「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 雑記【感じたこと】 > 自由と責任・・・  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由と責任・・・

2008 - 04/28 [Mon] - 10:37

一昨日の長野の聖火リレー、厳戒態勢のなかゴールしましたね。。。オリンピック
やっぱり、沿道をたくさんの中国の赤い国旗とチベットの雪山獅子旗が埋め尽くして・・・。
萩本欽一さんが走っていらっしゃるときには、何かチラシのようなものが投げ込まれたり、福原愛さんのところでは「フリー チベット」を叫ぶ人が乱入したり・・・。
6人もの人が逮捕されたそうです。うーん

昨日、開催された韓国でも、少なくても4人もの逮捕者が出たんだとか。

政治とスポーツ・オリンピックを切り離して考えることはできないものなのでしょうかね。。。しくしく


話は変わりますが、昨日のあぶりしゃけ家では、こんなことがありました。普通
先日8歳になった息子が、こんなことを言いだしたんです。

私のむすこ「オレには、自由がないの?」

こんなことを言い出したきっかけは、とっても些細なこと。
パソコンの息子のアカウントを、パスワードがないと開けないようにしたんです。アップロードファイル
私もそのパスワードは知らなくて、パパが開いてくれないと開けません。

息子は幼稚園に入るころから、見よう見まねでパソコンを使い始めて、今ではほっておいたら自分でネットにも接続できるし、印刷もできる・・・。
「え?こんなものを?」っていうようなものをたくさん印刷しちゃったり、ネット通販なんかにも入って行っちゃったりするんですよ。がーん
なので、パパのいる週末だけに、パパの管理のもとでしかできないようにしたんです。

そんなわけで、「オレには、自由がない」って・・・!アップロードファイル

自由・・・。
言葉では簡単なのですが、なんかとっても漠然とした言葉ですよねぇ。
息子に、「自由ってどんなことだと思う?」ってきいたら、
私のむすこ「自分のやりたいように、できること!」って答えましたよ。

・・・この機会に、自由について息子に話してみることにしました。
子どもにはちょっと難しいかなとも思ったのですが、チベット問題を例に出した方がイメージしやすいかなって思ったので、チベット問題を例に出しながら。

アップロードファイルアップロードファイル「今、チベットの人たちは『チベットに自由を!』って言ってるよね?チベットは、今、中国の中にはいってるの。
国の決まりとか、経済とか、あと軍事っていう国を守るための力も、全部中国がやってるんだよね。
でも、その方法が、チベットの人たちのことを考えてやってないから、チベットの人たちは『自由になりたい』って言ってるんだよね。

つまり、自由になるっていうことは、全部を自分たちで決めて、それを守っていく責任を負うっていうことなんだよ。

イクラ(仮名^^;)が、自由にするっていうことは、どういうことか分かるかな?
自由にするっていのは、自分で何でも決めて、それを守っていかないといけないんだよ。
パソコンのことだって、自分で時間を決めたり、子どもがやってもいいサイトとダメなサイトを区別しないといけない。
ネット通販なんかをやっちゃたら、自分で責任をもってお金を払わないといけない。
できるかな?

自由と責任は、二つで一つのセットなんだよ。
自由って言っていい人は、責任が取れる人だけ。

息子は、一応この話に納得したようで、パソコンのことに関しては仕方がないって思ったようです。アップロードファイル

・・・と、息子に話していて、私自身も気づいたことがありました。
自由と責任。。。
聖火リレーの傍らで、「フリー チベット」を叫ぶ人たち。
この人たちの多くは、”支援団体”と呼ばれるチベット以外の人たち。
仮に、チベットが解放されたとして、この人たちはどこまでの責任が取れるんだろう。。。
自由になるかどうかは、チベットの人たちが決めること。
外の人たちが何かを訴えていくとしたら、チベットの自由ではなく、中国がちゃんとチベットの対話要請にこたえるようにっていうことなんじゃないかな。。。困り顔


福原愛さんが走っているときに、乱入した男性・・・。
台湾の男性という報道が多いのですが、実は亡命チベット人の2世だそうです。
お父様が政治的理由で中国公安当局に死刑を宣告され、その執行前日にインドに亡命し、この男性はそのインドで産まれ、チベット難民として暮らしていたんだそうです。

そんな背景のある人の訴え・・・それはとても重みのあるものだと思います。

「私はオリンピックに反対しているわけではない。ただ、チベットの惨状を全世界に訴える絶好の機会だと思っている」
この男性はマスコミのインタビューにそう答えられていたそうです。

でもやっぱり、私はオリンピック聖火リレーは、穏やかに平和的なムードの中で開催されてほしかったなとは思います。。。


たんぽぽブログランキング参加中♪芽
にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!

う~ん、この問題はとっても難しいですね。。。
私も自分の中でちゃんと考えをまとめられないまま、書いてしまいました。
でも、”自由と責任”は、お家づくりにも関係してくることなんじゃないかなとも思ったりして・・・。

『自由と責任』については、私の中で深く心に残っている本があります。
私は大学時代に社会学を専攻していて、当時読んだ1冊。

エーリッヒ・フロム著 自由からの逃走 新版

「人は自由を手に入れると、その責任の重圧から逃れたくなる」というような内容だったと思います。
社会心理学の古典なのですが、今に当てはめてもなるほど~って思えて、とっても興味深い内容です。ポ
スポンサーサイト

うわ、素晴らしいな!!
>自由って言っていい人は、責任が取れる人だけ
子どもだけじゃなく、自由を履き違えている人、多いですもんね。
そんな反面、責任を負うのが怖くて、自由を放棄している人も意外と多い。。
子どもに説明するのに、スゴくいいお話だと思いました。

こんばんは。

聖火リレー、長野は本当に大変でした…。「フリーチベット」と叫ぶ人、「ワン!チャイナ!(中国は1つ!という意味らしいですが…)」と叫ぶ人、上空ではヘリが舞い、主張はよくわからないものの威圧感だけを振りまいている政治圧力団体の街宣カー…。

何がなんだかわからない状態でした。

「自由がない」と訴える息子さん、成長したんですね~♪ そうそう自由と責任は2つで1つだと思います。「無責任」に「自由」を訴える人ってとっても多いと思います。チベットの支援団体もそうなんじゃないでしょうか…。

「自由」って福沢諭吉が「liberty(freedom)」を「自らをもって由となす」と訳したのが始まりだそうですが、「自らをもって由となす」というのも「自らを良しとする」というように誤解されているふしがありますね。福沢諭吉が言っているのは「自ら(自分)」を「(行動の)由(理由)」とするということなんだと思います。

自分の責任において、自分の意思や考えで行動することが「自由」なんですよね。逆にいえば、責任が取れないところには「自由」は存在しないということでしょうか。

あぶりしゃけさん、社会学を専攻されていたんですね♪ あぶりしゃけさんの慧眼に普段から驚かされていますが、なるほどと納得しました♪

エーリッヒ・フロム、僕も学生時代に読みました♪懐かしいですね。

リックルハングさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

息子にした話には、実は続きがあります。(^-^*)ゞ
「子どもにも自由がないわけじゃないんだよ。
責任を取ることができない子どもは、限定つきの自由。
パソコンも、パパがいいって言ってくれれば、決められた時間の中で、ヤフーキッズを見るか、学研キッズを見るかは、イクラの自由なんだよ。
お買いものでも、何かを買ってもらおうとするなら自由に買えないかもしれないけど、お小遣いをどう使うかは自由だし。
やらなきゃいけないことをやっちゃったら、余った時間をどう使うかは自由だよ。」
と、こんな話をしました。(^-^)

どんな子でも、いつかは自由について考えるときが来るはずなので、息子にはまだちょっと難しい話だったかも知れませんが、ちょうどいい機会だったのかなぁって思います。
聖火リレーのニュースも、一緒に見てましたしね。

大人の場合は、自由と併せて『権利』を激しく主張してくる人なんかがいますよね。
権利は義務とセットなのかなぁなんて思います。
自由と責任の関係に似てるかなって思うけど。

表と裏を見るように、常に意識していないと、ふとしたところでハマってしまうことが誰にもあるのかも知れませんね。
で、モンスターペアレントになっちゃってたり。(笑)

自由を放棄する人・・・。
これも、リックルハングさんの以前のブログ記事につながることなんじゃないかなって思います。
自ら起業するのか、会社の中で目的を達成していくのか。。。
自由を放棄して、企業の中に身を置いたとしても、どういうスタンスでいるのかによって大きく変わってきますよね?
だから、自由を放棄したとしても、それは必ずしも悪いことではないんじゃないかなって思います。(^◇^;)

jupiter-juzzさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

jupiter-juzzさんは地元なので、あの聖火リレーを身近でみていらっしゃったんですよね。。。
報道を見ても、なんだかもう調和の聖火リレーとは程遠い感じに見えましたが、実際はもっと混沌とした状態だったのかな。
報道しきれていないところが、まだまだありそうですね・・・。

『自由』について考えるときは、いつかは息子も来るのかなぁって思ってましたが、想像してたよりも早かったですね。(^-^;)
でも、こういうことを言えるようになったのは、やっぱり成長したからなんだと思います。
「自由って言えるのは責任をとれる人だけ」って言いながらも、息子にはちゃんと責任をとれるようにさらにしっかり成長してほしいなぁって思ってます。

「無責任」に「自由」を訴える人、私も多いんじゃないかなぁって思います。
自由と責任は2つで1つって意識してないと、無責任に自由を訴えることになりかねない。

自由という言葉は、福沢諭吉の言葉が始まりっていうの、知りませんでした!
「自らをもって由となす」
なるほど~。
私も、jupiter-juzzさんと同じ解釈。
「自ら(自分)」を「(行動の)由(理由)」とする、だと思います。
自分の意志や考えで行動して、自らでその責任を取ること、ですね。(^^)


フリーチベットを訴える人・・・この中には、福原愛さんが走っているときに飛び出してきた亡命チベット人のようなちゃんと背景があって、責任を負うことになる人もいるとは思うのですが、無責任に訴えてる人も多いでしょうね。。。
デモとかすると、アドレナリンなんかがいっぱい出て、気持ちよくなっちゃいますからね。。。

「フリーチベット」って言っても、本当に中国から完全に独立することがベストなのかもわからない・・・。
もしかしたら、言論の自由などの条件付きで、独立しない方がチベットにはメリットがあるかも知れないですしね。
今までどうり軍事を置くことと交換条件に、チベット自治区を名実ともに自治区にすることを約束してもらように持っていくこともできるわけですからね。
ダライ・ラマも、解放を求めているのではなく、”対話”を求めてるわけですし。。。
難しいです・・・。(;´д`A

そうなんです、大学時代に社会学を専攻してました♪
だから、こういう答えの出せなさそうなことを、ごちゃごちゃ考えてみるのが好きだったりします。(^-^;)ゞ
実生活ではあまり役に立ちませんが、社会学的な見方や考え方をすると、ちょっとだけ楽しくなったりしますね。(笑)
卒業して10年以上経つのに、社会学的に見る癖はなかなか抜けませんね。。。

jupiter-juzzさんも、学生時代にフロムを読まれましたか!
もしかして、jupier-juzzさんも社会学とか哲学とかを専攻されたりしてましたか?
フロムは、自由からの逃走のほかに、『愛するということ』とか『生きるということ』なんかも、すごく印象に残っています。
考え方とか、すごく影響を受けてるかも。




こんにちは。
コメントしづらいですが・・・(汗)
信州を走った平和の炎、複雑な思いで報道を見ましたが、チベット問題に詳しくない私にとっては本当に奥深くそう簡単には答えが出てきませんが、連行されながら叫び続ける男性の映像を見ながら、なぜか涙が流れてしまいました。

最近なぜか涙腺の緩んでいる私です・・・(汗)

自由と責任って大切な事のように思います。
子供にとっても親にとっても全ての人にとって根幹にある事柄ですよね。
コメントの中にあった、「無責任に自由を叫ぶ人」って言う言葉に、人として本来持っていなければならないものを改めて感じました。

今頃になって「エコはし君」の記事にTBさせていただきました・・・(汗)
よろしくです。

楽しいGWを!(笑)

タッキーさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

タッキーさんは、どんなGWを過ごされてますか?
ウチの夫は暦通りにも関わらず、間に息子の家庭訪問があったりで、なんだかバタバタしてます。
っていうか、家庭訪問に合わせて玄関周りだけ大掃除しました!(;^-^A
後半は、息子が「山に行きたい」って言ってるので、日帰りでどこか遊べそうな所にって考えてます。
岐阜奥美濃の牧歌の里を考えてるのですが、信州で動物にもふれあえそうなところで、お勧めのところってどこかありますか?

『えこはしくん』へのトラックバック、ありがとうございます!
端材で作ってみてくださったんですね♪
工務店さんの間でも、タッキーさんのように端材を利用してこういう取組みをしてくださる所が増えると、嬉しいですね。

さてさて、コメントしづらい記事へのコメント、ありがとうございます。
記事を書くときにも、コメントしづらいかなぁなんて思いながら書いてました。
私も、チベット問題にはそんなに詳しいわけじゃないんですけどね。。。

でも、これはチベット問題だけに限定されることではなく、”自由と責任”という視点で考えると、広く当てはまることなのかなとも思います。
『無責任に自由を叫ぶ』私も入れてもらったコメントを読んでハッとしました。
これって、誰でもハマってしまう可能性のある落とし穴みたいなものかなって思います。
ネット上でも、こういうことってあったりしますよね。
私自身も、自分で自分を律していかないといけないなって改めて感じました。

連行しながら泣き叫ぶ人・・・福原愛さんのところで乱入したあの人ですかね。。。
私も、あの姿にはなんか、こみあげてくるものがありました。
やっぱり、亡命チベット人として生きて、これまで体験してこられた中でああいった行動をとられた重さからなのでしょうか。

私も、最近少し涙線が緩んでます。。。(汗)

いつも丁寧にコメント返しをしていただいてありがとうございます。

多分同じ場面を見ていたことでしょう・・・
あの場面・あの状況で叫び続けるって事は、私にとって衝撃の出来事でした・・・
メディアから私達が得る情報なんて限られていますから、実際の中国・チベットの問題は計り知れないものがあるんでしょうが、私には出て行かざるを得ない必要性・ましてや逮捕されると判っていながらあそこに飛び出して叫ぶ勇気も有りません・・・

何だか重い話になっちゃいましたが、本題はここから・・・(汗)

GWは子供にとっては楽しい連休ですが、大人に取っては何かと忙しいのは誰も同じ事ですね・・・(泣)
全て忘れて連休を満喫したいです(笑)

牧歌の里・・・素晴らしい施設があるんですね~~
完全に負けました・・・(泣)
というか、私のボキャブラリー?の範囲ではそれほど充実した施設って知りません。

昨日家族で出掛けた飯田市の公園にも、山羊や木曽馬などがいたりしてそれなりに楽しめると思いますが・・・
ちなみに無料ですよ(笑)

私が出掛けるのは、近場の公園ばかりなのですが、私の住んでいる辺りが元々山の中なので、チット出掛けて山菜を採ったりしています・・・

しゃけさん一家が伊那谷へいらっしゃるんでしたら、取って置きのコースを考えてエスコートしちゃいますけど・・・(笑)

未だブログで紹介していませんが、ちょっとした公園や船下り・日帰り温泉や、イチゴ狩り・・・キャンプ場に●×▲■etc・・・『orz』って最近見ますがどんな意味なんでしょう・・・(汗)
とにかく身近に沢山有るので、私にとっては当たり前のようなもの?

凄い混むでしょうけど中央アルプスロープウェイなんてのもあるんです。
んん~~まとまらない・・・(汗)

こんにちは♪

あぶりしゃけさんの専攻と隣接する分野を専攻してました♪僕の場合、人の心にすごく興味があって人の心を探求する分野に進みました♪

社会学や文化人類学にもすごく興味があって、人を考える場合やっぱり個と社会の関係を考えていかないといけないので、社会学のタルコット・パーソンズのシステム理論なんかにかなり影響を受けてましたよ~♪

なのでフロムの著書もかなり読みました。でも内容忘れてるなぁ…。

タッキーさん、再びありがとうございます!

聖火リレーはやっぱり同じ人を見て、胸を熱くしていたんですね。。。
あそこで飛び出して訴えることを勇気と呼べるかどうかは、微妙かなって思わなくもないです。
オリンピックを利用しなくても・・・って。
でも、ああいった場所で、あのような形で訴えなければならない現状や、亡命チベット人の方たちやチベット人のみなさんの生きてこられた現実は、重くとらえる必要があると思います。
日本も、中国との政治や経済の関係で、国としては中国よりのようですね・・・。
でも、損得勘定抜きに、冷静に現状を見て各国が助言し、中国とチベットでちゃんと対話し、穏やかに解決されるといいなって思います。

さてさて、飯田のレジャー施設情報、ありがとうございます♪
タッキーさんのブログに紹介されてた公園、いいですね!
何がいいって、無料なところが!(笑)

体をいっぱい使って遊べる施設があって、動物にもふれあえて、森もある。
有料の施設では、お料理や陶芸や木工もできるみたいだし!
GWは、ツリークライミングなどのイベントもありそうですね。

牧歌の里よりも、いいかも♪

問題は、ガソリン代?(汗)
一応、昨日満タンにしてきたのですが・・・。

それでも、我が家では、牧歌の里よりも飯田市の方がいいんじゃないかってかなり傾いてます。(^-^*)
山菜採りも、いいですね♪
私、山菜が大好物なんです。
でも、スーパーで買おうとすると国内産って少ないんですよね・・・。

やっぱ、飯田市かな。。。

あっ、orzですが、○| ̄|_これと同じだと思いますよ。σ(^◇^;)。。。

jupiter-juzzさん、ありがとうございます♪

システム理論、なつかしい!(≧▽≦)
やっぱり、近い分野を専攻していらっしゃったんですね♪
どうりで、面白がるポイントなんかも似てるはずです。(笑)

私はデュルケムやウェーバーを中心に卒論なんかも書いていたのですが、やっぱり心理学とか文化人類学なんかにもとっても興味がありました。

私もいろいろ読んだ本の内容はほとんど忘れてしまってるのですが、何かの拍子に思いだしたり、やっぱりものの見方とか考え方なんかには出てきたりしますね♪

なんとなく、客観的に分析しちゃう癖みたいなのは抜けないですね。(;^-^A

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/541-33063fd2

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。