「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 家づくり【雑記】 > 危ない住宅会社の見分け方・・・?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危ない住宅会社の見分け方・・・?

2009 - 05/18 [Mon] - 22:31

先日少し書いた、(株)リブネット・プラスの『家づくり成功』セミナー。
昨日、行ってきました♪腟
私が聞いてきたのは『ハウスメーカー・工務店・建築家 自分にあった業者選定術』と『これで安心 住宅会社の倒産被害にあわない方法』という講座の2講座。

やっぱり、建てる前に聞きたかったって思いましたよ。。。腟
でも改めて、やっぱり我が家はハウスメーカーじゃなきゃ建てられなかったんだなぁって思いました。腟
建築家さんとの家づくりにもあこがれますが、最低1年ぐらいは時間をかけないと無理みたいです。

家づくりは、思い付きじゃなくて、十分な時間をとって進めないと、選択肢も狭くなっちゃうんですね。。。腟

さてさて、『自分にあった業者選定術』ではそんなことを再確認してしまったのですが、今回、私が特に聞きたかった『住宅会社の倒産被害にあわない方法』。
馬渕さん
講師をされた、ブログ友達でもある馬渕さん

プロから見て、安心できる住宅会社ってどんなだろう?
危ない会社を見分ける方法って言うのは、あるのかな?


そんなとっても知りたかったことを、少しだけ教えてもらうことが出来ました。腟
富士ハウスの倒産被害に遭われた方たちが、どんな大変なめにあわれていたのかも・・・。

これからお家を建てられる方たちにはもちろんですが、ブログを見に来てくださる方とも共有したい情報だなぁって思ったので、馬渕さんのお許しを頂いて、少しだけセミナーで聞いてきたことを書いておこうかなぁって思います。腟


プロから見た「倒産しない会社」とは・・・。
実は、「この会社は絶対に大丈夫!」そう断言することは専門家でも難しいことなのだそうです。
大きな会社でも倒産してしまうことはありますし、逆に小さな会社でも経営のしっかりしているところももちろんある!

ただ、倒産する会社には倒産する理由があって、その兆候や、見分ける方法、倒産被害から身を守る方法っていうのもあるんです。
今年の入って、愛知県の東新住建、静岡県の富士ハウス、埼玉県のアーバンエステートと相次いで住宅会社が倒産していますが、このどれもが倒産の理由があり、兆候があったそうです。

倒産の理由としては、
建築基準法の改正の影響で完工数や売上高が減少したこと。
また、建築資材価格の高騰などの影響。(買うほうは出来るだけ安く買いたい・・・でも、その一方原価が上がってくれば当然会社は厳しい状態になりますよね)
過度な設備投資や店舗開発、従業員の募集など。
積極的な広告宣伝活動などによる資金繰りの悪化。(理由もなく、モノが売れない時代にやたら広告をうっている会社は、住宅に限らず本当に危険だと思います。広告ってうてばうつほど効果が出るものではないのですが、かけた分だけ取り戻したいなんて思い出してやめられなくなるんです。ものすごく頻繁に広告を出していた会社が、急に広告を全くうたなくなったらかなり末期症状かも。。。実は私自身が、以前、旅行会社で添乗員の仕事をする前に広告代理店で働いていたことがありました。その時に、こんな風にして倒産した会社を、実際に見ています。)

広告以外の兆候としては、在庫不動産(建売やマンション)が値引き処分されたり、事業所が次々と閉鎖に追い込まれたり・・・。
業者さんへの支払いが遅れたり。

う~ん・・・、こうして原因と兆候を見てみると、売れない(不景気)な時期になんとか売り上げや利益を上げようというあがいたことで自らの首を絞めているような。。。
何か動きがあるような会社は、少し警戒してみたほうがいいのかな?
やっぱり見極める決め手みたいなのは、難しそう・・・。

ただ、契約前なら倒産被害から身を守る方法があるんだそうです!

倒産被害から身を守る3つの方法
jumee☆noA1経営状況を調べる
大きな企業なら、先日の記事でも書いたようにIR情報を見るのも一つの方法。
他には、現場の職人さんたちの様子を見たり、話を聞くのも有効だそうです。
職人さんたちへの支払いが滞っていれば、仕事ぶりにも出てくるはずですからね・・・。
あとは、ちょっと言い出しにくいことかもしれませんが、決算書を見せてもらうことでも経営状態が見えるそうです。
その際にチェックするポイントは、仕入れたものに対して、ちゃんとお金が支払えているかどうか
支払えていないなら、資金繰りが悪化していると言うことですね。

jumee☆noA2万が一倒産しても大丈夫なように保険に入っているかどうか見る。
具体的にどんな保険かというと、「住宅会社が工事中にもしも倒産したとしても、完成に必要な費用を保証して、別の業者を斡旋して工事を引くついでくれる仕組み」である完成保証制度とか、10月に引渡しされるお家から義務化されるそうですが「完成した住宅の基礎、構造躯体について欠陥があったり雨漏りした場合に、長期にわたって対応してくれる仕組み」である瑕疵保険とか、地盤保証なんかもあるといいんだそうです。
特に、完成保証は利用事業者さんの届出制になっていて、厳しい審査を通った会社だけが利用できるようになっているそうです。

jumee☆noA3健全な代金の支払い方法を知り、実行すること。
ウチが我が家を建築したときには、契約時に着手金を100万円支払いました。着工後に中間金、そして完成後に残金を支払って引き渡し。合計3回に分けて支払っています。
やっぱり、通常、住宅の支払いは着手から完成までに3回から5回に分けて支払うものなのだそうです。
富士ハウスの場合は、何が一番問題になっているかと言うと契約・着工前に70%の支払いを要求したりと、異常な支払い要求をしていたことなんですよね。
ここまでの会社はなかなかないと思いますが、できるだけ出来高に応じた支払いをさせてくれるような話をしたほうがいいそうです。
社団法人住宅生産団体連合会では、『個人の注文者と住宅建設工事の請負契約を締結する場合の前払い金等に関するガイドライン 』って言うのを出しているので、万が一変な支払いの仕方を要求された場合は、こういったガイドラインに関する書面を見せながら交渉してみるのも手だと思います。

・・・と、これから契約をされる方たちには、こんなポイントを押さえると、自分の身を守ることが出来ると思います。
でも、ウチのようにもう建ててしまった人にとっては、明確な自衛策っていうのはないんだそうです。。。腟
選んだ会社が、倒産しないように祈るだけ・・・?腟

とはいえ、そんなに不安に思ったり悲観的になる必要もないみたい!腟

倒産といっても、再生型(会社更生・民事再生)と清算型(破産)二つの種類があり、会社更生や民事再生が適応される再生型の倒産の場合は完成住宅の瑕疵(欠陥のこと)やメンテナンス、建築中住宅の建築継続、過払い金(前払い金)の保全・返金、建築中不動産の保全など、きちんと引き継いでくれるのだそうです。

そして、倒産した場合破産を言い渡される企業の多くが、粉飾決算や脱税など、モラルに反することをしてきたような会社。

健全な経営をし、しっかりと努力していても厳しい状況に追い込まれてしまったような会社には、ちゃんと救いの手が伸べられているようです。

誠実な経営をされている会社・・・、そんなところと契約できていれば、私たちはそんなに恐れることはないのかもしれませんね。腟



家ブログランキング参加中♪勉強
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ 人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!
 
いつもありがとうございます3はーとjumee☆thankU2Ljumee☆thankU2R


スポンサーサイト

セミナーにお越しいただき、ありがとうございました。

的確な内容把握と感想、さすが、あぶりしゃけさん!(笑)

どんな住宅会社を選ぶのかで、家づくりの成功の半分は決まってしまいます。その所からアドバイスして、成功に導くのが、私の会社のリブネット・プラスです。

たくさんの人に利用して欲しいと思います。

これからも、こう言った家づくりを始める前の人向けのセミナーやイベントを開催しますので、また、ぜひ、遊びに来てくださいね。

馬渕さん、こんにちは♪
先日はありがとうございました!

馬渕さんの講演された内容が、ちゃんと意図通りに取れているかちょっと心配だったのですが、安心しました。(^-^*)ゞ

日曜日に2講座出席させていただきましたが、どちらの講座も建てる前に聞ければよかったなぁって思いました。
同時に「我が家の家づくりは間違っていなかったんだなぁ」ってことを再確認も出来ましたが。(笑)

住生活エージェントと言うのがあることを、私は我が家が完成して馬渕さんにお会いしたことで初めて知ったのですが、本当にもっと早く知っていれば・・・って思います。

家づくりは、もしかしたら「家を建てたい!」って思ってから動いていたのでは遅いのかなとも感じ始めました。
特に業者選定に関しては、完成までの時間を考えると、動き始める時期が遅いと選択肢も限られてきちゃいますからね。

「お家を建てよう!」って決める前でも、漠然と考え始めた時点で今回のようなセミナーに足を運んでみると家づくりの方向性もよりいいものになっていくかもしれませんね。

もちろん、建てた後でも勉強になります!

またこのようなイベントやセミナーが開催されるときには、ぜひ参加させてくださいね♪

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/813-c5aef9d2

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。