「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> お出かけ > 夏休みを楽しもう!2008~あいち子ども芸術大学 特別講座  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みを楽しもう!2008~あいち子ども芸術大学 特別講座

2008 - 08/04 [Mon] - 17:58

先週の土曜日、またまた息子とお出かけしてきました♪

愛知芸術文化センターで開かれた、あいち子ども芸術大学2008野村萬斎 学長特別講座『狂言から学ぶ‐現代に生きる狂言‐』に参加して来たんです。
あいち子ども芸術大学
愛知県内の小中学生を対象にしたあいち子ども芸術大学は、音楽、美術、ダンス、造形、演劇など、第一線で活躍する芸術家の皆さんが講師を務められて、実際に体験しながら学び、芸術を身近に感じられる講座が愛知県げ芸術文化センターを中心に、県内各地で7月から来年1月まで開催しています。

今回は、その学長を務められていらっしゃる野村萬斎さんの特別講座。
あいち子ども芸術大学 (2)

野村萬斎さんは、NHKの『にほんごであそぼ』にも出演していらっしゃって息子も興味を持ってはいたのですが、それ以上に、もともと演劇とか伝統芸能も大好きな私にとっては、あこがれの人です。

なので、息子をダシに私自身が楽しませてもらったった感じですね♪腟

『狂言から学ぶ-現代に生きる狂言-』っていうタイトルに、講座を受ける前までは、どんなに難しいお話をされるのかと思っていたのですが、
人を喜ばせるにはどうすれば良いのか
”学ぶ”というのはどういうことか
こんなことがお話の中心でした。

「人が喜ぶ=面白がる」っていうのは、ふざけた中からでなく、真面目に、きちっとした形をたもつことからこそ、生まれる・・・、
人を喜ばせるには努力が必要で、それは楽しいばかりではなく、つらいこともある。


これって、狂言だけでなく、実際の生活にも当てはまることですよね。腟
私も真面目に、ちゃんと取り組めるようにならねば。。。

そして、学ぶこと。
”学ぶ”っていう言葉は、もともとは”まねぶ”といって、真似することを言うのだそうです。
狂言のお稽古も、師匠の型を真似することからはじまるのだそうで・・・。

でも、私たちも生活の中で無意識にやっていることなのかも知れません。
お料理を作ったりするときにも、レシピを見たりして、真似してつくるところからはじめますよね。腟
そういえば、お家づくりをしてるときにも、いろんなブログやHPを見たり、雑誌を見たりして、素敵だなぁって思うものをいっぱい取り入れたかも。

野村萬斎さんに直接指導をしていただく、抽選で選ばれた20人の子どもたちを中心に、ごあいさつ(お辞儀)の練習に始まり、狂言の中のキノコの型、狂言の笑いと泣きの型などを教えていただき、体験しながら学ぶことができました。

最後には、『附子(ぶす)』という演目の狂言も見せていただけて、よく初心者向けに演じられる附子は、息子にも面白さがわかるようで、息子も大笑いしながら見てましたよ。腟

約1時間半の講座でしたが、とっても充実した時間を過ごすことができました。
子どもと一緒に(子どもをダシに?)こんな楽しい時間を過ごせるなら、夏休みも結構いいかも~♪(笑)

でも、息子は息子で、また違うところに思惑があったようで。。。
次回に続・・・いてもいいかなぁ?


ブログランキング参加中♪絮宴
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!
 

スポンサーサイト

こんばんは
狂言から学ぶ…最近は中々こういった機会はないので私も是非学びたいと思いました。お子さんの違うところの思惑も気になりますねぇ

ノリスケさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

狂言って、何か特別なもののような気もするのですが、演じるのは人。
人のかかわってるものって、どんなものでも実際の生活と深くかかわりがあるものなのかも知れません。

こうして、いろんなところから学ぶことって、なんだかとっても楽しいことですよね♪

息子の思惑は・・・「やっぱ、子どもの考えることだよね~!」って感じです。(笑)
ではでは、続いちゃおうかなぁ~。(^-^*)ゞ

おはようございます~

野村萬斎さんの講座、ニュースで見て
行きたくなっちゃいました。
(って、まだ子供がいないミーには無理でしたが・・・)

あーやって、小さい時から真剣に、でも入りやすい形で
日本の伝統芸能を学ばせるって
とても大切な事だと思います。
伝統芸能って、人として忘れてはいけないことが
いっぱい詰まっていると思うから。
(仁義・礼 とか)

話は変わりますが、息子さんの思惑とはいったい・・・
次回を楽しみにしています!!

おはようございます。
いよいよ来ちゃいました。
据え付け当日です。
先月から会社に休みの希望を出して休みを取っていましたから、もし雨でも降って延期になろうものなら・・・
休みが無駄になるトコでした。
でも今日は突然の夕立を除けば天気の心配はなさそうで
よかったです。
一日で建っちゃう家・・・
なんだか微妙な気分ですね。
そろそろ現場に行ってきま~す。
今まで色々知恵や意見を頂いてあぶりしゃけさんには本当に感謝しています。
ありがとうございました。
完成までにはまだ2ヶ月近くありますがもしこちらにいらっしゃるような事があればいつでも連絡下さい。
モンキーパークなんぞもありますよ(笑)

こんばんは~

 こんばんは~
 野村萬斎さんって、すごい人だったんですね~
 確かに「人を喜ばせる」というんは、すごい努力を要するものだと思いますね~
 「仕事」も、お金だけだったら続きませんが、人に喜んでもらった喜びを知れば、どんなに辛くても続くものですが、それは努力が報われるからなんだと思います。
 最近の若い人がすぐに仕事をやめるのは、人に喜んで貰うことの喜びを、職業から見出せないことにあるのではないかと思います。でも、その喜びはあぶりしゃけさんの記事にも書かれているように、努力が必要なんですね。

 真似ること・・これも大事なことですね。オリジナリティーは模倣から始まるものだと、私も思います。

ミーさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

野村萬斎さんの講座のニュース、いろんなところでやってましたよね。
8月9日(土)の午後5時26分から東海テレビの『リポートあいち』っていう番組では、3分間でリポートされるそうです。

私も、子どもがいない頃はこうした講座よりも、ひとりで舞台を観にいったりすることが多かったのですが、最近では、親子で体験できるワークショップが中心になってます。
子育ては大変だけど、たまに親子でこうした時間が持てると、子どもがいてよかったぁって思いますよ。(笑)

新しいもの、海外のものにも、よいもはたくさんあるとは思うんですが、やっぱりまずはこうした日本の伝統的な文化に触れることが大事なのかなぁって思います。
ミーなんのおっしゃる通り、”礼”とか人として大切なことを学ぶことができますよね。

それに、日本の伝統的なものの魅力を知っているからこそ、新しい文化や、海外から入ってきた芸術の良さがわかるっていうこともありますよね♪(´▽`*)

息子の思惑は・・・「やっぱり子どもね~」って感じです。(^-^;)
明日にでも、また更新しま~す♪

かわっちさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

そして、据え付けおめでとうございます!(ノ>ω<)ノ :。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚'☆
とっても良いお天気になって、良かったですね☆
きっと、かわっちさんファミリーにとって、とっても思いで深い日になりましたよね。(^▽^)

空飛ぶユニット、すごかったでしょ♪
たった数時間で、みるみる内にお家の形になってくるのも、感動じゃなかったですか?(^-^*)

ここ数ヶ月間、かわっちさんとはなん度もメールさせていだいたり、実際にお会いしたりして、かわっちさん邸のお家づくりのお話をできて、私自身もとっても楽しくて、私の方こそ、かわっちさんにはとても感謝しています。
かわっちさんの据え付けは、自分のことのように、とっても嬉しいです。
なので、今日はお祝いに伺いたいなぁって思っていたのですが、調整できなくて残念。。。(´・ω・`)

これからお家の中を造っていくために、現場監督さん、大工さん、クロス屋さん、電気屋さん、水道屋さん・・・って、とってもたくさんの職人さんとに出会いがあると思います。
こうした、かわっちさん邸にかかわってくださる職人さんの思いも聞けると、ますますお家に対する愛情も深まると思いますよ。

おそがしいとは思いますが、できる限り現場に足を運んでみてくださいね!

私も、建築中に、ぜひお伺いしたいなぁって思ってます♪

ボクも確か中学生のときに狂言を体育館でみたことがありました。初めは狂言なんてと思ってたんですけどこれが本当に面白くて。なかなか見る機会なんてないのでよい経験になった覚えがあります。しかし学ぶってのはまねぶだったんですか…それは知りませんでした…なるほどですね~

たーちゃんさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

野村萬斎さんの受賞歴だけを見ても、すごいですよね~。
お父様の野村万作さんは、無形文化財!
でも、そんな肩書よりも、実際にお会いするとその人からにじみ出てくるものが本当にすごいなぁって思いましたよ!
一つのことを極めていらっしゃる方っていうのは、とても強く、素敵です。

たーちゃんさんがおっしゃる通り、『「仕事」の本質』は『人に喜んで貰うこと』なんだと思います。
どんな小さなものだとしても、その先には絶対に人がいる。
直接、その人の顔は見られないとしても、それを意識できるかどうかによって、仕事に対する考え方や取り組み方も違ってくるのかもしれませんね。
モノの先にいる人を意識して、喜ばせるために努力できる人が、本当のプロなのかなって思います。

そんな人は、カッコいい!(^▽^*)

>オリジナリティーは模倣から始まるもの
私も、そう思います。
まずは、真似て基礎を身につける。
そのうえで、「こうしたらよりよくなるのに」って工夫することが、オリジナリティーであり、新しいものを生む力になりますよね。

あのエジソンでさえ、発明品の中には、模倣から生まれたものもあるんじゃないかって言われてるそうです。(笑)

島さん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

島さんの狂言デビュー(笑)は、中学時代でしたか!(^▽^)
私が初めて狂言を見たのは、高校時代でした。
私の卒業した高校はちょっと変わってて、文化祭がないかわりに、「文化行事の日」とか言って、毎年、全校で伝統文化を見る日があったんですよ。
その時に、初めて狂言を観ました。
他に、歌舞伎や能、三河万歳なんかを初めて観たのもこのときでしたね。

伝統文化って、先入観で「つまらないかも」なんて思いがちでしが、実際に生で観てみると、とっても面白いですし、感動することやそこから学ぶこともいっぱいありますよね♪
私自身のそんな体験もあって、息子にはいろんなものをみせたいなぁって思ってます。

「学ぶ」が「まねぶ」から来てるっていうのも、興味深いですよね~。
そういえば、受験生だった時に、小論文の勉強で「ひたすら新聞のコラム欄を写してくる」っていう課題を出されて、毎日毎日、天声人語を書き写してた時期がありました。
でも、今思えば、これが学ぶっていうことだったんだなぁって思います。
あの頃それに気づいていれば、もうちょっと真面目に取り組んだかも。(笑)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/594-14555bd5

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。