「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> お出かけ > 空間づくりにアートを活かす?~金沢21世紀美術館から【2】  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空間づくりにアートを活かす?~金沢21世紀美術館から【2】

2008 - 01/15 [Tue] - 22:26

館内表示
金沢21世紀美術館は、こんな風に円形の形の建物のなかに、いくつもの箱のような展示室が入れられてるつくりになっています。
歩き続けてると、どこを歩いてるのか、あとどれくらい歩けばいいのかわからなくなってしまいそうになるので、こんな風に館内の要所要所に、案内図があります。にこにこ

先日の記事で書いた、インスタレーションルーム。日比野克彦アートプロジェクト『ホーム→アンド←アウェー」方式』のPIER⇔LEAFは、上の写真で言うと赤い四角で”現在地”って書かれてるところの左になりますね。
デザインギャラリー
右下にはデザインギャラリー
大巻伸嗣 さんの『Liminal Air-descent-2007』という作品が、4月6日まで展示されています。
展示といっても、この作品もインスタレーション。
天井からいくつもの白いロープがたらされている作品なのですが、このガラス張りの小さな部屋の中に入って、実際に体感することができます。普通
「精神と体の境界域」そんなちょっと難しそうなことがテーマになっている作品ですが、こんな解説はデザインギャラリーにはありません。
ここは純粋に、ロープが肌に当たる感触や、視界が遮られる面白さを全身で楽しんでみました♪きゃー!
ロープの中を泳いでいくと、知らない人が急に目の前に!なんてこともあって、かなり興奮してきます。

インスタレーションルームとデザインギャラリー。
チケットを買う前に、この二つの展示室を楽しむことで、アートをアカデミックに鑑賞するだけでなく、心からアートを楽しむ準備みたいなものができてきます♪
レアンドロのプール
チケット売り場のすぐ脇には、人がたくさん集まって、中を覗いているプールが!びっくり
もしかしたら、テレビなどで見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね♪
レアンドロ・エルリッヒさんの『スイミング・プール』という作品です。

水着を借りて、プールの中に入ることもできるんですよ♪





・・・ごめんなさい!嘘です!!アップロードファイル
実は10センチぐらいの深さ
実際の水の深さは、わずか15センチ!
高透過強化ガラスという、厚く造ってもガラスの色が出ない特殊な強化ガラスの上に、水がはってあるんです。
水流によって、人工的にさざ波がつくられているんだそうです。
でも、中に入れるのは本当!にこにこ
水を介して、見る方と見られる方に!?

外から見るところまでは無料ゾーンで、プールの中に入るには観覧料がかかります。
もちろん、コレクション展すべてが見られるチケット!

金沢21世紀美術館は、無料ゾーンだけでも十分楽しめそうなのですが、やっぱり有料ゾーンに入りたくなっちゃいますね!(笑)

もちろん私も、チケットを買ってしっかり見てきました♪
下から見ると・・・
プールの中から見上げてみる
見られてます!

中に入っている人を、外から見ている人。外から見ている人を、中から見ている人。

この作品はアート作品でありながら、それだけでは決して完成されることのない作品。。。
これは鑑賞されるものではなく、人と人とをつなぐ”道具”として存在しているのかもしれません。

人と人だけでなく・・・
空と水は繋がってる!?
空も!

なんだか、家に似てると思いませんか?


長くなってしまったので、今日はこの辺で。汗汗
続いても、いいかな・・・?アップロードファイル


jumee☆snowman2Lブログランキング、参加中です♪みかん
にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!









スポンサーサイト

あぶりしゃけさん、お久しぶりです。

あぶりしゃけさん、金沢に行かれたんですね~。このような美術館があるとは知りませんでした。

和倉温泉の方へも行かれたそうですね。
金沢、能登半島というと思い出すことがあるんです。

ちょうど能登半島沖地震のとき、翌日に震災現場に仕事で行かなければならなかったんです。まだ震度5弱の余震もあって大変でしたが…。

あの当時は能登有料道路が地震が通行止めになっていたんですよね。あぶりしゃけさんの記事を読んで、ちゃんと通れるようになったんだね~と着実に復興していることがうかがえて嬉しくなりました。

家作りとのつながりでは、いろいろな建築や地震の専門家が指摘してことですが、本当に輪島市の家って間口が広いんですね。このことが建物の被害を大きくしていたようです。間口を大きくするというのは、おそらく能登半島での生活の知恵から生まれたことだと思うんですよね。それが、地震の被害を大きくしてしまったというのはなんだか皮肉な感じもしてしまうのですが…。

あぶりしゃけさんの記事を読んで、能登半島も地震からの復興を遂げていることを感じ、とても嬉しくなりました。

楽しい旅行の記事なのに、こんなことを書いてしまって、ごめんなさい。

「スイミング・プール」、これはおもしろかったです。
私、美術館いって作品を見ても何がいいのかよくわからないんですが・・、こういう面白いものが21世紀美術館にはたくさんあったので、よくわからなくても楽しめました!
自分もその作品の一部になれるってのがおもしろいなあって思いました。

ハントンライス食べられたんですね♪
私、好きでよく食べてました。

「スイミングプール」は、前回、私が行った時は、メンテナンス中で入れなかったんですよ~。

 この美術館、「へぇ~!?」が一杯ですから、写真を整理しだすと、フラッシュバックする感動が沢山出てきて、シリーズが長くなるんじゃないですかぁ?(^.^)

追伸:
 私のブログでも、紹介させていただきました。

jupiter-juzzさん、こんばんは♪
ありがとうございます!

いえいえ。
地震の話も、とても大切です。(^-^)

私も能登半島と地震については、ちょっと思い出があります。。。
まだ独身時代、添乗員をしていた頃、仕事で輪島の方まで行きました。
能登半島沖地震からずいぶんと復興が進んでいるころだったのですが、あるお土産屋さんの社長さんから伺ったお話でとても印象深いことがありました。

観光によって多くの収入を得ている町は、観光客の方たちが訪れてくれることそのものが復興支援になっているのだということ・・・。
観光客の方たちが訪れてくれれば、町も活性化して、経済的にも回っていきます。
同時に、地域ぐるみで頑張っていこうという力にもなっていきます。
被災地だからと観光客が離れていけば、経済的にも苦しくなり、町そのものの体力がなくなっていきます。。。

これは能登半島に限ったことではなく、たとえば最近なら新潟なんかでも当てはまりますよね!

危険な時期に危険な場所に行くのは避けなければなりませんが、安全が確認されている場所ならば訪れてみるのも復興支援としては意味のあることなんだと思います。

震災の爪痕・・・、和倉温泉ももうまったく見られませんでしたよ♪(^▽^)
jupiter-juzzさんも、機会があればぜひ金沢や和倉にお出かけになられてみてください♪
金沢21世紀美術館は、お勧めです!

Maryさん、いつもありがとうございます♪

音楽は気軽に楽しめるのですが、美術はなんとなく敷居が高く感じちゃったりすることもあるかもしれませんね。。。
でも、『スイミング・プール』をはじめ金沢21世紀美術館の展示は、”美術も難しく考えずに気軽に楽しめばいい”っていうことを気づかせてくれますよね♪

そう、自分も作品の一部になれるっていうところも特に面白いです!
でもこれは、美術館というちょっと特別な空間なので改めて気付かされるのですが、もしかしたら日常生活の中にもそんなことってたくさんあるのかなぁ?って思ったりもします。。。

話は変わりますが、ハントンライス!(^¬^*)
ハンガリーの「ハン」に、(たぶんポルトガル語?で)マグロっていう意味の「トン」でハントンライス。(笑)
オムライスにタルタルソースとマグロのフライがのってるんですよね♪

オムライスにタルタルソースがのるなんて・・って最初は思ったのですが、めちゃめちゃおいしかったです♡
いつもは小食の息子も、大人と同じ一人前をぺろっと平らげました!
ひとつ残念だったのは、私が行った『味まっし喜まっし』っていうお店は、マグロフライの代わりに海老フライがのってたことかな?(笑)

今度はちゃんとマグロがのってるのを食べてみたいです♪

それでも、めちゃめちゃおいしかったですぅ♪(^▽^*)

馬渕さん、いつもありがとうございます♪
馬渕さんのブログの方でも、ご紹介いただきありがとうございました!
馬渕さんのブログで9月の金沢21世紀美術館をご覧になった方たちに、12月の様子もご覧いただけると、またまた面白さ倍増かな?(笑)

馬渕さんは、前回行かれた時には「スイミング・プール」は入れなかったんですね。。。
これはもう、もう一度行かないといけませんね♪(^-^*)

いやぁ~、このシリーズは書くのが結構大変です。σ(^◇^;)。。。
書きたいことがたくさんありすぎて、それでもだらだら書くのも良くないかなぁなんてことも考えだしたら、何から書いたらいいのかわからなくなっちゃう!(汗)
美術館という場所柄、出さない方がいいかなぁっていう写真や、書きたいんだけど写真を撮れなかったりしたところもあって。。。

なんとか、あと2回ぐらいで書き切れればいいかなぁって思ってるのですが、ちょっと書くのに時間がかかっちゃってます。

というわけで、記事の続きはまた明日にでも更新しま~す♪(^-^;)ゞ

金沢21世紀美術館、何だか楽しそう~!
子供も一緒に楽しめちゃいそうな感じですよね~。
美術館なんて、子供が小さいと
スッカリご無沙汰になっちゃってますが
ゆっくり巡りたいものです~♪

続きが楽しみ(≧ω≦)b

つーこさん、こんにちは♪

金沢21世紀美術館は、本当に楽しめる美術館でした!
美術って、静かに鑑賞するイメージがあるけど、見て、触れて、全身で美術を楽しめる感じでしたよ♪

音楽を楽しむように、美術も気軽に楽しめる場所ですね。
初めて美術作品に触れる子どもには、その楽しさを分かってもらえるために最適な場所かもしれません。

そう言えば、オープン当時に金沢市内の小中学校に無料の入場券が配布され、そうして美術館を訪れた子どもたちが、再び家族と来館することで来館者数を伸ばしてきたんだそうです。

一度訪れると、も一度行ってみたくなっちゃう美術館ですよ♪

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/474-26646996

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。