「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> お出かけ > あぶりしゃけ家の旅日記【3】いろはのいろいろ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぶりしゃけ家の旅日記【3】いろはのいろいろ

2007 - 12/30 [Sun] - 05:32

今年も、もうあと二日ですねぇ~♪
あぶりしゃけ家、ただいまテンパッてます。。。アップロードファイル
年末の忙しい時期に、デスクトップのパソコンがかなりまずい状態。。。がーん
そんな中で、今夫が年賀状の印刷をしてくれてます。。。
毎年、デザインを一緒に考えつつ、文章は私、レイアウトと印刷は夫がやってくれてます。
なんだか、今年は大掃除も「やらなきゃぁ~!」って思ってるところがいっぱいで、やたら忙しくて進まない。。。泣

それでも今日(もう昨日?)はちょっとだけお掃除ができて、掃除のことやお正月準備のことも書きたいと思ってるのですが、とりあえずは昨日の続きを♪汗汗

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*

『能州いろは』ロビー
裸足で過ごすことのできる宿、『能州いろは』
いろはの由来
ロビーには『以呂波』と書かれた掛板が飾ってあり、その下には宿の名前の由来が書かれていました。

たくさんのものと人に出会い、朗らかに、明るい気分を大切にしたいという願いからつけられたのだそうです。
なんだか素敵な思いですね♪

たくさんのもの・・・・?
う~ん、女将さんの思いがどこまで反映されているのかはわからないのですが、確かに新鮮なものとの出会いはあったかな?
エレベーターも畳
ここの宿は、エレベーターの中まで畳敷きなんです!びっくり

さらに、和室があったらちょっと真似してみたいニッチが!きゃー!
和のニッチ
ニッチというより、床の間?
なんと、床部分が畳でできてます♪
床の間と言えば、木のイメージだったので、畳でできているのが私にとっては新鮮な驚きでした。

さらに♪宿泊したのが、12月22日で、ちょうど冬至。
こんなものも飾ってありましたよ!
鬼ゆず
これ、なんだかわかりますか?
鬼ゆずです!
赤ちゃんの頭ぐらいの大きさの柚子。
ごつごつしていて、ゆずというよりはカボチャのような迫力です♪

皮をむいたら茹でこぼして、蜂蜜につけてゆず茶を作ったりすると良いそうですが、宿ではこんな風に大浴場の入り口前に飾ってありました!

温泉の中には、こゆずがネットに入れられ、お湯に浮かべられていました。
とってもいい香りのお風呂!

わが家では毎年冬至には、ゆず湯にはいってかぼちゃの煮物を食べるのですが、今年は旅行と重なったしと思ってあきらめていました。
なので、宿のこうした演出は、とって嬉しかったんです!にこにこ

2500円を出して、貸切露天風呂にも入ってみたのですが、こちらは冬に入っちゃだめですね。。。えっ
とんでもなく寒くて、ゆっくりお風呂を楽しむどころじゃなかったですよぉ。。。ガーン

元添乗員の、宿で快適に過ごすためのマメ知識
皆さん、温泉に行って何度もお風呂に入りたいとき、バスタオルってどうしてますか?
一度使って湿ったものを、お部屋で乾かして使ってますか?
実はバスタオルって、たいていの宿はフロントにお願いすれば新しいのと交換していただけます。

ちょっと話が脇道にそれましたね。。。

冬至はやっぱり、カボチャを食べよう!
そうそう、少しだけですが、ちゃんとカボチャも食べましたよ♪
あぶり焼きディナー♪
夕食のメインは、魚介類とお野菜、そしてお肉も一緒にあぶり焼き!
あっ!しゃけはありませんでした!!(笑)

こんな感じで宿を堪能できたのですが、ちょっと残念なところもいくつかありました。。。
まず、仲居さんの接客があまり良くなかったです・・。
う~ん、気持が感じられなかったような・・・。
お仕事を流してやっていらっしゃるみたいでしたね。
そして、館内が全体的に寒い!
セントラルヒーティングが壊れていたのか、ロビーと客室以外はめちゃめちゃ寒かったです。
特にエレベーターの中!
大浴場も、暖房が切ってあった。。。orz

う~ん、残念!うーん

そういえば、お部屋からの眺めはこんなでした♪
加賀屋が見えるぅ!!
そう、加賀屋です!

潜入!加賀屋!!


にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキング

潜入!『加賀屋』
確か、加賀屋は各お部屋に一人ずつ、客室係さんがついて下さるんですよねぇ。
ロビーには、これから到着されるお部屋を担当される客室係さんがずらり!

高級旅館の気迫を感じます。
『加賀屋』ロビー。うっとり~・:*:・( ̄∇ ̄人)。・:*:・
ラウンジは、輪島塗のパネルでぐるりと囲まれ、うっとり~♪
『加賀屋』のお土産屋さん。町の雰囲気
ラウンジの奥のお土産屋さんです。
いくつものお店が連なり、まるで一つの街のよう。
お土産の試食も♪
商品をその場で切り分けて、試食を♪なんてこともしていて、活気にあふれていました!


「もう、宿泊先に戻りたくないよぉ~」アップロードファイル
そんなことを、妹と話しつつ、
「次に和倉に来るときには、頑張ってみんなで加賀屋に泊まろうね!加賀屋が無理なら、せめて系列の『あえの風』!!フヌ
・・・と、母と妹と一緒に、心に誓った和倉温泉の夜でした。(笑)


jumee☆snowman2Lブログランキング、参加中です♪みかん
にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキング
マウス(左クリック)ポチッとクリックをお願いします!



スポンサーサイト

ねむた~い。
行ってきたよ、北部市場。
朝3時30分起床なのさぁ~。
買いも買い捲り(Robinサンの所に書いた)
だったんだけど、でも誰がそんなに食べるんだろう・・・と。
このままダイエット止める訳にはいかないし、なんとか-10キロは達成したい。

千里浜はデートで良く使われる場所
なんですね~。
かれこれ20年前の話・・・。
冬の日本海を彼女と見ると、別れるって言う
北陸地方の伝説が有るのですが、
今のかみさんは、当然その時の彼女では
ないです(爆
冬の日本海って、海の花(波が岩に当たって
出来る泡が舞う)が寂しくとても、寒い感じが有るので、そういったイメージなんでしょう。
加賀屋はお一人一泊5万円ぐらいしますよね。私は入ったことは有りますが、泊った事は無いのです。

でも、北陸地方の温泉宿は、暖かい
対応の仲居さんがいないのか、仕事と
割り切っているのか・・・質は・・・と
はっきり分かります。
芦原、片山津、加賀、粟津・・・。
上記のホテルも殆んど行ったけど、
やはり落ち目の温泉街は駄目かも。

一流のサービスには、普通では考えられないサプライズが含まれているんだとか・・・

一泊5万円って凄いですね~~

しゃけさん一家が泊まった宿でも、きっと人によっては気持ちの良いサービスをしてくれる人もいると思うのですが、こればっかりはやはり質の問題で、埋まめられない部分でしょうか・・・

今日の昼食は『焼きしゃけ・・・』美味しかったです(笑)


加賀屋~。
私もいつか泊まってみたい・・・。
1泊五万かあ~。。

バスタオルって取り替えてくれるんですね。
私、手ぬぐいで水気をふいて、バスタオルはあまりぬらさないようにして何回も同じの使ってました・・。
さすが~元添乗員さん!

メタボリックうどんさん、いつもありがとうございます♪

市場への買出し、お疲れ様でした!
3時半起床!!(@O@)
我が家がちょうど年賀状作りで、険悪な雰囲気が漂ってた頃だわぁ~(笑)
市場では、良いお買い物をたくさんしてこられたようですね♪
年末って、特に安くていいものがたくさんある市場なんかに行っちゃうと、何かがプチッって切れちゃいますよねぇ。(;^-^A
うちは、今日は普通のスーパーに行ってきましたが、普段では買わないようなものをいっぱい買ってきちゃいました。。。
サイダーとか、ポテチとか、天津甘栗とか!
うちは、なぜだかお正月になると、天津甘栗が食べたくなるんですよぉ~。(笑)

お正月は、ダイエットも解禁して、お正月明けからまた頑張りましょう♪p(^▽^)q

冬の日本海・・・なるほどぉ~!
名古屋の東山動物園のボートみたいな伝説が、日本海の海にもあるんですねぇ。
別れちゃうっていう伝説ができるってことは、それだけ多くのカップルがデートしてるっていうことなんでしょうねぇ。

そうそう、加賀屋は、いちばん良いお部屋は5万円ぐらいから。
でも、一番安く泊まれるお部屋は3万円ぐらいからあるみたいです。
加賀屋は、実は昔仕事で泊まったことがあります。
でも、仕事で行ったところって、添乗員として宿の方たちと協力してお客様に喜んでいただけるようにおもてなししてるので、自分自身が楽しんだ記憶が全くないんですよ。。。
だから、ぜひともお客さんとして宿泊したい!!

さびれてる温泉街や宿は、だいたい共通点があるんですよねぇ。
それは、仲居さんをはじめ従業員の方に仕事に対するプライドがちょっと欠けているようなところだと思います。

施設が新しくて、趣向が凝らしてあるのはもちろん素敵なことなのですが、シンプルな、何もないような施設でも、おもてなしのプロとして従業員の方たちがプライドをもってお仕事をしていらっしゃる宿は、活気がありますね。

タッキーさん、いつもありがとうございます♪

そうなんですよ!
一流の宿のサービスは、感動するようなサプライズがありますよね。
でも、そのサプライズはどこから出てくるかっていうと、『おもてなしのプロとしてのプライド』なんだと思います。
「どんなおもてなしをしたら、お客様を喜ばせることができるのか」って突き詰めていくと、自然に感動を生むサプライズができてくるんですよね。

『能州いろは』については、結構辛口なことを書いていますが、実はとっても気に入っている宿です。
ロビーは素敵でしたし、コンセプトもとっても魅力的。
なので、仲居さんたちにももっともっと人気のある宿になる可能性を感じてもらいながら、プライドをもってがんばっていただけるといいなぁって思います。

Maryさん、いつもありがとうございます♪

加賀屋は、海側のいちばん良いお部屋が、たしか5万円ぐらいだったと思います。
『能州いろは』が見えるような側のお部屋(笑)は、3万円ぐらいから泊まれたと思いますよ!
なので、当然我が家もこの3万円ぐらいのお部屋をまずは頑張ってみようと。。。(;^-^A

脱衣所にべたべたのまま出てこないために、手拭いでざっと拭いてから出てくるのはマナーとして大切ですよね♪
でも、朝風呂に入った時にはやっぱりきれいなバスタオルが使えるとうれしいですよねぇ。
宿によっては、大浴場にたくさんバスタオルがストックされてて使い放題なところもあるようですが、実は宿からしてみるとそれはリスクもあるそうで。。。
たまに、持って帰られたりされる方もいらっしゃって・・。(汗)

私も、あるホテルの方からたいていのホテルではフロントでタオルの交換をしていただけることを教えていただきました。
温泉宿だけじゃなく、リゾートホテルのようなところでも交換していただけると思いますよ。

こうしたサービスは、嬉しいですよね♪

 写真を見ると素敵な旅館で、エレベーターの床が畳!なんて言う粋な情緒の演出に比較して、人のホスピタリティがちょっと…という落差が、余計に目立ったのでしょうか?

 サービス業の3拍子は、「ハード(設備)」と「ソフト(運用)」と「ハート(おもてなしの心)」だと言うのが、私のコンサルティングの指導なのですが、他に真似のできない、またお客様の感動を呼ぶのは、やはり、決め手は「ハート」だろうと思います。

 それからバスタオルの件。ホテルでは、私は、良くタオルの換えを頼むのですが、旅館では、そういうサービスは、最初からないものと思い込んでいて、頼んだことありませんでした。

 良いこと聞きました。

 それを頼んだ時の対応でも、旅館のホスピタリティがわかりそうな感じもしますねぇ。

あはははw
バスタオル干す干す!!
貧乏性だから(笑)
でも絶対次の入浴までには乾かないですよね^^;
だから出張のビジネスホテルで部屋がツインだったりするとタオルは贅沢に無駄遣いします(笑)

馬渕さん、ありがとうございます!

そうなんですよ。。。
夕食があぶり焼きという情報しかないような状態で予約を入れたので、ロビーに入った瞬間に「大当たりだったかも♪」って喜んだだけに、ホスピタリティーの隙みたいなものが印象に残ってしまいました。
和倉温泉は、加賀屋が一流旅館としてあまりにも有名になりすぎているために、他の宿にマイナスな影響を与えてしまっているのかも・・・なんてことも感じました。

私も、人の心を一番動かすことができるのは、やはり人のハートだと思います。

そういえば添乗員をしてた頃、宿泊先でお客様がお熱を出されたことがあったんですよ。
そのお客様は宴会にも出られなく、お部屋で寝ていらっしゃったのですが、宿の方からお粥をお部屋まで届けて下さる提案をしてくださったんです。

これと言って目立った施設はなく、宿泊代金も一万円かからないような宿でしたが、お客様もとても感動して下さったのを覚えています。
何気ないことですが、気遣いから自然に出てきたサービスが人の心を動かすんだなぁって勉強になったエピソードでした。

タオルの交換は、あまり多くの方に知られていませんが、ホテルも旅館も、多くのところでされているようです。
旅館は、大浴場にタオルをたくさん用意してあって、いくらでも使えるところも多いのですが、そうするとタオルがどんどん減っていってしまうので、フロントでの交換が多くなっているようです。

タオルだけで、いろいろなドラマが・・・?(汗)
宿のホスピタリティーが見られると共に、お客さんのモラルも問われているかもしれませんね。。。

ところで、もうすぐ年が変わろうとしていますが、今年はブログを通じて馬渕さんとたくさんお話ができて本当にうれしく思っています♪
馬渕さんとコメントのやり取りをさせていただく中で、共感できるような事や私の中での気づきのきっかけになるようなことも多く、充実した時間を過ごすことができました。

本当にありがとうございます。
来年も、どうぞよろしくお願いします。(^▽^)ノ

よいお年をお迎えください♡

Woodbookさん、ありがとう♪

やっぱり、干す?(笑)
私も、タオルを交換してくれることを知るまでは、お部屋で干して使ってました~。
そうそう、なかなか乾かなくて、エアコンの前に持っていったりしてね~。(^-^;)ゞ
仕事でツインに泊まると贅沢にタオルを使ってみるっていうのも、わかるわぁ~ww

ところで、今年一年、どうもありがとうございました!
憧れのブロガーさんだったWoodBookさんとこうして仲良くしていただけるようになって、とっても嬉しい一年でした♪

来年も、どうぞよろしくお願いします!
家電は壊れても、よいお年を~w

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/463-d164037e

サービスとホスピタリティ

サービスとホスピタリティの情報です。

ホスピタリティと産業

ホスピタリティと産業の情報です。

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。