「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 植物 > 蓮華草198円  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮華草198円

2008 - 05/30 [Fri] - 14:21

昨日、近所のスーパーにお買い物に行ったのですが、ちょっとびっくりするものを見つけました。びっくり

それが、コレ。
蓮華草の苗
なんだかわかりますか?
蓮華草
蓮華草(れんげそう)の苗です!アップロードファイル
しかも、
蓮華草198円
198円もする!アップロードファイル

蓮華草って、私が子どもの頃は、田んぼに普通に生えていて、雑草だと思ってました。
それが、苗になって、しかも一株198円もするんですよ!

そういえば、最近は一面に蓮華草が生えているような田んぼをあまり見なくなりました。しくしく
なんでだろう・・・!?
不思議に思って調べてみたら、面白いことがわかりました!にこにこ

蓮華は、中国原産のマメ科ゲンゲ属の越年草。
紫雲英(げんげ)が正しい名前なんだそうです。

根っこには根粒菌の働きで丸い根粒がついて、その根粒が土の中の窒素を蓄えて、土を良くするんですって。
ですから、蓮華をそのまま土に混ぜ込んでしまえば肥えた土になるんですね♪
休耕中の田んぼ一面に蓮華を咲かせれば、それ自体が肥料の代わりにもなって、雑草が生えるのも防ぐので、天然の除草剤にもなって、一石二鳥!きゃー!

子どもの頃によく見ていた、田んぼ一面に広がる蓮華草の光景・・・。
どうやら、あの光景は、蓮華が雑草として自然に生えてきたものではなく、農家の人たちが薬を撒かずに良い田んぼを作るために、種を撒いてつくったものだったようです。

う~ん・・・。
蓮華に覆われた田んぼを見なくなったのは、蓮華の種をまいて育てる手間よりも、肥料や除草剤を使っちゃったほうが手間もコストもかからないってことなのかな。。。アップロードファイル
そういえば、稲が植わってない時期にはゴミが投げ込まれてるところもあったりして・・・。
そういうことも、なにか関係があるのかも知れませんね。泣

なんだか、蓮華草について調べていたら、とってもありがたいもののように思えてきましたよ♪にこにこ

あっ、でもやっぱり、今の時期の蓮華草の苗はちょっと時期外れのものなようです。。。顔
だって、花が咲いてるってことはこれから花が終わって枯れちゃうってことで。。。
8月下旬から11月には、種の蒔き時になるそうです♪

私が子どもの頃は、蓮華草の花びらをちぎって蜜を吸ったりっていう遊びが流行ったのですが・・・。
子どもにそういう体験をさせてあげるために、蓮華草を育てるっていうのも、アリかな。。。わほー


参照
『wikipedia ゲンゲ』

『れんげの花咲く町』



芽ブログランキング参加中♪芽
にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!




スポンサーサイト

お昼休みに職場の周りをウォーキングしているとよく見かけましたよ、田んぼ一面に生えた蓮華草。
今そこを通ると既に耕されて水も張られていました。
もうすぐ田植えのようです。

こういうちょっとした事から詳しく調べてみると思わぬ発見があって面白いですね。

それにしても198円は高い。
あの田んぼ一面全部売れたら一体いくらになるんだろうと、なぜかそういう方向へ考えてしまうたかさんです。

田舎モノのけいには、蓮華草=肥料でしたよ~♪
かわいいスグレモノ♪
庭に咲いてると良い風景になるかもね(@^▽^@)

こんばんは~

こんばんは~

 私の実家は京都市の端っこにあるのですが、家のすぐ近くには田んぼがありました。
 その田んぼは春になるとたくさんのレンゲが咲いていて、レンゲの蜜を吸ったりした記憶があります。

 あぶりしゃけさんがおっしゃられるとおり、レンゲなどのマメ科の植物は植物の3大栄養素のうちの一つである窒素を取り込む性質があるので、荒れた土地にも充分育ちますし、さらに土地を肥えさせることができるそうです。
 
 わが家もレンゲと同じマメ科の「クローバー」の園芸品種である「クローバーティントベール」をシンボルツリーの根元に植えています。

 たかさんもおっしゃっておられますが、レンゲに198円は高いですね~
 わが家の場合、その価格になると、たとえ普通の庭花であっても妻は絶対に手を出さない金額です。

たかさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

ウォーキング、続いてますね♪
私もちゃんと体のために、ちゃんと歩かなきゃ。σ(^◇^;)。。。
歩くと、微妙な季節の移り変わりなんかも、しっかりと感じることができますね♪
そういえば、我が家のまわりでもカエルの合唱が始まり、そろそろ田植えが始まりそうな季節です。

たかさんのお住まいの地域では、まだ田んぼ一面の蓮華草が見られるんですね♪
ウチの近所では、ちょっとだけ蓮華が生えてるっていうのは見られるのですが、一面っていうのは見られなくなってます。
大切に残しておきたい風景なのになぁ~。。。

そうなんです!
何気ないことでも、ちょっと疑問に思ったりして調べてみると、いろんな事がわかっておもしろ~い♪
なんか、見え方なんかも変わりそうです。

新しい知識が増えることって、とっても楽しいですよね♡

198円の蓮華草、たかさんもやっぱり高いと思いますよねぇ~!
ほんと、もう田んぼ一面いくら!?ですよね。
198円の蓮華草の苗、絶対に買わない。(笑)

けいさん、こんにちは♪
ありがと~♡

おぉ~!
けいさんは、蓮華草が肥料になることを知ってたのね♪
もしかして、これって常識だったりする?(^-^;)ゞ

蓮華草って、見た目も可愛いし、土も肥やすし、ほんとすごいよね♪
お庭に蓮華草、いいかも~♪
春にしか楽しめないのはちょっと残念だけど、シンボルツリーの根元にタネを撒いてみようかなぁって思ってます。(^▽^)

レンゲ草、最近あんまり見ませんねぇ…


代わりに休耕田には麦を植えてる田んぼが驚くほど多いです。

たーちゃんさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

わぁ~、たーちゃんさんも蓮華の蜜を吸って遊んだ記憶があるんですね♪
こういう記憶って、大人になっても忘れない、ちょっと素敵な経験だったりしますよね!
こういう経験、自分の子どもにもさせてあげたいなぁって思います。

蓮華草だけでなく、マメ科はみんな根粒ができて土を肥やしてくれるんですね♪
田んぼ一面の蓮華草とともに、田んぼ一面のシロツメクサも子どもの頃よく見ていたのですが、これも蓮華草と同じ理由で、きっとわざわざタネを撒いて育ててあったんですね!

グランドカバーにクローバー、素敵☆
「クローバーティントベール」、見てきました♪
っていうか、検索をかけたら、たーちゃんさんのブログの記事にヒットしましたよ。(^▽^)
とっても可愛いクローバー!
でもシロツメクサみたいな花は咲かないのかな?
花は咲かないとしても、土も肥やしてくれるクローバーがお庭にあるっていうのは、見た目的にもなんだか幸せな気分になれそうですね♪

でも、200円以上する苗は、かなり覚悟を決めないと買えなさそう。(;^-^A

蓮華苗198円は、たーちゃんさんもやっぱり高いって思いますよね~。
98円なら買っちゃおうかなぁって思えるのですが、198円はかわな~い!
種はいくらくらいするんでしょうね。。。

種が100円前後で買えるなら、シロツメクサと蓮華草を寄せ植えみたいに一緒に植えても、かわいくなりそうですね♪

★やぁす★さん、こんにちは♪
いつもありがと~!

★やぁす★さんのところでも、やっぱり蓮華草ってあまり見なくなった?
もしかしたら、東海地区では蓮華草の種自体が手に入りにくくなったりしてるのかなぁ~。

休耕中に麦を植えてる田んぼっていうのは気づきませんでした!
でも、麦を植えるのが、農家としては一番もうかるかも知れませんね。
小麦の値段は上がってるし。。。

麦の値段は今とっても上がってるし、食品自給率を考えても輸入に頼ってる部分が大きいので、日本の食品自給率とかを考えても、一番いいのかも知れませんね。

そういえば、国内のコメの栽培量を今へらす傾向にあるんだとか。。。
麦を育てるのは、農家の皆さんが生き残るための、苦渋の選択なのかも知れません。

こんにちは
伊那谷でも見かけなくなりました。
私が子供の頃は本当に当たり前だったんですけどね~

昔の農家では、肥料を蒔く代わりにレンゲの種を撒いたんだそうですね。

化学肥料よりも安いのか高いのかわからないですが、きっと秋起しをして化学肥料を蒔いた方がきっと効率的なんでしょうね。

伊那谷でもたまに麦を蒔いてある田んぼがあります。
この時期麦秋といって黄金色に輝く麦畑はまた綺麗ですね。

タッキーさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

伊那谷でも田んぼ一面に咲いてる蓮華草って見られなくなっちゃったんですか!?
実は、蓮華草の記事を書いているときにタッキーさんのことが思い浮かんでいて、伊那谷ならまだ蓮華草が咲く光景ってきっと残ってるんだろうなぁなんて思ってました。

ホント、私たちが子どもの頃って、田んぼに咲く蓮華草やシロツメ草はごくありふれた風景で、こうした草花でいろんな遊びをしたんですけどね。。。

なんだか寂しいですね。
きっと、今は蓮華草の種を撒くよりも、化学肥料を使っちゃったほうが、コストとか手間とかかからなかったりするんでしょね。

もしかしたら、蓮華草の種自体が手に入りにくくなってるのかも!?

麦を撒いてる田んぼは、やっぱり増えてるんでしょうかね。
黄金色に輝く麦畑、いいなぁ~♪
見てみたいです!
そういう光景って、子どものうちにみると、一生心に残ると思いますよ。
私の実家では、建て替える前まで子ども部屋の前のホールから、稲穂が風に揺れる景色が見られました。
今でも、深く記憶に残ってますよ~♪(^-^*)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/559-5399e426

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。