「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 整理収納【自宅】 > お片づけ下手な子を変える言葉  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お片づけ下手な子を変える言葉

2009 - 04/08 [Wed] - 17:10

先日の記事の続きです♪腟

片付けられない男だった、ウチの息子。
「片付けて~!!」から、ちょっとだけ違う言葉に代えたら、以前よりもずっとお片づけが出来るようになりました。アップロードファイル

その言葉って言うのは・・・、

「いるモノといらないモノを分けているモノは指定席に戻して!」

です。腟
引っ張った割にはたいしたことなかったりして。。。腟

去年、息子が全然お片づけが出来なくて困っていたときには、とにかく「使ったら元の場所に戻して!」って言ってたんです。
でも、整理収納アドバイザーの勉強をするうちに、もしかしたら机の上がぐちゃぐちゃな状態では何から手をつけていいのか息子も分かっていないんじゃないかって思うようになって。。。腟

子どもに限らず、整理収納をするときにはまず、番号用数字*Rivet-PalePink-1(白-薄い背景用)必要なものと不必要なものを分ける(整理)っていう手順を踏んでから、番号用数字*ピンクの小粒-2(白-薄い背景用)使用頻度や使用場所、時期、目的、種類なんかによってグループ分けして仕舞う(収納)っていう、整理と収納二つのステップを踏んでるんですよ。
厳密に言えば、もっといくつものステップを踏んでいるのですが、どちらにしても、お片づけにとって大切なのは分ける(区別する)っていうことなんです。

なので、子どもに声をかけるときには、この”分ける”って言うのをちゃんと言ってあげると、お片づけしやすくなるのかもしれません。腟

例えば・・・・
STEP1ぐちゃぐちゃ
最近ではこうなることも少なくなってきたのですが、ぐちゃぐちゃの机の上。
(子どもが散らかす過程を考えて、私が散らかしました。^^;)
漢字の勉強をしていて片付けないまま科学の実験セットで遊びだして、さらに片付けないままチラシに興味を持ち出すとこういう状態になります。(笑)
どこから手をつけたらいいのか分からない、最初の状態がこんな感じですね。腟

この状態から、「分けて!」って声をかけて、とりあえずグループごとで分けてみるとこんな感じ。腟
STEP2分ける
チラシ、科学実験セット、漢字の勉強に使っていたノートと本と筆記用具、辞書、将棋の本とクロスワードみたいな本の切れ端。
ぐちゃぐちゃの机の上に乗っていたものと全く同じなのですが、分けてみるとお片づけできそうな気分になりませんか?腟

ここからいらないモノを除いたのが、この状態。
STEP3いらないものを取り除く
それぞれを指定席に戻すと、きれいな机に戻るんです♪zzz
すっきり

「元に戻せなければ、せめて、とりあえず机の端にそろえて置いて!」・・・なんていうことを言うときもあります。汗
せめてそろえて置いてみる
全体が散らかってるよりも、揃えて置けばちょっとはましになる。。。腟

分けるっていう作業は、慣れないうちは子どもだけでやるのは大変かもしれませんが、何度か一緒にやるうちに息子も一人で出来るようになりました♪腟

「片付けられない人は脳が・・・」なんてマスコミで言われてたこともありますが、(痴呆などの特殊な場合を除いて)”分ける”ことと”分けたものを指定席に戻す”習慣がつけばある程度お片づけは出来るようになるんじゃないかなぁって思います。
あっ、いらないモノは思い切って処分する習慣も!

子どもにお片づけをさせる場合には、もちろん最初にざっくりと指定席を決めてあげることは必要ですよね。腟

ちなみに、ウチの子ども関係のものの指定席なのですが、


ブログランキング…

 
おもちゃの指定席
おもちゃは2階のキャビネット。
筆記用具の指定席
筆記用具は机の引き出し。
日ごろ使っている問題集やノートの指定席
普段の勉強に使う問題集や塾の宿題などは机の上に立てる。
とりあえずおいていいとこと1 とりあえずおいていいところ2
学校から持ち帰ってきたものや、マイブームでよく遊んでいる実験セットは本棚の空いているところに。
かごの中
本棚の無印のかごの中には、パパとおじいちゃんに買ってもらったポケモンカードが隠してある・・・w

あと、教科書類はワゴンの中。。。

と、こんな感じで、本当にざっくりと指定席を決めてあります。
本棚は、もうちょっとスッキリさせるためにかごを入れて実験セットなどをまとめて放り込めるようにしたいなぁって思っているのですが、なかなかサイズが合うものが見つからずに探し中。腟

そうそう、本棚の収納に余裕がいっぱいあるのは春休みに持って帰ってきていたものを新学期で学校に持っていったからです。
収納スペースに余裕を持たせておくと、長期休みに持ち帰ってきたものも片付くのでいいですよ~♪

・・・と、片付けられない男(息子)をちょっとお片づけ上手にした言葉から、お片づけのステップと我が家の子どものモノの収納について書きました。腟
今日はなんかまとめられない。。。(汗)

・・・あっ、すっごく散らかってくると、「机の上がゴミ屋敷になっちゃうよ~!!」とかもよく言ってるかも。。。腟


勉強ブログランキング参加中です♪机
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ 人気ブログランキング
マウス(左クリック)ポチッとしていただけると、励みになります。
よろしくお願いします♪


スポンサーサイト

こんばんは!!!
なるほど、奥が深いですねぇ…
どちらかと言うとわが家は夫婦、子供含めて片付けは得意ではありません。
ですので家を建てた時には、適材適所に多くの収納スペースを配置、全てそれらの中に入れて、扉を閉めると何にもなくなるように収納を考えました。
でも…ただ突っ込んでいるだけに近いのでもう少し指定席を増やし、自由席はなるべく少なくしようと思いました。

なるほど~!!!

そういう言葉かけの方法もあるんですね☆


・・・が、しかし。。。
まず、最初に指定席を一緒に作ってあげないといけないんですね。。。^_^;


これは、子供のお片づけだけではなく
家の中の整理整頓もこの方法でやって行かないといけませんねぇ、、、


まずは「分ける」ことからだね☆

私も、そこから頑張らなくっちゃ!!です。。。^_^;

おぉ~・・・なるほどっ
まず分ける!ですかぁ~

何気なく「おもちゃ片付けて!」と言ってしまいます;
確かに分けて、それぞれの場所に戻すのって教育にも良い事ですよね
あ、その前に指定席とちゃんと作らないと・・・それは大人の役目ですよねorz

「おっかたずけっ!おっかたずけっ!さぁさぁみんなでおかたづけっ!」
と言う保育園で歌っていた歌があるんです
息子が前にお家でおかたづけしながら
「さぁさぁヒトリでおかたづけっ!」と歌ってましたw
もちろん悪気は無く、単なる覚え間違いなんですけどね;
親的にグサっと来る歌でしたよ・・・
一緒におかたづけするよぅorz

わかりましたっ!
子ども達に、ひと言足して声かけしま~す♪

新居ができたらまず、あぶりしゃけさんおすすめのマスキングテープを使って、指定席をはっきりさせたいと思います!(まだ見積もり段階ですが・・・)

現在、いるものいらないものがごちゃ混ぜ状態です。
今のうちに、いらないものはどんどん捨てる癖がつくよう、努力します(* ̄0 ̄)ノ

ノリスケさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

隠す収納はいいですね~。
お家の建てる段階から、適材適所に収納を確保できるのがやっぱり理想かなって思います♪
本当は収納家具も出来る限り減らして、作り付けの収納に仕舞えるのが一番スッキリすると思う~!(´▽`*)

整理収納は、色々勉強しだすとものすごく置くが深いなぁ~って思います。(;^-^A
でも、基本は”分ける”ことなんですよ~。
「要る物と要らない物を分ける」「使用頻度で分ける」「使用場所で分ける」「使用目的で分ける」「使う人で分ける」「種類で分ける」・・・って、とにかく分ける!(笑)

分けて、ざっくりでもいいので指定席を決めて、そこに戻すようにすると片付きます♪

あっ、でも、とりあえず何でも入れられるような指定席も大事だと思います!
ウチにも、「とりあえず仕舞っておく」自由席がいくつかあります。
分けにくいものもありますからね~。(^-^;)

自由席、必要です♪

ベリーさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

大人もそうなんだけど、特に子どもが散らかしてる時って、おもちゃとか本とか、必要なものに混じってチラシとかいらないものも混じってることって多くないですか?

まず要らないモノと要るモノを分けることから始めると、お片づけをやろうって言う気持ちもちょっと高まってくるんじゃないかなぁって。

子どもがもっと小さいときは、叱るときにはなるべく具体的に「こうしちゃダメ」とか「こうしたほうがいいんじゃない?」っていうことを言ってたはずなのに、大きくなってくるにつれて「片付けなさ~い!」とか「勉強しなさ~い!」なんてざっくりした注意の仕方をするようになって来てたんですよね。。。
なので、ちょっと具体的に「要るモノと要らないものを分けて、要らないものは捨てて、要るモノは元の場所に」って言葉を付け加えたら、うちの子もお片づけの仕方が分かったみたいで、ちょっとできるようになりました。(;´▽`A

分けることも習慣になってくると、ちょっと楽しくなってくるみたいです♪
って言うか、大人も『分けること』を意識して整理収納しだすと、ちょっと楽しくなってくると思うよ~。
私自身が楽しいって感じてたりして。(笑)

モノの指定席は、子どもが小さいうちは大人が決めてあげなきゃいけないけど、子どもがある程度大きくなってきたら自分で考えさせるのもいいかも?
この間の『左利きの子どもの机』の記事で書いたみたいに、大人は気付かないけど子どもはここに仕舞った方が使いやすいって思ってるかもしれないこともあるかもしれないですしね。(^-^;)ゞ

あきさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

♪おっかたづけ~ おっかたづけ~♪
って、懐かし~!!
息子の通っていた幼稚園でもお片づけの歌を歌いながら片付けてました~。
この歌、すごいよね!
幼稚園に通っていた頃は、家でもこの歌を歌いだすと反射的に息子は片づけをしだしてましたもん。(笑)

ふふふっ♪
あきさんの息子君の覚え間違い、かわいい~☆
って言うか、わざと歌ってるのかも?( ̄ー ̄)

ひとりでお片づけ、すばらしいじゃないですかぁ~!
いや、ウチももっと小さいときからひとりでお片付けできるようになってくれたらってずっと思ってましたよ~。
でも、それが出来なかったから、親子でお片づけ競争をしてみたり歌を歌ってみたり、色々思考錯誤してきて、分けることから一緒にやってみるっていうところにたどり着きました。

9年弱かけて、やっと息子がひとりでお片付けしてくれるようになったんですよ~。
なので、「ヒトリでおかたづけっ!」って片付けてくれるあきさんの息子君はすごいと思うし、めっちゃうらやましいです!

指定席は、長男君なら一緒にどこに仕舞うか考えて決めてもいいかも♪
子どもが小さいうちは、「よく遊ぶおもちゃ」と「たまに遊ぶおもちゃ」とか「一緒に使うおもちゃ」と「別に使うおもちゃ」みたいなさっくりとした分け方の方が、もしかしたらお片づけしやすいかもって思います。(^-^*)ゞ

Tommyさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

えへへっ。(^-^;)ゞ
引っ張った割には、たいしたことじゃなくてごめんなさい。(汗)

子どもも大人も、「分ける」習慣をつけるとずっとお片づけしやすくなると思いますよ~。

Tommyさんは、これからお家造り、楽しみですね♪
そうそう、新居の収納を考えるときに闇雲にたくさん収納を造るよりも、暮らしの中で何をどれくらい持っているのかとか、どこにどう仕舞ったら使いやすくなるのかとか、家族の持ち物の量や内容を大体把握して収納を考えると暮らしやすいお家になるかもです。(^-^*)

あとは、やっぱり要らないものを思い切って処分するようにするとお引越しもラクになるかも~。
荷造りや荷解きも、色んなものがごちゃごちゃにたくさんあると大変ですから。。。
私もお引越し当時はまだ整理収納のこととかあんまり考えてなかったから、大変でしたもん。(爆)

家中のものを分けだすと、使いやすくなるし、コレが不思議なことにだんだん楽しくなってきちゃったりします♪(笑)←ちょっとフェチっぽい?w

確かに『片付けて!!』といっても,あまりに散らかってると大人でも何処から手をつければよいか途方にくれる事ありますものね・・・(笑)。

うちは色んな『箱』を子供らに渡して,それにそれぞれ遊びに使うものを入れさせてます。子供らはその箱にキャラクターで分けて入れたり,ごっこ遊び毎に入れたりなどしていて,『片付け開始』とともに,それぞれの箱に戻していってるようです。この方法にしてから片付け速度は段違いに上がりましたが,色んな箱があるため,押入れの中はかなりごちゃついてたりします。見た目は悪いのですが,いいんです。自分達で片付けてくれさいすれば,もう・・・。

は~い、私も昨日これを思い出して実践しました!
・・・・夜中に!

最近、子どもたちと一緒に(もしかして一番に?娘の寝顔なんて見てないし・・・・)寝て、6時半起床の長女、7時過ぎ起床の次女の最後に起きてくる生活。
夜中に目が覚めた昨日、眠いけど・・・・!!!!と、
ほったらかしの我が家の掃除をしました(笑

とりあえず~で置いてたエリアの荷物をあぶりしゃけ方法で分類して、またそこから分類して仕分けて。
でも、私は分類の時点で軽くパニックに~笑
そのうち、上手に出来るようになるかなぁ~
まず私の場合は元に戻すことから、あ、その指定場所を明確にすることからスタートです。

師匠、頑張ります!!

もんがーさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

そうそう、あんまり散らかってると、大人でも何から手をつけたらいいのか分からなくて途方にくれるよね。(笑)

こんなときには、とりあえず要らないものを処分してみると、ちょっとだけ片付けるものの量も減るし・・・。
とりあえず種類別とかに分けてみると、少し先が見えてくるもんね。(;´▽`A

もんがーさんち、すごいです!
うんうん、子どもに箱を渡して、そこに「自分たちで分けてしまってみて!」っていいアイデア☆
道具だけ用意して、自分たちでやってみるように促すと、子どもも自分で考えるようになるしね♪

整理収納アドバイザーの講座のときにも少し話題に上ったんだけど、「分ける」、特に必要なものと不必要なものを分けるスキルって言うのは整理収納が上手に出来るようになることはもちろん、知能を育むことにもつながるんですって。

考えてみれば、学校の勉強でも、習ったことのなかで重要なこととそうじゃないことを分けて要点だけを復習できたりすると知識もしっかり身についてくるんですよね。

私ももうちょっと子どもに任せる範囲を広げていこうかなぁ。。。

押入れのなかは、箱を同じものにそろえるとスッキリするとは思うんだけど、子どもがある程度の歳になるまでは子どもが気に入ってるものとか子どもの使いやすいものにしたほうが子どものやる気にもつながるから、そっちを優先した方がいいですよね。(^-^*)
そうそう、まずは自分で片付けられるようになってもらわないとね。(*^ー゚)b

りんさん、こんにちは♪
いつもありがと~☆

ふふふっ♪
私、りんさんと同じような生活をしてるかも~。(笑)
私も朝起きるのが家族で一番最後。(りんさんは旦那さんより早く起きてるって?^^;)
私が朝起きる頃には、夫と息子はもう朝ごはん食べてます。(爆)

夜中に整理やお掃除したくなるのも、わかる~!
昼間は子どもと一緒にうだうだしてたりしてあんまりやる気が出なかったりするけど、夜中に目が覚めたときとか、無性にお掃除したくなったりします。
で、また翌日眠くてうだうだするんだけど。(爆)

とりあえずで置いてる荷物は、そのまま1年ぐらい放置しておくっていう手もあるかなぁって思うよ~。
っていうか、ウチは2年近く収納の中にダンボールのまま放置されてる荷物がありました。(笑)
「必要なもの」と「不必要なもの」は、時間を置くことでモノに対して客観的に見られるようになって判断つけやすくなったりするかも。

使用頻度とか使用場所、目的なんかで分けるときも、生活の中で使いながら便利なように少しずつ分類を変えていったりすることもありかなぁって思います♪

繰り返すうちに悩まずに分けられるようになるかも~。
・・・って、私もまだまだ勉強中なのですが。(^-^;)ゞ
でも、以前に比べると、最近、使わないものを「処分!」って思い切れるようになってきてるかなぁって思います。
その分、お買い物をするときは、前よりも悩むようになってきてるかなぁとも思うんだけど。(汗)

お互い、あんまりがんばり過ぎないようにがんばろうね☆

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/798-ff13c7df

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。