「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 家づくり【雑記】 > 続・知るということ~軒天の耐火に関する追記  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・知るということ~軒天の耐火に関する追記

2007 - 11/11 [Sun] - 23:11

今日は、先日書いた、相次ぐ、偽装事件のなかで・・・知るということという記事の続編(?)です。

先日の記事の中で、「建築基準法では30分以上の耐火性能とされているので、それはクリアしています」ということを書いたのですが、このことに関して、私のブログ友達で設計士の(名前出しちゃっていいよねkumaotokoさんから、さらに詳しく教えていただくことができました。
kumaさん、ありがとう


ただ、建築基準法の耐火についてはあまりにも奥が深すぎるので、とりあえず、ニチアスで問題となった軒天に関してだけ。。。

軒天に関しての規定。
これは、防火地域・準防火地域に指定されていなければ、原則、規定はないそうです。

また、準防火区域内でも、2階建以下で500㎡以下の住宅(ちなみに、24.5坪のあぶりしゃけ家の延べ床面積が約88㎡弱)では、延焼の恐れがある部分(具体的には、境界から1階が3m以内、2階以上で5m以内の範囲)以外は、規制なし
ただし、延焼の恐れがある部分に関しては、防火構造性能でいう30分耐火にする必要があります。

へーベルさんがおっしゃる、「建築基準法では30分以上の耐火性能とされているので、それはクリアしています」というのは、ここですね!
一般住宅は、ほとんどがこの中に納まっていて、30分の耐火性能があれば、条件が満たされているんだと思います。
何より、今回へーベルさんが「軒天を交換します」とおっしゃってるのは、最高等級をお約束されてるから。これにつきるのではないでしょうか?
素人考えなので、もしも間違っていたらごめんなさい。。。

他に、30分の耐火性能が必要なものとしては、準防火区域内の3階建て、500㎡以下の木造住宅

準防火地域内の3階建以下で500㎡~1500㎡の建物で準防火構造とする建築物(主要構造部を準耐火構造とした建築物:イ準耐)においては45分耐火
外壁耐火構造(ロ準耐)においては、20分耐火又は防火構造

そして、60分耐火を必要とするのは、木造3階建共同住宅

つまり、ニチアスが偽装した軒天を使って、本当に問題となってくるのは、3階建の木造アパートぐらいということですね。

教えてくださったのは、プロの設計士さんですが、ブログを書いてるのは素人の私なので、もしも間違っていたらごめんなさい。
お気づきの点がありましたら、コメントなどで訂正していただけると、ありがたく思います!ぽっ

さてさて、長々と書いてきましたが、肝心な防火地域・準防火地域をどこで調べたらいいのか。。。!
これは、ほとんどの場合、都道府県の建築部都市計画課で調べることができます。
ちなみに、愛知県の都市計画課のホームページはこちら。
http://www.pref.aichi.jp/toshi/index.html
20071111222914.jpg

ホームページの中では、防火地域・準防火地域の他に、市街化調整区域かどうかとか、その地域の多くの情報が盛り込まれています。
愛知県の市町村別都市計画決定状況の全体は、こちらをどうぞ。

我が家の場合は、土地を決定する時に、「実家の近くに欲しい」ということで、あらかじめある程度分かっていた地域を購入したのですが、初めての土地で詳しい情報が何もないという場合は、こういったところで情報収集するのも、いいかもしれませんね。

さてさて、内容証明に関して、こちらもつい先日、よくコメントも下さってるブログ友だちのMちゃんがご自身のブログてくてく家づくり~SimpleModem~の中でその効果などについて書かれていました。
私も読んでいて、「あぁ、そういうことなのかぁ」って勉強になりました♪

とはいえ、やはり、何事もなく楽しいお家づくり、楽しい暮らしをするのが一番だと思います!
情報収集は、考え方次第で、とっても楽しめることじゃないでしょうか?


***************************************************************************
ブログランキング参加中です!
↓もしよろしければ、このバーナーをポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへ
クリックしていただけると、ランキングに1票投票されるしくみになっています。
出来ればこちらも、あわせてポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

もう一つランキングに参加してみました♪
人気ブログランキング
できれば、ココもポチッとお願いします!


スポンサーサイト

ためになった!

kumaotokoさんって設計士さんだったのですね!
どうりで自ブログで鋭いコメントを連発されてるな~と(笑)。
おっとそれは内容と関係ないですね。

ヘーベルさんの場合、耐火が商品の売りの一つですので、やはり全取っ替えの対応はさすがと思います。早急な対応、素晴らしいです。(賠償請求はするでしょうけど)
「看板に偽りなし」って感じです。

反対にニチアスは「羊頭狗肉」ですかね。
試験に一番出来がよいサンプル(チャンピオンサンプルっていうヤツ)を出すのはどこもやっていると思いますが、実物と違う物はイカンでしょう・・・。

いつもコメントありがとうございます。
応援ぽち!

はじめて書き込みます。

耐火構造になるかは火災保険を考えると影響は大きいです。
変な言い方ですが、耐火構造や省令準耐火構造として、
火災保険に入るのは自由ですが、実際に火災が起こったときに、
種々の条件を満たしていないと保険料が下りません。

なので、ヘーベルの場合、耐火構造として火災保険に入っている人は沢山居ます。
しかし、今回のことが明るみになったことで、
実際に火災が起こったときに保証外になる住宅が多数出てしまいました。
そのため、出来るだけ早く改修しないといけないのです。
火災が起こってからでは遅いのですから。

おきらく旦那さん、こちらこそいつもコメントありがとうございます♪

kumaさん、おきらく旦那さんのブログにもたまにコメントされてますよねぇ~。
kumaさんには、実は実際にお会いしたこともあるのですが、いろんな意味で面白い、魅力的な方ですよ♪

本当に、へーベルさんの対応は素晴らしいですよね!
やっぱり、今回のことはへーベルさんがニチアスの不正を見抜くのは難しかったと思いますよ。
だって、ニチアスの商品を疑うってことは、国の検査そのものを疑うってことですからね。
ただ、東洋ゴムの件なんかもあわせて考えると、国の検査体制そのものをまず疑う目を持たないといけないのかなぁなんてことも思ったりするのですが。。。
それでも、へーベルさんは、迅速で誠実な対応をされていらっしゃると思います。

ハイムも、何かあったときに、こんな風に対応してくれるといいなぁなんてことを思ったりするんですけどね。(^-^;)
もちろん、何もないにこしたことはないのですが。

まままさん、はじめまして!
ご訪問&初コメ、ありがとうございます!

なるほど。。。
単に法律さえクリアしていればいいという問題ではなく、保険の問題も大きいのですね。

火事が起きる確率は小さくても、全く起きないとはいえないですからね。

そういえば、ハイムでも、火災保険はハイムのオーナー向け保険というのがありました。
ハイムの家は鉄骨でできているので、燃えにくくその分保険料も安く済みました。

へーベルさんほどになってくると、やっぱりへーベルオーナーさん向けの保険もあって、耐火等級の高さなんかも考慮して、保険料や保証内容なんかも違って来そうです。

やはり、何事もないうちに、すばやく改修が済み、被害にあわれた方みなさんが一刻も早く安心して暮らせるようになって欲しいと願わずにはいられません。

耐火構造や準耐火構造を備えた建物にしなければならないのは、防火地域と準防火地域だけで、これらに指定されていない地域では、あぶりしゃけさんのおっしゃるように特に規制はないんですよね~。指定されていないから、隣家からの延焼がないとはいえないので、耐火構造についてもきちんと考えていかないといけないですね。

購入した土地が防火地域や準防火地域に指定されていれば、土地売買契約の前に行われる宅地建物取引主任者による重要事項説明の中で説明があると思います。

建物を建てるときに自分の購入した土地にどんな規制がかかっているのかを調べるのはとても大事なことですね。

jupiter-juzzさん、いつもありがとうございます


自分の購入した土地にどんな規制がかかっているかを調べるって言うことは、その土地にどんな建物を建てることができるのかって言う可能性を考えることでもあると思うんです。

例えば、防火地域や準防火地域に指定されていなければ、軒天の裏に耐火材を施すこともしなくていいので、軒天の裏も木をあらわすような、昔ながらの美しい木造住宅を造ることができますよね♪

また、用途地域を調べることによって、斜線制限などもあり、この情報からはどれ位の高さの家が建てられるかとか、屋根の形状なんかも変ってくるわけです。
ちなみに、我が家もこの斜線規制で、片流れの屋根を乗せる位置が変りました。

こういうことは、もちろん造り手の方が調べてくださって、それにのっとって建築してくださるわけですが、私たち施主も知っておいて損はないですよね!

おっしゃるとおり、指定がないとしてもやっぱり色々なところに配慮は必要だと、私も思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/421-367a1037

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。