「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 整理収納【雑記】 > 整理収納の先にあるもの。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整理収納の先にあるもの。

2009 - 02/22 [Sun] - 15:24

まるまる2日間、ガッツリ整理収納アドバイザーの勉強をしに行った大阪から、昨日の夜、帰ってきました♪腟
やっぱり、わが家が一番ホッとします~。
ホッとしすぎて、今朝起きたのが11時半!(爆)
もう、どんなけグウタラなんだか。sn
いやぁ、ほんと夫には感謝しなくちゃです。。。腟

さてさて、整理収納アドバイザー1級予備講座。
予備講座って言うくらいなので、来月19日にある試験の対策のための講座でした。
2級講座の時には、自分自身が整理収納上手になるための講座だったのですが、今回は「整理収納に対して困っていらっしゃる方のお宅を、整理収納のプロとしてどうアドバイスして、その方の整理収納を促進するために、どのように力添えできるのか」それを学ぶための講座でした。腟

整理収納の仕上げとして、美しい部屋に仕上げるために、家具の配置と動線や、カラースキームや素材感などのインテリアについても勉強してきました♪
でも、このインテリアの部分って、整理収納ではあくまで仕上げの段階で、大切なのはそのもっと前の段階なんですよね・・・。

雑誌に載っているようなおしゃれな収納を真似してもいまひとつうまくいかないのは、その辺にも理由があるのかも知れません。
前にも書いたことがありますが、雑誌に載っているお宅は、収納の前の整理がすでに出来ていて、不必要なものがない状態
そのステップを踏まずに、美しい収納って言うのはありえないんだと思います。

でも、今回の講座では、その整理のさらに前にある、とても大切なことに気付くことが出来ました!

多分、それは、その人の性格や住まい方、それからどんな暮らしがしたいのか・・・そんなことが、一人ひとり、そして住まう家族ごとに違う・・・そんなところにあるんだと思います。

美しい収納をしているお宅。
でもそれは、その人、その家族に合わせた整理収納の結果。
それを真似ようとしている自分自身は、見た目とは違う、もっと深いところで、”美しい。まねしたい”と思っている収納のお宅とは違っているのかもしれません。


表面の美しさだけをなぞっても、その奥のものが違うのならば、その収納はその人にとっては間違っているのかも知れませんし、その人にとってもっと適した整理収納の方法があるんだと思います。腟
今までの私が、まさにこの通りで、自分自身の整理収納のスタイルも、この先少しずつ変えていったほうがいいのかなぁなんて思ってます・・・。腟

講座の中で、こんなグループ実習がありました。

ツブツブのお花の様なクロスの様な( ̄ε ̄;Blue(白い背景用)新築の分譲マンションに住んでいる奥様からの依頼。
「小学1年生になるA君の子ども部屋を、今まで和室でお母様が選んだ洋服に着替えていたA君が自分でお着替えが出来るようなに整理収納してください。」
こんなご要望。
しかも、この奥様はインテリアや収納がお好きな方で、クローゼットがおもちゃで占領されているA君のお部屋以外はとてもおしゃれにきれいにされているとのこと。
でも、そのA君のお部屋も決してごった返しているわけではなく、クローゼットの扉を閉めてしまえばおもちゃも隠れてしまって、お部屋はスッキリきれいに見えます。
そんなお部屋を、A君が自分でお着替えできるように改善することが課題。


実習では、こんなご要望をかなえるために、奥様にヒアリングする項目を出し(講師の先生がそのヒアリングに答えてくれる)、グループで具体的な整理収納プランをざっくりとした図面にしてプレゼンしなさいと言うものでした。

グループそれぞれに、そのご要望から収納の目的、テーマを見つけてプレゼンをするんです。
それぞれのグループの発表では、面白い着眼点がいっぱいありました♪
お部屋の中にスタイリングコーナーを設けた収納とか、子どもがなるべくお洋服やおもちゃを出し入れしやすいように1アクションで出来る収納とか・・・。
私自身も、他のグループの方たちのプレゼンを見て、すごくワクワクするようなプランも出てました。腟

そんな中で、私たちのグループでは・・・。
このご要望の奥で、奥様がさらに望んでいらっしゃるだろうと予測できることと、子どものものをすべて子ども部屋に置いてお着替えも子どもだけに・・・っていうことに隠された危うさに注目しました。

お着替えを自分で出来るようにさせたいと言うことは、それをきっかけとしてAくんの自立を促したいと言うこと。
でも、子どものものをすべて子ども部屋に納めて、その上自立しなさいとA君に課すことは親子の間で距離感のようなものが出来るのではないか・・・。
それに、1年生の子に、いきなり「自立しなさい」って部屋を整えたとしても、すぐに出来るようになるわけはないですしね!腟

そこで、私たちグループでは、子ども部屋一つではなく、A君が1日を家の中でどう過ごすかから考えてはじめました。
お部屋に自分のものがあっても、勉強するときにはリビングやダイニング・・・。遊ぶときだって、お友達が来たとき以外は、やっぱりリビングまで運ぶでしょうし、寝室が和室なら着替えは寝る前に用意して和室に持ってきたほうが便利ですし!

最終的に、私たちのグループがたどり着いたプランは、「現在の成長段階にあわせた、自立を促すための収納」!
おもちゃも、種類ごとなどに細かく分類してカゴなどに入れたものをカラーボックスに収めて、A君が楽に持ち運び出来るようにしたんです。
お洋服も、カゴを用意して、それに次の日に着る服を入れて寝室に持ってきましょうと・・・。
さらに、そのお洋服を入れるかごは、お洗濯物を取り込んだお母様がA君の分だけを入れて、A君が自分でクローゼットの中に片付けられるようにお手伝いカゴとしても利用しましょうという提案となりました。

もちろん、そのための部屋全体の収納プランもしっかりと決めたんですけどね。腟

私一人だったら、ここまでプランを詰めることは無理でしたし、こんなプランができたのがグループになった人たちみんなで考えて意見を交わしたからこそ出来たプランだと思います。
腟講座で同じグループになった皆さん、ありがと~!試験の準備はすごく大変だけど、みんなで一緒に合格できるようにがんばりましょうね~!!頑張るぞ。おーっ。

さてさて、話がものすごく遠回りしてしまいましたが・・・。腟
この実習をしているときは、もう必死だったので分からなかったのですが、帰ってきてからもう一度振り返ってみて気付いたことがありました。びっくり

整理収納・・・。
それは、単にモノを使いやすく美しく収めるということだけでなく、その先の、人の暮らし方・住まい方・果ては生き方にまで影響を与えることなんじゃないかって・・・。

「子どもが一人で着替えられるようになるように」
その一つの要望をかなえることでも、そこから、着替える場所や着替え方、そのほかのモノの収め方や使い方によって家族との関わり方のようなところにまで、影響を及ぼしてくることなんじゃないかって感じました。

わが家の家づくりをしたときに、私はこの家で家族がどんな風に暮らし、これからどんな風に時を重ねて行きたいのか・・・そんなことを、くり返し何度も何度も、考えてきました。
「どうなりたいのか」それを元に、”家”っていうモノを考え、多くの方たちの力をお借りしながらカタチにすることが出来たんですよね。

整理収納も同じことで、自分や家族がどう暮らし、どうモノや人とかかわり、どう生きて生きたいのかそこが一番大切なところなのかもしれません。

整理収納って、奥が深いわぁ~!!腟

来月の19日には、整理収納アドバイザー1級の試験です!
90分間の筆記試験と、20分間の研究発表。
研究テーマを決めるところからはじめて、1ヶ月弱でまとめて発表できる状態にしなきゃいけないんだけど。。。
あぁ~、研究テーマ、何にしようかなぁ~。腟

ブログもしばらくは、また更新頻度が落ちてくるか、それとも試験の研究発表に関したつぶやきみたいな記事が増えるかもしれませんが、どうかお許しくださいませ~。腟究


家ブログランキング参加中です音符
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ 人気ブログランキング
片付け・収納カテゴリーにも登録してみました!
マウス(左クリック)ポチッとしていただけると、励みになります。
よろしくお願いします♪

文字ばっかりで、しかも長文の記事、お付き合いいただきありがとうございます!
スポンサーサイト

興味深いお話でした。
私も自分と家族にとっての使いやすい収納を考えている途中です。
整理収納アドバイザーの試験がんばってください!

もうコメントする言葉も無い位に色々考えちゃいました
ハイ「思いを言葉にするのが面倒なだけでしょ?」とか言わないでっ!w

こんな風に手段を問わず(ブログ)啓蒙活動をしていくってのも1級の目指す所なんでしょうね・・・
ん?ならばあぶりしゃけさん、もう合格です♪

整理整頓するのが目的では無いですもん
それぞれの人が想い描く、よりよい暮らしをする為の手段ですからね~
道に外れちゃうんですけど、エコも同じかなってよく思うんです
エコが目的になっちゃうと楽しいのかなぁ・・・と
(自身は楽しくても周りは振り回されるって話しもよく聞きますし;)
その辺は思う事があるので後日ブログで呟こうかと思ってますw

目標目指してがんばりましょうね!
そうそう、こちらの目標の大会は兵庫開催なんで僕も西方面に行きますよ~w

あぶりしゃけさん、大阪からおかえりなさ~い。
私の住んでるところはそこから新幹線で1時間くらいなのかなぁ、もっとかな?
子どもがいなかったらホテルに差し入れ持っていきたかったです~!!

整理収納アドバイザーというだけあって、ただキレイに整理をすることが目的ではないんですね。
すごく考えさせられました。

子どもの成長に収納は関係ないかと思っていましたが、
そうではないんですね。
これは私にとってすごく発見で、そして今後の私の課題にもなりそうです。
実は長女は私と違ってわりとキッチリした性格なんです(B型のてきとーさもありますけどね!!!)
場所を決めてあげると自分で取ったり戻したり。
今は次女が取れる位置には幼稚園の物を置いてないことで、私が取って渡すという感じなんです。
今は収納スペースが限られているので無理ですが、新居では長女が幼稚園の準備を一人で出来るように一応私なりには考えています。
特に何も意識して考えたわけではないんですが、考え方を変えて長女に続いて次女も自分のことを自分で出来る一歩と考えた収納作りを目指してみようかと思います。

すごく興味深いお話、ありがとうございます!
また子どもの収納なんかのアドバイス、よろしくお願いします☆


MEMEさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

MEMEさんは、整理収納、とってもがんばっていらっしゃいますよね♪
いつも読み逃げばかりで申し訳ないなぁって思いながら、MEMEさんのブログでも勉強させていただいてます。(^-^*)ゞ

でも、誰かのブログや雑誌なんかを見て勉強するのは、素敵だからその通りにまねしてみるって言うことではなくて、「こういう方法もあるのね!」って収納グッズや方法を学ぶため。
「この人は、この収納に至るまでに何を考えて、何を目的にしてるんだろう・・・」そんな視点で収納上手な人のことを見てみると、さらに面白いかなぁって思います。

私も、わが家の整理収納と、それから試験!
両方ともがんばりまっす!p(^▽^)q

あきさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

啓蒙活動なんていうほど大げさなものじゃないけど、1級予備講座を受けてきて、私自身も今までの整理収納に対する考え方がちょっと変わりました。(^-^;)

そうそう、あきさんの言うとおり、整理収納することが目的ではなくて、それぞれの人が思い描く暮らしをするための手段に過ぎないんですよね~。
でも、私自身もそうなんだけど、整理や収納することが好きだと特に、それ自体が目的になってることに気付かなくなったりしちゃいます。
お家造りをしてるときにも、目的を見失って家づくりそのものが目的のように感じちゃうことってあったでしょ。(;´▽`A

うんうん、エコも同じようなところがありますよね~。
そして、エコ自体が目的になってしまうと、なんだか強迫観念のようなものが出てきて、周りも振り回されちゃうし、その人自信の精神的な健康にもよくないような気がします。

エコも整理収納も、その人の生き方、ライフスタイル。
エコや整理収納っていう”手段”で改善したり、実現したりすることが出来るんですよね♪
そう思うと、整理収納やエコも、もっともっと楽しくなるかなぁっておもいます。

そうそう、あきさんは目標に向かっての修行は進んでますかぁ?
私のほうはやっと研究テーマを決められて、なんとか昨日から着手できました。
でも、本当にこのテーマでいいのか、まだ迷ってるのですが。(汗)
お互い、目標を達成できるようにがんばりましょうね☆O(^▽^)O

りんさん、こんにちは♪
いつもありがと~☆

りんさんのお住まいのところは、大阪からさらに西へ1時間な感じなのかな?
そういえば、去年だったか、「お菓子博覧会」みたいなことをやってところですよね?(^-^*)ゞ
ニュースを見ながら、夫に「行こうよ~」って誘ったら、「日帰りじゃ無理~」って言われて断念したことがあります。
1泊計画で行って、りんさんとプチオフするかなぁ~。(笑)

そうそう、そうなのです。
整理収納アドバイザーって、ただ困っていらっしゃるお宅をきれいに片付けるっていうわけじゃなかったのです。
お困りのところから、整理収納の目的やライフスタイルの希望などを見つけて、それを実現するための手助けをするのが整理収納アドバイザーの役割なんです。
さらに、その後の『整理収納を”促進”すること』も!
私が思ってたより、ずっと奥が深かったです。(汗)

整理収納の効果は、大きく分けて【1】経済的な効果(無駄買いがなくなる)【2】時間的な効果(探し物をする時間が減る)【3】心理的な効果(きれいに片付くと気持ちが良いなど)っていう3つの効果があるって言われます。
でも、子どもっていうことに焦点を当てると、さらに、成長や自立を促進したり、コミュニケーションにも影響を及ぼしたり、今後、お片づけが得意になるかなんてコトにも影響を及ぼす可能性があるんです。

私も、今までこういうことを考えないまま、大人目線の収納をしていたので、息子のものの収納は少しずつ見直していく必要があるかなぁって思ってます。

「片付けられない人は、脳のどこかが・・・」なんてことを言われることもありますが、整理収納って必要なもの不必要なものを分けたり、ブループごとに分けたりって、整理収納の手段は区別に始まって区別に終わるって行ってもいいくらいなんですよ。
なので、子どもの頃から区別しやすい環境を作ってあげると整理収納が好きな子になるかも知れません。

りんさんのところの長女ちゃんは、この辺はもうしっかり出来てそうですよね♪
長女ちゃん、ちゃんと指定席にモノを戻せるようになって、それを楽しんでいるなら、お支度やお片づけを自分で出来るように定着させるチャンスかもしれませんね!
そうそう、小さな子どもは何かに引っ掛けると言う作業はちょっと苦手で、棚に入れたり出したりしたり、カゴやボックスにそのまま入れたり出したりっていう作業は得意です。
あと、小さな子ほど出し入れするまでのアクションが少ない方が使いやすいですね。(^-^)
長女ちゃんと次女ちゃんの発達状況にも合わせて、収納の仕方にも一工夫してみるのもいいかもって思います♪

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/781-fea0ede9

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。