと思います。
イメージを共有できれば、ちゃんと伝え合うこともできるし、こだわりも理解してもらえることが出来る。
そうすれば「イメージが違う」なんてことも、言わなくて済むようになるんじゃないかなぁ。

響き会えるパートナーと、とことん話し合って、しっかりとした信頼関係が出来ていれば、引渡しを受ける頃には強い信頼関係が出来ているはずなんです。

そんな人間関係の中では、たくさんのことを許しあうことが出来ます。
そんな風にして建てることが出来たお家は、多少のことがあっても「まぁ、いいか♪」って思うことが出来るのです。

パートナー選び一つで、住んでからのことでも大きな影響を与えるのかもしれません。

お家を建てる時にはそれだけパートナー選びが重要になってきますね・・・。

*****************************************************************************

ブログランキング参加中です!
↓もしよろしければ、このバーナーをポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへ
クリックしていただけると、ランキングに1票投票されるしくみになっています。
出来ればこちらも、あわせてポチッとしていただけると嬉しいですrisa
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ




スポンサーサイト

こんばんは~!

パートナー選び・・って大切かも!でもたいていは
選ぶっていうことをしないし、たまたまあたるっていうか、出会うっていうか。。。我が家のパートナーは新人の元気な女の子で、「女の子で、しかも新人?!」と、ちょっと心配しながらの契約前の話し合い(打ち合わせ)でした。でも、何回も会って、話していくうちに、女同士ということもあり、うちの言うことをちゃんと理解してくれて、気持ちを分かってくれて、何よりも一生懸命取り組んでくれて(例えば土地探しとか)、この子なら任せられる、信頼できると感じて契約に至りました。

やはり、施主の気持ちを理解してくれる(無理な点は、代用として違う案をくれたり)、お互いに良い信頼関係を築いていけるパートナーに出会うって大切ですよね。うちはお陰さまで、毎回楽しく、しょっちゅう大笑いがでるような(別の話で盛り上がっちゃって。。。)、そんな打ち合わせばかりでした。

今でもダンナちゃんとよく話します。「○○ちゃんパワーに負けて、ハイムに決定し、この家が建ったようなもんだよね」と。家を建てたいと思った時期と、彼女の一生懸命さがちょうど重なり、みんなの思いが詰まった家になってる我が家です(笑)

またまたスミマセン。。。

うちの思うパートナーは、当然ハウスメーカーさんで、
我が家に関ってくれた方すべてではあるんだけど、コメントでは担当さんにしぼって書かせていただきました~。って何が言いたいんだ、うち。。。(汗)

つーこさん、いつもありがとうございます♪

つーこさんも、よいパートナーにめぐり合えて契約に至ったんですね!
めぐり合えるかどうかって言うのは、大きいかもしれませんね。
でも、契約にいたる時って「この人なら信頼できる。この人と一緒にお家づくりがしたい」そう思って決めるのが一番だと思います。
ウチも、つーこさんと同じように、「この人なら信頼できる」っておもって決めましたよ。

そうやって、確信がもてた人を選んで契約に至ってるはずなんですよね、どの人も・・・。
自分たちが選んだ相手は、一番のパートナーなはずなのですが、そんな人ばかりではないのかなぁ。。。

そうそう、無理な場合は「無理!」って簡単に切り捨てないで代案を出してくれたのはすばらしかったですね♪

いい担当さん、相性ぴったりの担当さんを選べば、自然にいいメンバーが集ってくるはずなんです。
私はそう信じています。

ウチに来てくれる職人さんたちにお話を伺うと、「いいお施主さんの所には、いい職人たちが自然に集るんですよ」っておっしゃっていただけますけどね。

パートナー探し

お久しぶりです。

住まいづくりの成功の一番の秘訣は「住まいづくりのパートナー選び」にあると思います。しかし、自力で行うと、恋愛と同じで、思い込みや見えない部分があるまま、結婚しちゃって、後で後悔する時も・・・。

それに対して、腕利きのお見合いおばちゃんがいて相性ばっちでの二人を引き合わせてくれたら、成功の確率も高くなります。

そんな思いで、私は住宅プロデュース会社を7年前に立ち上げたんですが、おかげさまで、クレームゼロでここまで生きてます。(^^ゞ

もちろん、腕利きが引き合わせても、最後は当事者の努力が肝心ですから、双方のコミュニケーションがうまく行くようにサポートするのも仕事ですが。

あぶりしゃけさんの記事を読むと、施主の気持ちって、ほんとによく分かるので、私のサービスの参考になります。

mabuchiさん、こんばんは♪
お久しぶりです。

人と人とを繋ぐのって、本当に大変ですよね。
また近いうちに記事にしようと思っていますが、最近、縁あって外構を担当していただいた方を個人的に紹介させていただいた方がいらっしゃいます。

間に立つというのは、ご紹介させていただいたお施主さんにも、業者さんにもどちらの方へも責任が発生してくるわけですし、本当に相性がいいのかどうかも心配だったりして。。。

mabuchiさんnように、お仕事にしていらっしゃる方は、また立場も感じ方も全然違うのかも知れませんが。

偶然にも、最高のパートナーにめぐり合うことが出来る人っていうのは実は難しいことだったりするのかなぁ。

なかなかぴったりくるパートナーに出会えない方は、mabuchiさんのような方の力をお借りするっていうのも、いいことなのかも!

それに、最高のパートナーだと思って選んでも、恋愛と同じように微妙にずれたり、ケンカしちゃったりって言うこともありますからね。(うちもありましたw)

そんなときに、間に入ってくれる人がいると、案外簡単に仲直りして、関係を修復できるのかもしれませんね。(^-^)

お施主さんは、ある意味「出来て当たり前!」的な発想で現場監視をしてくださいます。
いろいろやっていく内に、感性の領域を任せて頂けるようになると、その他の部分も美味く出来るのだと感じています。
「まあいっか~!」は信頼関係が生まれたことのご褒美の場合もあります(ペコ)

NABEさん、お久しぶりです!
ありがとうございます♪

施主の目もね、なんかおかしくなってるんじゃないかなぁって感じることがたまにあります。
施主が『現場を監視する』っていうのは、変なんじゃないかなぁって思うんですよ。
だって、動機付けは信用していないことから始まっているんじゃないかなぁって思うんです。

多分、欠陥住宅とか手抜き工事とか、そんなことがしばしば報道されるせいもあるとは思うんですけどね。

それよりは、職人さんたちの技を見せていただきに行くって言う方が、健全なんじゃないかなぁって・・・。

「出来て当たり前!」
当たり前になるかどうかって、実は信頼関係にかかっていて、施主次第・・・。
本当は、とっても難しいことなのかもしれませんね。

それでも、自分が「この人なら響き合えるはず」って確信して決めた建築士さんなら、お互いの持てるものを全て出し切って、プロの腕にお任せするのが、きっと最善の方法なんだと思います。

そうして出来上がったものなら、きっと「まぁいっか~!」って愛せると思います♡

時期遅れのコメントですいませ~ん。

予告していた私のブログでの「施主の本音・事業者の本音」が、一昨日から始まっています。

プロローグを経て、いよいよ今日(日付は昨日)から、具体的な事例を紹介します。

ということで、トップは、あぶりしゃけさんのブログを紹介しますので、よろしくです(^_-)-☆

mabuchiさん、いろいろありがとうございます!

記事、拝見しています。
あんなふうによく書いていただいて、本当に嬉しいです♪
【なんとなく】のカテゴリーで書いている記事は、「ただの施主が、ここまで言っていいのかなぁ」なんてことを心のどこかで思いながら書いていることが多かったりするので、とっても嬉しいです。

お家づくりって、本来とっても楽しく幸せな経験のはずなのに、自分を追い詰めちゃったりして辛くなっている方って意外と多いような気がします。

そんな人たちには、もっと自分を楽にしてあげて、お家づくりを楽しんでもらえるといいなぁなんてことも思ったりしています。


あっ、それから先日のご質問。
施主の本音を書いたブログ。
先日ご紹介させていただいた、ブログのほかに、いつも右上に出ているバーナーなのですがHOWPAっていうSNSでも、本音のお話がよく展開されています。

住まいと暮らしのSNS。
ここは、登録制になっていますが、お家づくりを考えている人、お家づくりをしている人、新しいお家生活中の人。それから造り手のみなさんも・・・。
いろんな立場の人が集って、コミュニケーションをとっています。

もしよろしければ、登録して遊びにいらしてみてくださいね。

仲間作り・・・これも、お家づくりをより幸福なものにするために大切なことなのかなぁとも思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/364-9262b04a

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。