「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> セキスイハイム関連 > 営業さんがつくった展示場(3)【ウォームファクトリー】  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業さんがつくった展示場(3)【ウォームファクトリー】

2008 - 02/15 [Fri] - 18:45

セキスイハイムのお家といえば、ユニット工法。
あとは、太陽光とか・・・。
阿部寛さんがか~えりた~い か~えりた~い あったかい我が家が まっているぅ♪ってCMで歌ってるあったかハイムが思い浮かぶところでしょうか?普通

我が家は予算がなくて、そんなハイムらしい技術をほとんど取り入れていない、いたって普通のお家。がーん
ハイムの技術力を体感しているのは、高気密・高断熱な所ぐらいでしょうか。。。

あったかハイム=ウォームファクトリー(ウォームエアリー)かな?

コメントなどでも、ウォームファクトリーについてよく話題に上るのですが、私自身が体感したことがなくて、その温かさがどんなものなのか実感できなかったんですが、営業さんが間取りなどを考えてできた展示場一宮デシオ展示場で体感することができました♪きゃー!

まずは、ウォームファクトリーについて、簡単に説明を!
もしも間違ってるところとかがあったら、コメントなどで教えてくださいね。(^-^;)ゞ
一宮展示場ウォームファクトリー
そのお家ごとの床面積にもよりますが、上の写真のような床下蓄熱放熱器をいくつか床下に設置します。
【高性能断熱材】【蓄熱ブロック】【ヒーター】【各種温度センサー】という主に4つの部分からできている、床下蓄熱放熱器。
これが、午前1時から6時までの深夜電力時に通電することで熱を蓄えて、午前6時から深夜1時まで放熱します。
ウォームファクトリーイメージ
こんなイメージですね♪
上のイメージ画像は、東京セキスイハイムさんのHPよりお借りしました。m(_ _)m

理論的には、1階の床をまんべんなく暖めて、リビングの床温23度・室温21度、廊下などは床温19度・室温17度に保つのだそうです。

ただ、イメージ図からお気づきかもしれませんが、ウォームファクトリー採用の場合は、暖かいのは1階だけ
2階も暖めたい場合には、第一種換気システムエアファクトリーと併用しなければいけません。
ウォームエアリーという名前を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、このウォームエアリーというのが、ウォームファクトリーとエアファクトリーを組み合わせたもので、2階まで暖めるというものです。
エアファクトリーについては、また後日書きたいと思います♪にこにこ

一宮展示場ウォームファクトリーのスイッチ
これがウォームファクトリーのスイッチ。
【最小】【中】【最大】と、温度調整はシンプルですね。アップロードファイル
温度調整に関して、ハイムさんから頂いた資料には、
寒い日が続く季節、入居時や暖房開始日・・・・・・・・・・・・最大
寒さが始まる秋の後期や、寒さが少し和らぐ冬の後期・・・中
寒さがゆるむ春先や肌寒さを感じる頃・・・・・・・・・・・・・・・最小
こんなふうに使用してくださいなんてことも書いてありました。

また、暖房開始当初は、基礎や地盤、建物を暖めるのに熱が奪われるために、室内の温度が安定するのに約5日から1週間ほどかかるということも書いてありました。
以前、ブログの方にもコメントで「故障ではないようなのですが、なかなか暖まらない」と伺ったのですが、もしかしたら地盤などがかなり冷えていて、たくさんの熱が奪われてしまっていたのかもしれませんね。。。困ったな

ウォームエアリーの仕組みについては、こんなサイトがわかりやすいかも知れません。
『パルフェ ウォームエアリースタイル』
(クリックすると別窓で開きます。音がでるのでご注意ください。)

さてさて、ウォームファクトリーに関する説明が随分長くなってしまいました。。。顔
では、実際にウォームが入ってる環境はどうなのか・・・


ブログランキング・・・

展示場にお邪魔した時は、雨が降ったりやんだりの曇りの日だったのですが、体で感じる温度はセーター一枚でちょうど良い感じでしょうか。。。

展示場の中でも、ウォームエアリーの暖かさを分かりやすく示すということで、何か所かに湿温度計が置いてありました。
一宮展示場1階間取り
位置関係を見ていただくために間取りを載せておきますね!普通
画像をクリックしてもらうと、拡大されます。

1階
一宮展示場和室温度計
展示場の中で一番玄関に近く、北側の和室です。畳敷き。
西と北に窓がありますが、日当たりはそんなに良くないです。
気温18度、湿度45%。

以前、『寒い・・・。部屋の温度差』という記事で書いたのですが、うちの玄関と同じくらいの温度です。

展示場の中でも、和室は一番寒い部屋のよう。。。
ただ、18度でも、うちのトイレよりは暖かいんですよね~。がーん
体感的にも、暖かくはありませんが、寒くはないです。

そして、温度計の写真を撮ってくるのを忘れてしまいましたが、床がフローリングのリビング。
体感的には、快適な感じ♪にこにこ
ただ、裸足でフローリングを歩くと、想像よりも冷たい!ガーン
ホットカーペットや床暖房のように、寝転がったりずっと裸足で歩いても気持ちがいいとは言えない感じでしょうか?

一宮デシオ展示場は、1階の床にタイルをふんだんに使っています。
リビングを抜けて、カフェ&ギャラリー、キッチン、ダイニング、そして洗面脱衣室と、全部床がタイルになっています。
一宮展示場カフェ&ギャラリー床
このタイルの床は・・・・暖かい!きゃー!
裸足で歩いて、気持ちいいと感じるくらい暖かいんです♪

それを裏付けているのか、洗面台の温度計。
一宮展示場洗面台温度計
気温23度、湿度43%です。
洗面脱衣室は、場所も和室の隣。北側に当たります。
でも、ここは暖かいと感じました。

では、エアファクトリーで暖かい空気を運んでいる2階は・・・?
一宮展示場2階第二リビング湿度と温度
2階のセカンドリビングは、やっぱりタイルの洗面脱衣室よりも温度が下がるようです。
湿度も下がっていますね。。。
気温22度、湿度34%。
床はやっぱり、暖かくは感じませんでした。

あくまでも私の個人的な感想なのですが、ウォームファクトリーの良さを最大限に活用するなら、床はフローリングではなくタイルにした方がいいと思います。
木よりも石(タイル)の方が熱を伝えやすいですから、あながち間違いではないんじゃないかな?

それから、いろんなところで「ウォームファクトリーは思ったよりも暖かくない!」っていう声をよく聞きますね。
これに関しては、やっぱりフローリングの下にシートを貼って施工するような床暖房に比べると暖かくないのかも知れません。
営業さんとも話していたのですが、これは営業さん個々の売り方にも問題があるんでしょうね。。。
ウォームファクトリーに関しては、暖かい暖房器具というよりは、寒くなくする暖房器具ととらえる方がいいんじゃないでしょうか?困り顔
ということは、暖めるための暖房と併用して使ったほうがいいってことかなぁって思います。。。

ただ、この”寒くない”っていうのは、とっても大切なことなんですよね!
特に、トイレや洗面室が寒くないというのは、命を守るという意味でも重要です。
以前書いた記事、『寒い・・・。部屋の温度差【2】ヒートショック』
この中で脱衣室やトイレの温度差の危険性について書いています。

脱衣室やトイレなどは狭い空間なので、暖房器具を置く事は難しいのですが、こうした家の中全体を寒くない温度に保つことでヒートショックから身を守ることができますね♪
でも、ランニングコストがかなり掛かってくることも確かです。。。汗
深夜電力を使うとはいえ、通電時間が5時間。
ワンシーズン入れっぱなしになるわけですからね。。。

う~ん・・・絵文字名を入力してください
やっぱり、太陽光とセットで導入するものなのかもません。

ウォームファクトリーを安いと感じるか、お得と感じるかは、家族構成とかそれぞれのお宅の考え方によるかもしれませんね。。。
ちなみに、ウォームファクトリーは後付け可能だそうです。。。

うちの優先順位は、やっぱり太陽光の方が上かなぁ・・・。




jumee☆snowman2Lブログランキング、参加中です♪みかん
にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!

今日はとんでもなく長文になってしまいました。アップロードファイル
最後まで読んでくださり、ありがとうございます!アップロードファイル
スポンサーサイト

しゃけさん こんばんは!
ウォームファクトリー愛好家(笑)の我が家です。
レポート興味深く拝見しました。
関東地方の我が家では 12月より「中」のまま エアコン無しで 過ごしております。
北風が冷たい日も 玄関を一歩入ると ほんのり暖かく
吹き抜け効果でしょうか エアファクトリーはありませんが、2階も17~8度になります。しかし 夜中の蓄熱時間になると だんだん冷えてきます。電気代も大変(汗) でも 朝起きたときから家中暖かく 燃料の補給、スイッチの入り切りさえもする必要がないので ずぼらな私は相当気に入っております。

ウォームファクトリーのもうひとつのメリット、5時間通電割引があります。
冬場は蓄熱のために毎日5時間かなりの電気を消費するんですが、中部電力の場合月に1kVAあたり231円の割引を受けることができます。10kVA搭載だと毎月2310円引きです。
これはウォームファクトリーを利用しない夏場でも適用されるので、冬場以外の電気代はかなり安くなりますよ。

ウォームファクトリーは後付け可能なんですか~??
うちがお話をしている時は、後付けは難しいって言われました。。^_^;
据付のときにクレーンで吊って配置するくらい重いので・・・と言う理由でした。

営業さんの勘違いなのか、途中でシステムが変更になったのか。。。!?


でも、洗面所とトイレはホントに暖かいですよ☆
確かにリビングよりも暖かいですね。。。

設備投資面でも、普通の床暖房がリビングのみとか場所が限定されていて、結構な金額になるらしいけれど
ウォームは床下全面にいれても、普通の部分的な床暖房の金額と大差ないというお話でした。
たまたま契約時に、九州にウォームが導入されたばかりでキャンペーン価格っていうのもあったみたいですが。。。(* ̄∇ ̄*)


たしかに、夏場の5時間通電割引は大きいです(*^m^*)

わくわくさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

関東地方は、ちょっと前に雪が降ったことがありましたが、その時も”中”で行けちゃいましたか?
もしかしたら、シーズンの早いうちにスイッチを入れることがポイントだったりするかもしれませんね。(^-^)

外出先から帰ってきて、玄関に入った瞬間にもうほんのり暖かいっていうのはうれしいですね!
朝起きたときに、すでに暖かいっていうのも!

このよさって言うのは、他の暖房器具ではまねできない、ウォームファクトリーの良さですね♪
エアコンでタイマーのあるものも増えていますが、帰宅時間まではなかなか予想できないですからね。

う~ん・・・
でもやっぱり、蓄熱時間になるとだんだん冷えてきちゃうんですね。
体のためには当然深夜1時までには寝た方がいいんですけどね。(;^-^A

メリットとデメリット・・両方を比べて、どっちが勝ってるかですよね。。。
う~ん・・・やっぱり、メリットの方が勝ってるかな?(^▽^)

たかさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

おぉ~!5時間通電割引がありましたね!!(^▽^)
ウォームファクトリーは、冬場の電気代だけを見てみるとかなり高いように感じるのですが、年間で見ると、もしかしたらウォームを入れていないおうちと変わらなかったりするのかな?

ファンヒーターと比べても、何かを燃やしてるわけではないので環境にもいいかも。。。
電力会社からの電気を使えば、発電のために何かを燃やしていることには変わりがないのかも知れませんが。。。

やっぱり、ウォームと太陽光とのセットが理想的かな?

ベリーさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

あっ、蓄熱放熱器がめちゃめちゃ重いっていう話、私も聞いたことがあります!
多分、うちの方の営業さんの勘違い・・・σ(^◇^;)。。。

やっぱり、トイレの洗面脱衣室が暖かいっていうのはいいですね~♪
そっかぁ~、一般的な床暖房だと居室しか導入できない・・・。
いろんな暖房器具と比較しても、ウォームは魅力的ですね!

ウォームの取り付け費用は、平均70万円くらいだって聞いたんだけど、どうでしょう?

何より気になるのはランニングコストなんだけど、これは冬場だけを比較するよりも、年間を通しての光熱費を比較する必要がありそうですね♪

もしかしたら、5時間通電割引のおかげでウォームなしと変わらなかったりするのかな?(^0^)

ウォームの費用ですが、うちはもう少し安く入れてもらえましたよ♪
ここでお値段を書くのはどうなのかわからないのであえて記入はしませんが。。。

でも、蓄熱機の大きさや台数によっても違うと思いますが、多分キャンペーン価格と言っていたので平均よりも安いのでは。。。と思っています。
うちが営業さんに聞いた時は平均費用は約80万円くらいって言ってました。

ランニングコストは確かに高いかもしれませんが
しゃけさんが書かれているように、年間を通じて考えれば普通の灯油ファンヒーター+コタツor電気カーペットなどど同じくらいになるんじゃないかな~なんて
勝手に考えています(* ̄∇ ̄*)

ただ、灯油を買いに行ったり、給油したりする手間もいらないし、空気も汚れない、やっぱり外から帰った時に玄関からふわっと暖かいのは嬉しいですよ~♪♪

ベリーさん、ありがとうございます♪

ハイムは、セキスイハイムとしての技術力はどこのエリアでも同じですが、確か経営はエリアごとに違うんですよね。
そんなこともあって、多少エリアによって金額設定とか、キャンペーンなんかも変わってくるのかな?
お手入れセミナーのお土産でさえかなり違いがあるので、キャンペーンの内容はかなり違いそうかも~。(笑)

コスト的にも、私も皆さんのコメントを読んでいて、実はそんなに高いものでもないんじゃないかなぁって思えてきました!
ウォームファクトリーを使わない季節も割引を受けられるのなら、年間で平均するときっとウォームをつけない家庭とあまり変わらないんじゃないかな?

帰ってきたときにふわっと暖かいのは、やっぱりいいですね♪
昼間は窓から入ってくる太陽の熱で、部屋の中も暖められるでしょうから、どうしても寒い時はウォーム+補助的にエアコンを・・っていうのが効率的かな?

やっぱり、ウォームファクトリー欲しいかも。。。

ベリーさん、読んで下さるかな?

ウォームの後付けについて、今日確認してきました!

やっぱり、後付け可能だそうです。
基礎断熱がされている家という条件はあるそうですが。

蓄熱放熱器が重いというは確かで、新築で入れる場合には基礎が終わった段階で入れるようですね。
ただ、あの蓄熱器はビスで組み立てられたもので、逆に後付けするときにはすべて分解した状態で、床下点検口から入れて、基礎の中で組み立てるんだそうです。

組み立てたものは重くても、部品にしちゃえば運べないことはない重さなんですね。(^-^)


教えていただけますか?

おはようございます。
ウォームファクトリーを検討している者です。
情報が少ない(無い?)ので教えてください。

聞いた話として、
①ウォームファクトリーはエアファクトリーとセットで付けるべき。
②実はハイムの社員は、自分の家にウォームファクトリーを導入しない。
(つまり、ウォームファクトリーのみでは実力を完全に発揮できないと言う意味です)

素人考えで、
③床下で発熱するので、将来床材が乾燥して反るのでは?

とっても魅力的なシステムで、是非導入したいと思っているのですが、上記のような理由で今ひとつ踏ん切りが出来ません。
後付け可能との事ですから、暫く様子を見てからとも思っています。しかしながら、最初に入れなくて後から入れられるかなぁ~(資金的に)と悩んでいます。
ご指導頂けたらと思います。
宜しくお願い致します。

kojiさん、こんにちは♪
ご訪問&初コメ、ありがとうございます!

②のハイムの社員さんは、自分の家にウォームファクトリーを導入しないって言うのは、私にはちょっとわからないのですが、でも、自宅を建てられたことのある営業さんとお話してると、ウォームファクトリーの話よりも、「太陽光発電がいい!」っていう話のほうが多いかな?(;^-^A

ウチは、ウォームもエアも、太陽光のつけていないのですが、今後何か導入するとしたら、まず太陽光がつけたいかな。。。

①のウォームとエアとセットでつけるべきって言うのは、住まい方にもよると思いますが、2階で過ごすことが多い場合は、やはりエアとセットでつけられたほうがいいと思います。

記事中にも書いたように、ウォームファクトリーは、1階の床下だけを温めるもので、それを2階にまで運ぼうとするとやっぱりエアファクトリーをつける必要があるそうです。

③の床材が反るのではないかということについて。
これは私が調べた範囲でなので、できれば営業さんに確認していただきたいと思うのですが。。。
床下で発熱するために、床材が反るっていうのは、床材の乾燥からくるんだと思うんですよね。
乾燥によって反る床材って言うのは、その床材そのものが施工までに十分乾燥されていないということかな。
ですから、無垢材の床の場合は反る可能性が高いと思いますし、無垢材の床を入れているHMさんや工務店さんは、床下暖房は入れられないっておっしゃるところが多いですね。

ハイムの床材は、合板に木のシートを貼り、さらに樹脂塗装してあるもので、床暖房に対応してるものです。
絶対って言うことは言い切れないかもしれませんが、今までウォームファクトリーを入れているお宅で床が反ったっていう話は聞いたことがないかな?

水や、油なんかをいっぱいこぼして、そのままにしてたら反ってきたっていう話は聞いたことがありますけどね。(^-^;)ゞ

あぶりしゃけさんへ。
不躾な質問にお答え下さり有難うございます。

社員がウォームファクトリーを導入しないのは(しない人が多い)と言うのは、ウォームファクトリーの歴史が浅く、言い方が悪いのですが市販しながら様子を見ているからだと…
あちこちのHPを見ているのですが、「思ったように温度が上がらない」と言う方たちもいらっしゃるようで、そう言うのを読むと矢張り一抹の不安を覚えます。

こう言うネガティブな事は営業さんは決して言わないので、実際お住まいになられている皆さんにお尋ねしました。
も少ししつこく営業さんに聞いてみようかな?

kojiさん、こんにちは♪
ありがとうございます!

ちょっとでもkojiさんのお役に立ててるといいのですが。。。(^-^;)ゞ

ウォームファクトリーは、確かに営業さんたちの間でも、認識の違いのようなものはあるかも知れませんね。
営業さんによっては、「ウォームは暖かいですよ」っていう売り方をされる方もいらっしゃれば、「ウォームは冷たい(寒い)って感じない程度に温めますよ」ってっしゃる方もいらっしゃいますね。

「寒い」「暖かい」って言うのは、それぞれの人の感覚にかかわってくることなので、言葉の表現によって正しく判断するのも難しいかも知れませんね。
『ウォームに暖かさを期待』して導入したとして、その期待は数値で明確に表現できることというよりは、もうちょっと曖昧な感じのことなので、それも口コミの中での酷評につながっているかも知れません。

営業さんに突っ込んで聞いてみる場合でも、担当さんだけでなく、なるべく違う営業さんなんかにも聞いてみるといいかもしれませんね♪
あとは、新しくできた展示場にはウォームが入っているところも増えてきてると思うので、実際にご家族で体感してみるのが一番いいかも知れませんね。(●ゝω・)~☆

お答え有難うございます。

今気付きました!!!
あぶりしゃけさんのお宅はウオームもエアも入ってないんですね!?

で、またまたお尋ねです。
ひと冬過ごされていらっしゃいますが、暖房はどうされていましたか?逆に夏場も興味があります。
私はもし新築したら、灯油・ガスは出来る限り使いたく無いと思っています。

kojiさん、こんにちは♪
ありとうございます!

そうなんですよ~。
うちは、ウォームもエアも入ってないの。(^-^;)ゞ
なので、このウォームファクトリーの記事も、取材をもとに書いたものです。

冬場の暖房ですが、去年は石油ファンヒーターを使ってました。
でも、ハイムの技術の方に聞いたのですが、高気密高断熱のお家では石油ストーブや石油ファンヒータを使わないほうがいいんですって。
24時間換気は、ファンヒーターなどを燃焼させたときの換気までは想定されていないそうです。
なので、窓を開けるなどの換気をちゃんとしないと、危険なんだとか。

我が家の場合は、昨年の冬は朝起きてから10時頃までと、午後3時過ぎ頃からファンヒーターを点けるっていう生活をしてました。
一度部屋を暖めるとなかなか冷めないですし、日中はお日さまが部屋を暖めてくれますからね~。
具体的に、冬の部屋の温度は↓この記事が楽しんでいただけるかも?
http://heimbj.blog88.fc2.com/blog-entry-431.html

夏場は逆に、お日さまに暖められちゃうとどんどん暑くなるので、ドレープをひいたりして日の光を避ける工夫が必要ですね♪
でも、うちは東西南北で風が抜けるように窓を配置してるので、意外にエアコンをつけなくても我慢できちゃいましたよ。(^▽^*)

こんばんは。

営業さんに会ってきました。
自動換気はしているとは言え、ガス・灯油は使って欲しくないと言っていました。また、ウォームファクトリー導入前提の基礎にしていないと(つまりはウォームファクトリーを入れる家と同じ基礎。←上手く言えなくて済みません)後付け不可との事です。
これから寒くなっていくので、展示場や建売り等を見学して、体感してこようと思っています。

kojiさん、こんにちは♪
ありがとうございます!

営業さんに直接お話を聞けたようでよかったです♪(^-^*)
やっぱり、ハイムの高気密のお家は、なるべく燃焼するようなものは使わないほうが良いんですよね。
24時間換気は、通常の換気は想定してても、燃焼した場合の換気は想定していないんですよね。
そう言えば、去年使っていたファンヒーターは壊れかけだったこともあるかも知れませんが、旧居のマンションで使っていたときよりも、換気警告が付く頻度が多かったような気がします。
今年は、ファンヒーターを処分してしまったのでウチもエアコンだけでの暖房になりそうです。
もしかしたら、夏場よりも電気代がすごいことになるかも。。。(;´д`A

ウォームファクトリーの後付に関してですが、確かハイムは基礎が400のものと、480のものの二通りあったと思います。
断熱に関しては後から施工できそうですが、基礎の高さだけは高いものにしないと機材が入らないのかも知れませんね。

いづれにしても、安いものではないので、本当に良いものなのかどうか体感されて、納得されてから決められたほうが良いですよね♪

ぜひ展示場で、裸足になって体感されてみてくださいね♪(^▽^)ノ

お相手頂いて有難うございます。

電気代は・・・ウォームファクトリーで5時間通電。夏場も適用(オール電化でガス代無し)で年間通じてイーブンならと思うのですが、どうなんでしょ?
こればっかはやって見なきゃってとこなんでしょうね。

kojiさん、こんにちは♪
こちらこそ、ありがとうございます!

電気代は、そうですね!
5時間通電割引は、ウォームを利用していない夏場も適応されるので、年間で平均するとほかの暖房機器を利用した場合とそんなに変わらないかも知れませんね。
ただ、人によってはウォームだけでは寒いと感じる方や、天候もあるかも?
そんなときには、当然エアコンなんかと併用しなくちゃいけなくなりますね。

それから、ウォームにかかってくる電気使用量ですが、この記事にもコメントを下さってるベリーさんのHPが目安を知るのにとってもわかりやすいかなって思いますよ。
ベリーさんのHP『ハイムbj♪&dax Honda』の中の「電気使用量の内訳」の記事です。
http://kisaragi2007.web.fc2.com/page069.html
床下蓄熱放熱器をいくつ入れるかにもよりますが、冬場に突然1000kwh以上の使用量になっちゃうみたいです。

私の個人的な考えですが、もしもウチがウォームを採用するとしたら、やっぱり太陽光とセットで使いたいかなぁ。。。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/493-622ca847

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。