「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 雑記【感じたこと】 > 今日はちょっと社会派!?最近のニュースから~北京五輪聖火リレー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はちょっと社会派!?最近のニュースから~北京五輪聖火リレー

2008 - 04/11 [Fri] - 19:27

ここ2日ほど、すごくニュースを見てます。困ったな
今日は、ちょっと社会派?なお話をしてみようかなぁ。。。

中国のチベット問題北京オリンピックの聖火リレー。。。
今まで通ってきた各国では、かなり妨害されているようですね。
今月末には、長野県でも行われるようで、どうなるのか気になるところです。
でもね、チベット問題とオリンピックは別のこととして考えるべきなんじゃないかって思うんです。
現在のチベットの状況について書かれたHPを見てみると、チベット民族はかなり過酷な状況の中にいるようです。
言論の自由さえもない状態。
そんなこともあって、デモを行うことになったんでしょうね。。。
それを武力で制圧しようとする中国政府には、大きな問題があると思います。
それに、チベット問題だけでなく、これまでの中国製品に関することもそうなのですが、人を大切に扱おうとしない中国の姿勢は、私も好きじゃありません。
もちろん、中国の人みんながそうというわけではなく、政府などがそういう立場だということだと思うのですが。

でもね、これらの問題とオリンピックとは、やっぱり切り離して考えるべきなんじゃないかなって思います。

オリンピックは、今回はたまたま北京で開催されますが、でも中国のために開催されるんじゃない。

4年に一度のオリンピックに向けて、トレーニングを積んできた選手のみなさんは、今どんな思いでいるんだろう。。。
イギリスだって、アメリカだって、きっと多くのアスリートがオリンピックを目指して頑張ってるはずなのに、国際問題、政治問題などを理由に首相が開会式にさえ出席を見合わせる方向で検討しているっていうのは・・・。

IOC(国際オリンピック委員会)に問題があってとか、選手村の宿舎が酷すぎるので選手の皆さんが自ら出場をボイコットされるなら事情はわかるのですが。

政治と切り離して、純粋にスポーツ選手のみなさんを応援して、スポーツの祭典を世界中の人たちで楽しむことって出来ないのかな。。。

聖火リレーのテーマは、“調和の旅(Journey of Harmony)” だそうです。
4月26日の長野での聖火リレーは、妨害などなく、穏やかに行われるといいなぁって思います。

チベット民族と中国も、うまく調和することができるといいのに。。。
オリンピックとは別のところで、なにか国際的に、中国政府とダライ・ラマさんの対話を促す方法があるといいですね。。。
でも、北朝鮮のように経済制裁とかをすれば逆に各国の生活に影響を与えることになりかねないので、難しいのかも知れませんね。
・・・というか、普通の主婦の私がごちゃごちゃ考えていても、どうにもならない問題なのですが。しくしく


本当は今日は、電気代の4月分の記事を書こうと思って、前置きを書こうかなぁって思ったら、長くなっちゃいました。あせ
住まいと関係のない独り言のような記事で、失礼しましたぁ。。。(;^-^A
電気代4月分の記事は、また後日!


chu-ripgradaredブログランキング参加中♪菜の花
にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!

スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

この話のコメントは、難しいので、テーマさておき、聖火リレーが走る長野市は、私の新入社員時代の最初の勤務地なんです。

丁度、入社年が善光寺の7年に一度の「御開帳」。

両親を招いて、テレビでも何度も映しされている「門前通り」を歩きました。

あそこは、あまり道理幅が広くなくて、警備を考えると、聖火リレーのルートから、外そうかと言うニュースが流れてます。

とても、風情のあるところですし、映像として、放映されて、私の第3の故郷を宣伝して欲しいなぁ、と思っているのですが・・・。

馬渕さん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

そうですね・・・。
この話題は、アップしてからちょっと後悔しました。
あまりにも繊細な話題で、コメくださる方も、きっととってもコメしにくいかなぁって。(汗)

馬渕さんは、長野に赴任されてたことがあるんですね!
長野は中部のエリアになるんだぁ。
てっきり、関東エリアなんだと思ってました。

善光寺、私も添乗員の仕事をしてる時に、何度か行きました!
ちょうど御開帳の年にもあたって、行きましたよ。
仲見世通りは、美しい石畳が続き、その両脇に統一感のある建物で旅館やお食事処、お土産屋さんが連なっていて、なんだか温かな、平和的な雰囲気が漂う場所ですよね。

あそこに、警備の青い集団は似合わない・・・。
聖火リレーのコースは、もちろん中国が決めることではありませんが、仏教のお寺ということもあり再検討せざるを得ないのかも知れませんね。

でも私も、映像として、あの石畳を聖火ランナーが走るところをみたいなぁ~。



>普通の主婦の私がごちゃごちゃ考えていても、どうにもならない・・・
そんなことないと思いますよ~
しゃけさんのブログ、メッセージ性ありますから。
それに最近のブログが与える社会的影響って、大きいもんありますもんね。
オリンピックに向けて、今、あっちの方では「臭いものにフタをする」傾向が強くなってますよね。

たしかにナーバスな問題です。。。皆思っててもネット上では書きにくいかな^^;

あぶりしゃけさん、

すいません、変な入り方のコメント書いてしまって…(~_~;)
こういう記事を書くの、良いと思いますよ。

私がコメントが難しいと書いたのは、あぶりしゃけさんの洞察に対して、それに反応できるだけの自分の意見がまとまっていないからだけで…(~_~;)

自分の意見を持っている人は、反応して、コメント入れられるだろうし、読んで、ふ~んと思う人もいるだろし、私のように、ちょっと脇道の話題でコメントする人もいるだろうし(笑)

自然体で、日々感じられたことを書かれるのは、政治的話題でも、好きだなぁ。

リックルハングさん、こんにちは。
いつもありがとうござます!

私のブログがどれくらい影響力を持っているのかはわからないのですが、それでも何かを伝えることができればいいなぁなんていつも思ってます。(^-^;)ゞ

こんなことを感じるのは私ぐらいかもしれませんが、何となく施主ブログって”消費”してる感じがしちゃって・・・。
記事自体も、こう、日々新しいものを書いていく中で過去に書いた記事は古くなっていってしまいますし、うまく言葉にできないんだけど、日々の暮らしの中からいろいろ書いて、ネットに載せていると、暮らしを消費してるような変な気分になることがあります。

でも、こうして考えたことや気づいたことを書くことで、読んでくれた方が何かを感じてくれたりすると、ブログも消費ばかりでなく生産的なものになるのかなぁなんて思ったりします。

う~ん、うまく伝えられてるかなぁ?σ(^◇^;)。。。
すごく変なことを言ってるかも!?
ごめん。。。(´・ω・`)

確かに、なんだかオリンピックに向けて「臭いものにフタをする」感じが見えますよね。
チベットのデモの理由も、ダライ・ラマさんが語るまで何となく見えにくかったし。
日本政府も、なんとなくそんな傾向があるのかなぁって私自身は感じてます。

多分、こんな今が変わるチャンスなんじゃないのかなとも思うのですが・・・。
あっ、またデリケートなことに無責任な発言をしちゃった!(汗)

馬渕さん、ありがとうございます!

いえいえ。
実際に、たぶん読んでくださってる方の多くは、「どうコメントするかなぁ」って考えて、やっぱりやめておこうかなぁなんて思っていらっしゃるかと。(;^-^A

コメントしてくださる方のことを思うと、とってもコメントしにく内容なので、住まいブログでこういうことを書くのは微妙かなぁって思いつつ、でもやっぱり、暮らしの中から私が感じたことですし、また暮らしにも関係あることなのかなぁとも思ってます。

「自然体で、日々感じられたことを書かれるのは、政治的話題でも、好きだなぁ。」
なんて言われたら、こういうことまた書いちゃいますよ。(笑)

脇道のコメントも、大歓迎です!
馬渕さんにいただいたコメントを読みながら、どうしたら穏やかに善光寺の前を走れるのかなぁなんて考えたり(妄想?w)してました。
ディズニーワールドのパレードみたいに、聖火ランナーの後ろからみんなで走っちゃえばいいんじゃないかなぁとか。
きっと、楽しいだろうし、平和的だし、中国からやってくる青の警備集団を拒否するあらわれにもなるのかなぁなんて思ったり。

妄想癖があるので、結構、コメントから広げていろんなことを考えたりしてるんです。(笑)

でも、こういう、考えることっていうことが楽しいのかなとも思います。
ブログを読んでくださってる皆さんにも、一緒にちょっとだけ考えたりしながら、楽しんでもらえると嬉しいですね。(^-^*)

はじめまして!

僕は社会問題に詳しいわけではありませんが、最近の聖火リレーの問題に異常性を感じますね。あれでは、何のための聖火なのかが分からなくなっている。

“調和の旅”という原点に立ち戻って、スポーツの祭典を全世界の方と楽しみたいと思います。

こんばんわ。お久し振りの登場です。
政治とスポーツは切り離して考えるべきだと思います。
まだ色んな地域で紛争や対立がありますが、スポーツまでも巻き込んで自由を奪うのはいかがなもんでしょうか。
みんなが笑って暮らせる平和な世界が近い将来に実現できるといいと思います。
争いからは何も生まれない・・・

前田 竜典さん、はじめまして。
初コメ、ありがとうございます!
リックルハングさんのところで、前田さんのお名前はよく拝見してました。(^-^*)
なので、コメいただけてとっても嬉しいです♡

私も、社会問題、国際問題に詳しいわけではないんですが、それでもやっぱり、今回の北京オリンピックの聖火リレーは異常ですよね。
多分、オリンピックを利用して何かをアピールしようとしている中国に対し、世界から注目を浴びているからこそ、逆に中国の人権抑圧などを世界に訴えようとしている人たちがいるんですよね。

誰のための、何のための聖火、オリンピックなのか・・・。

聖火リレーは、1936年のベルリン大会が最初だったそうです。
第二次世界大戦が始まった時に、ドイツ軍が聖火リレーのコースをそのまま反対に辿ってギリシャに攻め入ったんだとか。
なので、聖火リレーは始まった時から、政治の渦にのまれてきたのかも知れません。

でも、今は、世界中の人たちが過去の争いから多くを学び、平和の大切さを知ってるはず。

”調和の旅”中国政府の人たちも、聖火リレーを妨害してる人たちも、多分、そんなテーマがあることを忘れているの、知らないのか・・・。
原点に立ち戻って、純粋にスポーツの祭典を楽しみたいですよね!

かわっちさん、こんにちは。
お久しぶりです!
お家づくりも、かなり進んできてるかな?(^-^)

「争いからは何も生まれない」
私もそう思います!

争いから生まれるのは、争いだけです。
人間は、みんな、『ミラー細胞』っていうのを持っていて、その細胞が、相手の感情をそのまま自分のものとして写し取ってしまうんですって。
どちらが一方が激しく怒ったり暴力で訴えれば、相手もまた、同じように怒りや暴力で返してしまうようにできてるんですね・・・。

だから、どちらかがその悪循環を意識的に断ち切らなきゃいけないんですよね。

笑って暮らせば、みんなが笑って暮らせる。
逆に考えれば、そんな可能性も十分にあるってことじゃないかなって思うんですよね!

地域紛争や、民族対立・・・政治的な問題は、そんな呑気なことも言っていられないのかもしれませんが、でもスポーツなどの文化的なことは切り離して考えたいですよね。

オリンピックを利用して人権や表現の自由などを訴えるとしても、妨害なんていう手段じゃなく、もっと他の表現方法があるんじゃないかなって思います。

こんばんは♪

最近、ニュースを見る機会も少なく、あぶりしゃけさんのブログで長野に聖火リレーが来るんだ!と知った始末…。

ちょうど先日、善光寺に行ったばかりですが、善光寺はいつもと変わらず穏やかな佇まいでしたよ。

オリンピックにしろ、宗教にしろ、もともとの意味から離れて政治の駆け引きやアピールに利用されるというのは心が痛みます。

スピルバーグが映画化したミュンヘンオリンピック事件もそうですし、今回のハンドボール代表のごたごたもそうですけど、過去からオリンピックには、純粋なスポーツの祭典というだけではない暗部が含まれているのかもしれませんね(とっても悲しいことなんですが…)。

でもオリンピックは我々に感動を与えてくれるスポーツの祭典であって欲しいし、北京オリンピックも政治的駆け引きとは別のところで成功してほしいと願っています。

jupiter-juzzさん、こんにちは。
いつもありがとうございます!

お引っ越し後の後片付けとかで、まだお忙しかな?
新しいお家で、生活のリズムをつかむまでは何かと忙しいですよね。
ウチも去年の今頃は、なんだかばたばたしていて、落ち着いてニュースを見たりってあまりできなかったかも。。。
落ち着かれるまでは大変かも知れませんが、がんばってくださいね♪(^▽^)ノ

オリンピックは、歴史的に見ても政治や外交などに利用されることが多かったようですね・・・。
世界規模の祭典ですし、世界中の人々から注目されてるので仕方のないことなのかも知れません。

スポーツや音楽は、言葉を超えて世界中のどんな人々でも分かり合えることですし。
でも、だからこそ、純粋に楽しめば世界中の人々でともに感動し、多くを共有することができると思うのですが。

ホントに、政治的な駆け引きとは別のところでオリンピックが成功してほしいって願います。

そして、オリンピックとは別のところで、中国政府とダライ・ラマさんとの対話が実現して、チベット人権問題も平和的に解決してほしいですね!
人を無理やり力でねじ伏せても、絶対に無理が出てくると思うんだけどなぁ。。。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/532-2720f99b

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。