「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 防犯・防災 > 子どもと一緒に、地域の”危険”を考える  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもと一緒に、地域の”危険”を考える

2008 - 07/03 [Thu] - 14:28

先日、我が家の防犯診断をしていただいたときに、日本防犯住宅協会柴山明輝さんにしていただいたことが、もうひとつありました。

それは、息子の通学路の安全チェック!
家の防犯や、ご近所の防犯をしっかりしていくことはもちろん大切なのですが、ちょっと範囲を広げて、住んでいる地域がどういう場所なのかも知っておくことが大切かも知れません。
もしかしたら、本来は土地を購入する前に、その地域がどんな場所で、通学路の途中に危険がないか?
危険があるとすれば、どんな所か
を知っておく必要がある
のかもしれませんね。

特に、子どもが小学生になると行動範囲も広がりますし、またある程度自立させ始めるためにも、子どもだけで行動することも多くなりますよね。しくしく
私も下校時は出来る限り様子を見に行ったりしているのですが、それでも登下校は子どもだけになるようなこともあります。

そんな状況でありながら、不審者情報なども結構入ってくるんですよね。
愛知県ですと、『パトネットあいち』なんていう、愛知県警の不審者情報・メールマガジンからも情報が得られますね。

そんなわけで、息子と一緒に通学路を歩き、危険な場所(不審者が入りやすいところ)を考えて『安全マップ』にしよう!ということで、柴山さんにご指導していただきました。

事前に、教科書として紹介していただいたのが、この本。
立正大学教授・小宮信夫監修 
『親子で実践!犯罪・危険・事故回避マニュアル』

この中に、子どもの防犯に関する声掛けのキーワードになりそうなことが書いてありました!びっくり

私もそうなのですが、子どもに「知らない人には付いて行っちゃダメだよ!」って言い聞かせてませんか?
私自身が、子どもに言い聞かせつつも、この言葉に大きな疑問を持っていました。

・・・!?不審者は、ほんとに子どもにとって知らない人なの!?・・・

そして、もうひとつ、息子によく言ってる言葉があります。
「不審者は、必ずしも怖い顔をしていたりするわけじゃなんだよ。いい人のふりをして、本当は悪い人かもしれないから、注意してね」

・・・!?じゃぁ、どんな人のことを不審者っていうの!?・・・
・・・!?どんな人が、危険な人なの!?・・・

これって、間違ったことではないと思うのですが、客観的に考えると、人間不信になりそうですね。。。がーん

小宮信夫先生監修『親子で実践!犯罪・危険・事故回避マニュアル』に書いてあった答え・・・。

人が犯罪を犯すには、動機と機会が必要。
 子どもを狙った犯罪の場合は、子どもと接触する機会をなくせばいい。
 犯罪が起こりやすい場所というのは、犯罪の機会がたくさんある場所なのでそんな場所に近づかないようにする!


つまり、犯罪を犯すような人が好みそうな場所に近づかないようにするということですね!

 いい人のように見えて、親切にしてもらったことがあったとしても、接していて少しでも不安になったり、こわい、危険、と感じることがあったときは、自分の直感を信じていいと子どもには教えておきましょう。
 でも、近づいてくるおとなをみんな「危険な人」だと思うと、人間不信に陥り、自分だけの世界に閉じこもってしまうおそれもあります。
 そこで、場所に注目して、「犯罪が起こりやすい場所」にいるおとなには警戒し、「犯罪が起こりにくい場所」にいるおとなには普通に接してよいと教えましょう。
~『親子で実践!犯罪・危険・事故回避マニュアル』より~


では、「犯罪が起こりやすい場所」ってどんな場所でしょう・・・?


住まいブログランキング・・・

柴山さんに教えていただいた、目安。
入りやすく、見えにくい場所!
こんな場所は、不審者が身を潜ませることができて危険なんです。


これは、住宅の防犯を考える場合と同じですね。普通

茂み
例えば、こんなふうに植栽が連なってるようなところも、危険。
こんなところを歩く場合は、なるべく離れて、歩道の真ん中を歩いた方がいいですね。

歩道にガードレールがない場合・・・。
フェンスのない道路
(この車は犯罪には関係のない車ですが・・・・)こんな風に車が止まって連れ込まれる可能性もあるので、やっぱり端ではなく、真ん中を歩くようにした方がいいですね。

田圃
田んぼも、実は事件の起こりやすい場所なんだそうです。
見通しのいい場所でありながら、意外に人の目がないんですよね。
車がわきに停まって、子どもが乗り込んでしまっても誰も気付かないかも。。。
子どもって、こういう場所で遊ぶのが好きですから、ひとりで道草しないようにしないといけませんね。

車と言えば、フェンスのない、オープンな駐車場の近くで、柴山さんが息子に「先に行って様子を見てくるから、いいよって言ったら来てね」って声をかけて、先に行ってしまいました。

そして車の向こうから、
「おいで~!猫の赤ちゃんがいるよ~!!」
なんの疑いもなく、ついていく息子。。。

これが、まさに不審者の手口!!はっ!
安全マップをつくろう!・車の間
こんな、車と車の間のような場所が、とっても危険な場所になるのです。アップロードファイル

「お家まで送って行ってあげるよ」とか「ママが病気だよ」なんて、親が想像して子どもに注意を促すことができる言葉ではなく、子どもの好奇心をそそるような言葉で子どもを引きつける手口がよく使われているんだそうです。

「子猫がいるよ♪」と呼ばれて近づいて行ったうちの息子。
柴山さんが、不審者と同じようにいきなり掴みかかったのですが、息子は呆然としていました。

前日に、本を読んでいざという時の声の出し方を練習したのですが、こういうときには助けを呼ぶことも、悲鳴をあげることさえも、実際には難しいようです。泣
そういうことを考えても、防犯ブザーを持たせることは有効な対策かもしれませんね。

こういう体験をすることで、子どもは現実感をもって危険について考えることができるんだと思います。
万が一不審者が近づいてきたとしても、どれくらいの距離を開けて立てば大丈夫なのかそういったことも、体験的に学ぶことができるのかもしれませんね。にこにこ
また、1時間ほど危険な場所を考えながら歩くと、子ども自身も危険な場所が分かってきて、自分から「ここは危ないよね!」なんて、指摘できるようにもなります。

ウチの息子は、下校時に車道側の端を歩く傾向があったのですが、危険な場所を考えながら通学路を歩いてからは、まわりに応じて歩道のどこを歩くのがいいのか判断して歩けるようになっています。
たまにボ~っとしてて端を歩いていることもあるのですが、「どこを歩くのが安全だった?」って声をかけると、あわててちゃんと歩くようにもなりましたね。笑

親子で危険な場所を考えながら通学路を歩いてみると、たくさんの気づきがあるはずです。


パトカーブログランキング参加中♪絵文字名を入力してください
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!
スポンサーサイト

まさに不審者の手口!!
「子猫がいるよ~」。。。は
うちの娘でも、もしかしたら息子でも付いていきそうです。。(; ̄ー ̄A

二人とも動物大好きなので、、、


うちも
「お母さんが事故にあったから。。」とか
「お母さんから頼まれて迎えにきたよ。。」とか
言われても絶対に車に乗ったらダメだよ!!
知らない人はもちろん、知ってる人でもダメだよ!!
お母さんはそんな事は絶対に頼まないからね。
って時々言っていますが、覚えているのだろうか??

最近あまり言ってないので、また近い内にお話をしておかなくっちゃ☆

いざと言う時に大声が出せるか!?
多分、NOでしょう。。。(  ̄ ̄∇ ̄ ̄; )

学校で時々大声を出して助けを求める練習とかさせてもらえるといいなぁ。。っていつも思っています。

家で、練習していたらご近所になんか誤解されそうですもん^_^;

ベリーさん、こんにちは♪
いつもありがとう!

「子猫がいるよ」は、私自身が子どもだったころを考えても、子どもが警戒心なしに近づいて行っちゃう誘い文句だなぁって思います。
私も、子どもだったら絶対ついて行っちゃうと思うもん。

こういう手口を知っているかどうかで、きっと子どもの行動も変わってくんじゃないかって思います。
柴山さんがおっしゃってたんだけど、最近の不審者の手口は、無理やり子どもを車に押し込んだりはせずに、子どもが興味を引きそうな言葉で誘って、子どもが同意して車に乗せるんだって!

やっぱり、どんな理由にせよ、絶対にお母さんに内緒で人の車にのっちゃダメだよって教えないといけないね。
まずは、そんな不審者が出そうな場所に近づかないことが一番て、何度も事あるごとに言い聞かせるのがいいかも。

子どもって、数回言った程度じゃすぐに忘れちゃうから、何度も繰り返さなきゃですよね。

大声を出す練習、ほんと、学校でしてもらえるといいよね。
そもそも、先生と一緒に通学路の安全チェックをして、授業の中で安全マップ作りとかしてくれればいいなぁって思います。

そうそう、家で練習する場合は、窓を閉め切ってやらないとね!
あとは、走ってる車の中なんかもいいみたいです。

大声を出すのは、悲鳴よりも、「助けて~!」の方が効果的。
さらに、「おじさん、助けて~」とか、近くに居合わせた人にピンポイントで助けを求めたほうがいいそうですよ♪

ご無沙汰してます~。
忙殺されていますが、かろうじて生きています(笑い)

いやー今回の話、とても参考になりました。
危機回避に関しては、我が家では余り話題に出ないものですから、今回の記事を見たことをきっかけに子ども達に少し話をしてみようと思います。

「子猫がいるよ~」って言われたら、ウチの息子も娘も間違いなくソコに行くでしょうから・・・・。

わ~♪風神さん、お久しぶりです!
ブログも全然更新されていないようなので、どうされてるかなぁ~、お仕事お忙しいのかなぁなんて思ってました。
とりあえず先日Mちゃんのところで風神さんのコメを見て、元気にされてるんだなぁって安心しましたよ♪
私のところにもコメいただけて、とっても嬉しいです!(^▽^)

「子猫がいるよ~」は、なんの警戒心もなく子どもを引き寄せる、すごい誘い文句ですよね。
私も、この誘い方を聞いたときに、とっても驚きました。
大人でも、なんとなく様子を見に行きたくなっちゃうもん!

こういう手口があるっていうことを親も知っておいて、子どもにも知らせておくだけで、ずいぶんと危機回避につながるのではと思います。

子どもの好奇心や自立心はちゃんと育てたいけど、やっぱり今はごく身近に犯罪や危険が潜んでることも、子どもに教えていかないといけないんですよね。
悲しいことなのですが。。。

こういった不審者の手口を教えるとともに、やっぱり危険な場所もしっかり教えていきたいですね。
それから、対処法も!

「子猫がいるよ」なんていう誘い方をされたり、道を聞かれたときに、相手から腕2本分ぐらい離れて立つと万が一の時に逃げやすいことなんかも教えるといいかも。

今回記事の中でも紹介した、小宮信夫さん監修『親子で実践!犯罪・危険・事故回避マニュアル』は、子どもの危機回避についてとてもわかりやすく書かれているので、子どもたちに話をするときにとっても良い教科書になると思いますよ。

お互い、子どもをしっかり守っていかなくちゃですね!

危険

うちの子たちが通っていた小学校は現在も続いているのですが年に一度は保護者(役員)が子どもたちと登下校の道をチェックする危険箇所点検というのをやります。
「○○の生垣が生い茂っていて見通しが悪い」とか「カーブミラーが曲がっている」「ひと目につきにくく少し暗いところがある」なんて事故や犯罪に結びつきそうな場所をチェックして学校に提出します。

学校は市に取りまとめて提出しその後必要な場所は工事や草刈などが行われたりします。 
どこでもやられていることだとは思いますが・・・

最近は老人会が子どもの下校時間に合わせて腕章をつけて道端の椅子に座られて監視されています。 当番を決めてほぼ毎日です。 うちのばあちゃんも週に一度出て行きます。

田舎ですからできることかもしれませんがここまでしないと子どもたちの安全を守れないのかと悲しくりますね。 ただ親としてはとてもありがたいです。

Robinさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

Robinさんの校区、すばらしいですね!

うちの校区では、ボランティアさんが下校時に通学路に立って下さる所まではやっているのですが、保護者が通学路をチェックしたり、その声をもとに街づくりをっていうところまではやっていないようです。

行政の方からも、積極的に危険から住民を守る取り組みをしてくださるっていうのは、本当にありがたいですね!

「地域での子育てを」ってスローガンではよくありますが、そうして実際に行政が防犯対策にまで手をかけてくれる地域ってそんなに多くないんじゃないかな?
私が知らないだけかも知れないけど。σ(^◇^;)。。。

ただ、通学路に立って下さるボランティアさんは、犯罪の抑止力にはなるかもしれないけど、何か起きたときに助けてくれるのは難しいかなぁなんてことも思ったりします。
やっぱり、地域で守っていただけることに感謝しつつ、並行して子どもに安全教育もしていく必要があるんじゃないかな。
最終的には、自分の身は自分で守らないと・・・。

でも、ほんと、ここまでしないと安全を守れないっていうのは、とっても悲しいことですね。
今日もまた、メールで地域の不審者情報が入ってきました。
本当は、あんまり「危険、危険」って子どもに言いたくないんですけどね。
それでも、仕方ないですね。。。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/578-519d2dfb

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。