「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> セキスイハイム関連 > どうしてお片づけしなきゃいけないの?~陰山英男先生の『新・子育てセミナー』から【3】~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてお片づけしなきゃいけないの?~陰山英男先生の『新・子育てセミナー』から【3】~

2009 - 09/16 [Wed] - 15:02

またまた前回の記事から随分間があいてしまってすみません。腟
最近は、お気に入りのブログにもあんまり遊びに行けず・・・皆さんにご心配をおかけしてるみたいですが、元気です!腟

半月後に、『整理収納2級認定講師』の試験が迫っているので、午前中はブログ・午後からは試験勉強って、ちょっと自分の中でメリハリをつけて生活してみてます。
あっ、一応、合い間に家事もやってますよ~!腟
「”合い間に家事”って言うのは主婦としてどうなの!?」っていう話もありますが。。。腟

さてさて、今日は、陰山英男先生の『新・子育てセミナー』シリーズの最終回です。腟

これまでの記事は、こちらからご覧ください♪下矢印クリック
『陰山英男先生の子育てセミナー』
『子どもの学力を上げるために、親としてしてあげられること。』
『家で子どもは賢くなる?』

セミナーのお話に入る前に・・・。

数ヶ月前のことなのですが、ウチの息子がこんなことを言い出しました。腟

私のむすこ「どうしてお片づけしなくちゃいけないの?」

実は、机の上がぐちゃぐちゃなまま、おばあちゃんの家に遊びに行こうとしたんですよね~。腟
ウチでは、次の行動に移る前、特に出かけるときと寝る前ぐらいは机の上を片付けてリセットするっていうお約束をしていたのですが、「お約束は~!?」っていう私の声を無視して逃げるようにおばあちゃんの家に行こうとしたので、ちょっと叱ったのです。腟

おばちゃん(私の妹)と、どうやらwiiで遊ぶ約束をしていたらしく、息子の頭の中はゲームでいっぱい!

と言うわけで、軽く逆切れ状態で、「どうしてお片づけしなくちゃいけないの?」っていう言葉が出てきたわけです。腟

整理収納アドバイザー的に話をすると、ちゃんと整理をして片付いていると、すっきりして気持ちが良い(精神的効果)し、探し物もしなくていいし(時間的効果)、失くし物して無駄なものを買ったりしなきゃいけないこともなくなる(経済的効果)・・・なんていうことをじっくりと息子本人に考えてもらいながら言い聞かせることもできるのですが、こういうときの子どもって屁理屈の天才になりますよね~。

私のむすこ「だって、帰って来たらまた使うもん!」

こんな言葉で対抗してくるわけです。腟
でも、実際に帰ってきて出しっぱなしのモノをすぐに使い始めるかって言ったら、使わないですよね!腟

と言うわけで、ほとんど苦し紛れに私が息子にした話と言うのが、
女汗「学校や公園や、みんなが使う公共の場所は、みんなが気持ちよく過ごすためにお片づけするでしょ!
家だって、同じだよ。
家族みんなが気持ちよく過ごすために、次の行動に移すときは必ずお片づけしなきゃいけないの!」


とりあえず、この言葉でしぶしぶながらも納得した息子は、ちゃんとお片づけをし、それ以降も『出かける前には机をリセット』は継続できて入るのですが。。。

でも、実際のところ、子どもの「どうしてお片づけしなくちゃいけないの?」っていう質問に対しては、どう説明するのがいいんでしょうね・・・。

学校でお片付けをするのはどうして?
学校では、子どもたちになんてお片づけを教えてるの?

私自身が、そんなことに強く興味を持ったので、セミナーの最後に陰山先生に質問してみました。腟

女?「家を整えると言うことで、整理整頓の大切さをおっしゃっていましたが、
jumee☆noA1陰山先生は子どもたちに対して、どうやって整理整頓を教えるのが良いと思いますか?
子どもにとって整理整頓しやすいと言うのは、具体的にどのようにすることだと思いますか?

また、うちの子が以前『どうしてお片づけしなきゃいけないの?』なんていうことを言ってきたのですが、
jumee☆noA2陰山先生なら、子どもの『どうしてお片づけしなきゃいけないの?』っていう質問に対して、どうお答えになられますか?

この質問に対する、陰山先生の答えは、


ブログランキング・・・


しっかり学習しましょう!「まずは、親に口答えするように育ててはいけませんね。」

あはっ、そりゃそうだw

しっかり学習しましょう!「整理整頓を教えると言うことでは、学校も家庭も、同じ考え方でいいと思います。
学校で”掃除の時間”をつくるのと同じように、時間で意識して整理整頓を習慣付けるようにしてください。
掃除の時間、整理の時間というように、片付ける時間を決めてしまうといいですね!


なるほど~。
それは、同感です!


しっかり学習しましょう!「方法としては、大きめな箱を与えて、そこに入れるというのが、子どもには整理しやすいですね。」

確かに、出し入れのためのアクション数を減らすと言う意味では有効だではあるんだけど・・・。(^-^;)

しっかり学習しましょう!「なぜ整理整頓しなければいけないのかと言うと、
勉強に入るときに集中できるからですね

逆に、整理整頓できないとなぜいけないのかというと、集中できないから。
集中をつくるために必要なのが整理なんです。」


本当はもっと丁寧な言葉でしっかりとお話してくださったのですが、大体こんな内容のお答えでした。腟
『子どもの学力を上げるために、親としてしてあげられること。』の記事でも書きましたが、学力を上げるという教育的なことを第一に考えると、お片づけは集中に大きく影響するところ。

集中の型を作ると言うことにおいても、勉強が終わったら机の上をまっさらな状態に戻し、次に勉強するときに新たに教材を出すことによって一つの”集中して勉強に取り組むための型”ができるのかも知れませんね。腟

それが、時間で意識して習慣づけると言うことにつながってくるんだと思います。

学校で整理整頓しているのは、集中して勉強するため!
頭の片隅にとどめておくと、子どもの困った質問に対応しやすくなるかも知れません。(笑)

ただ一つ・・・。
陰山先生がおっしゃった、大きめの箱を与えて片付けさせると言うこと。。。

実はこれを聞いた時に、私もハッとしたんです。
陰山先生ほどの方からこういう答えを頂くと言うことは、やっぱり学校では整理収納を教えてくれないんだなぁって・・・。
と言うか、もしかしたら先生方も整理の方法について気付いていらっしゃらないのかも知れません。腟

大きめの箱を与えると言うのは、確かに出し入れするためのアクション数が少ないので、片付けやすいのかも知れません。

でも、それって、例えば散らかってる机の上の物が箱の中にごっそり移動するだけですよね?
その中には、勉強の物と遊びの物がごちゃごちゃになっていたり、ゴミのようなものが紛れ込んでるかも。。。腟

そうだとしたら、大きめの箱を子どもに渡すときに、整理の方法を教えてあげる必要があるんです。

もしかしたら、ずっとこのブログに遊びに来てくださってる方なら、その方法はもうご存知かも知れませんよね!腟
以前には、こんな記事も♪

そう、分けるって言うことを教えていかないと・・・。
まず使うもの使わないものを分けて、使うものの中から使う目的や使用頻度、使用時期などにグループ分けする。

そうして分けたグループごとに指定席を設けて、そこにしまうこと、それが整理収納なんです。
そして、使ったモノをメンテナンスして、元の場所にきちんと戻してあげることがお片づけ・整頓なんですよね!腟

もちろん、これは子どもに限らず、大人にとっての整理収納も同じこと。


・・・このシリーズ、今日で終わりだというのに、着地点が見えなくなってしまいました。腟

”暮らす技術”としての整理収納の基本は、実はとってもシンプル。
使うものだけを家の中にとどめて、それをグループに分けて指定席を決めて、更に使ったら指定席に戻してあげるっていうそれだけのこと。

多分、家族の暮らしをしっかりと見つめてモノの指定席をきめてあげれば、お家の機能も最大限に引き出されて、毎日がちょっとだけ楽になるかも知れませんね。腟
そして、子どもの集中力ももっと高まるかも?



勉強ブログランキング参加中♪jumee☆memo1
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ 人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!
 
いつもありがとうございます3はーとjumee☆thankU2Ljumee☆thankU2R

スポンサーサイト

うちも外に出かけるときなど、家から出る際には必ず玩具を片付けさせてます。しかし子供はやはりしぶしぶ~って感じですね(笑)。ただうちの子達は文句は言わないんですよ。なぜかというと、片付けないと私にすぐ捨てられるからなんですね~。私は片付けない事に関しては基本口出さないんですよ。これは自分の精神状態を健康に保つためなんですが、毎日同じ事を言う自分にすっごいいらいらする時期があって…。親としてはかなりダメ母な部類にはいります。

子供が片付けてるのをみて思ったのが、大人が片付けるのとはまた違った独特な感じでやってるんですよ。大人だったら、人形はここ。車はここ、見たいな感じでそれぞれ収納していくじゃないですか。でもうちの子達、『この人形とこの車は今ごっこ遊び中だから、同じ所に入れておかなくちゃ』みたいな感じで、それらを同じ箱に入れてしまっていきます。一見ぐちゃっとなってても、本人達の中では整理整頓されてるんだろうなあ…とつ感心してしまったり…(笑)。こういう風な片づけをいかに見栄えよくさせれるようになるかがわかるといいですねえ。

勉強頑張ってくださいね!!でも休憩も適当に入れて、紺詰めすぎないよう気をつけてください♪

学校で教える側の机が山積みなんて事もしばしばありますね・・・。
よく職員室に呼ばれたりしたもんで・・・(苦笑)

分ける 

区別する

整理整頓に限らず、仕事に勉強なんでもそうなのかもしれませんね?

明日は名古屋遠征で知多半島ですよぉー(^^)

「整理」いるものといらないものを分ける
いらないものは除く(捨てる)

「整頓」決められたな所に戻し、使いやすい状態になっていること・・・

あぶりしゃけさんの言葉では
「いるモノといらないモノを分けて、いるモノは指定席に戻して!」

でしたよね。

我が家の息子は「夢をかなえるゾウ」を読んでから自分で整理整頓するようになりました。


が・・・。

2ヶ月たった今、元に戻りました(笑)


ちなみに私は整理が出来てません。。。


「どうしてお片づけしなくちゃいけないの?」って言われると難しいですね~。
うーん、自分がもし子どもに言われたら何て言うだろう…。やっぱりしゃけさんと同じかなぁ。

集団生活している上では片付けって大事な事ですよね。
極端な話、一人暮らししている人は自分が困らなければ片付ける必要はないですもんね。
(そうなったらそうなったで別の問題がありそうですが…)

小学生の整理収納は未知の世界なので、しゃけさんのブログで勉強してます^^

もんがーさん、こんにちは♪
いつもありがと~!

>毎日同じ事を言う自分にすっごいいらいらする時期があって…。

うんうん、これ、すっごくよく分かります!
お片づけに限らず、毎日毎日子どもに同じことを言ってると、精神的にかなりきちゃいますよね。

私も同じですよ~。

そうそう、おもちゃは私も出しっぱなしにしてあると捨てちゃったり、”ママおあずかり”にしてます。
ちなみに、DSは、ちっさいおっさん(妖精の方のw)がもってっちゃったことになってます。(笑)

でも困るのは勉強に使うものなんですよね。。。
これは捨てるわけにも行かないし、ウチの場合はそんな私の気持ちも見透かしてか、「片付けといて」状態出だしっぱなしにしてあることがあるので、ここは根競べです。

不健康になるほどは、叱らないようにはしてますけどね。(汗)

もんがーさんのお子さんたち、すごい!(@0@)

一見違う種類の物でも、一緒に使うものを同じところに入れるのは『グルーピング』っていう方法で、とっても使いやすい収納方法の一つです。
自分たちで考えて、この方法でお方付けできてるってことは、かなり整理上手なお子さんだと思いますよ~!

たしか、もんがーさんのところはお子さんたちにいろんな箱を与えてるんでしたよね?
多分、その箱の大きさが、大きすぎず、小さすぎずで、ちょうどいい大きさだったのかなぁ。
お子さんを整理上手にする子育てのポイントを、逆に私の方が教えて欲しいです~。

収納を見栄えよくする方法は、色々あるとは思うんだけど、やっぱりインテリアとのバランスが大きいかも?
グルーピングしたものを入れている箱やカゴの大きさをそろえて、質感もお家全体のインテリアにあわせてみるといいと思います。
色なんかも、あんまり多色にならないようにするとすっきりしますよ~。

どうしてもごちゃごちゃしてしまいがちなら、箱を仕舞った棚などに、突っ張り棒なんかを使ってカーテンをつけちゃうと、隠したいときにサッと隠せていいかも。

どんぐりさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

>学校で教える側の机が山積みなんて事もしばしばありますね・・・。

あはっ♪
そうそう、そういうこと、よくありますよね~!
私もよく職員室に呼び出されたほうなので・・・。(笑)

多分、学校の先生も整理の仕方ってよく分かっていらっしゃらない方が多くて、だから学校ではちゃんとお片づけの仕方を教えてくれないのかなぁって思います。

勉強に集中すること以外にも、きちんと整理収納することで得られるものはたくさんあるんですけどね。。。

どんぐりさんのおっしゃるように、仕事にも勉強にも、「分ける」「区別する」っていう考え方は良い影響を与えるものだって、私も思ってます!

頭の中も整理していくと、考えをしっかりまとめられたりしますしね☆

どんぐりさんは、今頃知多にいらっしゃいますか~♪
知多と言えば、特大えびふりゃ~(笑)の『まるは食堂』!
http://www.maruha-net.co.jp/index.php
セントレアや栄のラシックにもお店が入っていますが、かなりお薦めです♪

「海老、食べた~!!」って、すっごい満足感がありますよ~。(^▽^*)

子供に整理・整頓の必要性を教えるのって大変ですね。
遊びたい気持ちが先走れば、どうしてもそっちに行きたくなりますものね。

うちは親のほうが整理下手なんで、いつもイライラして私が片付けてましたが。。。(笑)
朝も起きてこなかったし。

しょうがないから自分で朝ごはん作って食べ、親の分を用意して起こすみたいな、親子逆転でした。

あんまり親が子供に構い過ぎると、依存心も強くなっちゃうだろうから、困った事態に陥るまで敢えて放っておくのもいいでしょうか。

子育てって難しいですねぇ。
私に子供ができたら、間違いなく子供に怒られるくらい、いいかげんな子育てになるだろうなぁ。
しっかり育ってもらうためには、親が怠慢くらいがちょうどいいような・・・

防犯住宅 柴山さん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

「夢をかなえるゾウ」、私も読みました~。
立ち読みで。(爆)
どうでもいいマメ情報ですが、あの本の作者の水野敬也さんって、愛知県ご出身なんですよ。
しかもかなり近い!(笑)

あの本は、大切なことがとってもシンプルに書かれていて、すぐに実践してみたくなることがいっぱいですよね!
ただ、流行の本やテレビで影響されたことって、それを継続するのはちょっと難しい。。。
私もあの本に影響されて始めたのに、続いていないことがいっぱいありますよ。(爆)

整理収納も防犯も、やっぱりその本質的な重要性や、実践する中に楽しさを見出せないと続けられないのかなって思いますね。

その辺をどう伝えていけるかが、私自身にとって大きな課題の一つです。

整理は、使うものと使わないものを分けて、使わないものを取り除くこと。
収納は、使うものを使いやすいようにしまうこと。
片付け・整頓は、使ったモノをメンテナンスしてもとあったところに戻して、次に使いやすいように整えておくこと。

これを子どもに話すときは、より簡潔な言葉でって言うと、「いるモノといらないモノを分けて、いるモノは指定席に戻して!」ってなるわけです。(^-^;)ゞ

とってもシンプルなことなのですが、実は最初の一歩のところでちょっと頑張らないと、続けるのはむずかしいのかなぁ。。。

整理することは、本当はトランプのばば抜きみたいな感じで楽しかったりするんですけどね!

整理収納は、防犯の生活習慣の部分ともとっても深い関係がありますよ~。
って思うと、柴山さんも「整理してみようかなぁ~」って気分になってきませんか?(笑)

この記事にある整理は時には協力してやることも大事です。お子さんは整理や片付けが嫌っぽいですが、お互いに争わないで解決していってくださいね。
協力と言えば私の鉄道のキャラでも考えています。以前JR貨物所属機関車と貨物列車のキャラで魔女っ子の茅ヶ崎と中原にしましたが、関東では区間による電気の交流・直流の都合やJR貨物所属機関車の検査や故障などで男の子の元町と山北がキャラの旅客列車を牽引するJR東日本所属の機関車が受託、代走牽引をすることがあります。JR東日本所属の機関車が貨物列車を牽引する時はヒーローと魔女の四人で協力!と想像しています。(笑)魔女言えば今日からテレビ埼玉で第三期おジャ魔女どれみが始まりました。では、また。

しゃけさん、お久しぶりです♪
この連載、すごく興味深く読ませてもらっていました。

間取りを考えるにあたってファミリンハイムも参考にしたんですよ。
ただ私たちは大人空間と子供空間というのを作りたくて
リビングはおもちゃも置かずにくつろぎの空間・・・と考えていたのですが、確かダイワとかにも同じような考えの間取りがあったけど、どちらにしても一階全体が子供のための間取りでしたよね。

長女には片付けをすることの大切さを小さいころからずっと話してきました。
片付けをしたきれいな部屋は気持ちがいいし、ママは汚い部屋だとイライラするからねって言ってました(笑
そんな長女ですが、気がむいた時はものすごくちゃんと片付けているけど、グーたらな時は園から帰って手洗いうがい→着替え→ボー・・・と、ランドセルの中身を片付けることが頭から完全に抜けています。
毎日のことなのにとイラっとする母です。

最近は指定席を決める時、長女と一緒に決めています。
子どもと一緒に決めると長女も自分が決めた!ということでやる気も違うようです。
次のステップは使ったものは前と同じ状態で戻すことですな。。。。
ハンカチを出した時に選ぶので他のが散乱していたり。
余裕がないときは頭ごなしにガツンと怒っていますが(汗)、出来るだけその状態を冷静に長女に見てもらってどんな気持ちか聞いてみます。
私自身、親が勝手に片付けてくれていたのでそれに完全に甘えていたことがあって、そうならないように・・・と思って長女に自分でさせるようにしていましたが
そうか、その内知恵がついたら「どうせ使うもん」と
言い出すんですね(笑

いや、うちの長女、そんなことを言ったら母の逆鱗に触れることを分かっていますので言わないかも。

ま、そういう時期がくるのは想定内。
私もアタフタしつつも、じゃぁママも掃除しない!
汚い部屋で過ごそう!反撃でも仕掛けます。
なんて、親が整理整頓や掃除が苦手だとそれが当たり前になると思うので、子どもに言う前にまず親も家をキレイにキープすることも大切ですよね。
それに慣れたら子どもも自然に片付けることが気持ちいいことだって繋がっていくような気がしました。
ま、息子さんのように言い返しもありつつ、息子さんは
お片づけしていると思いますし♪

私も長女と文具品の整理についてじっくり話し合ってみよ~っと。

yoshiさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

ウチの息子はかなり小さい頃から、どんなことに対しても「どうして?」ってすぐに聞いてくるちょっと理屈っぽい子なのですが・・・。(汗)

私が整理収納アドバイザーの勉強をしていることも知ってて、どこかで「ママがお片づけをしなさいってうるさいのは、整理収納アドバイザーだからじゃないの?」みたいな気持ちもあったのかなぁなんて、ちょっと思ってます。(;´▽`A

息子に試されたのかなぁって。。。

っていっても、お片づけに対して息子に言い始めたのは、今に始まったことじゃないんですけどね!

でも、「どうしてお片づけしなきゃいけないの?」って、実際に言葉にすることしない子はいると思いますが、何となくどの子も思ってることなんじゃないかなぁって思うんですよね。

子ども自身も聞く姿勢、考える姿勢をもってくれてるときには、2級講座でやるみたいに『整理をすることによって得られるもの』『整理をしないと困ること』をじっくり一緒に考えて、納得してもらうこともできるんでしょうが、半ば逆切れ状態で、「だって、また使うんだもん!」なんていってるときには、ある程度こちらから説得力のある理由を話せた方が、親としてはいいのかも。

息子に対しては、集団生活って言うポイントで話をしてみましたが、本当のところはなんて説明するのが一番説得力があるんでしょうね?(^-^;)ゞ

小学生ぐらいになると、知恵も付いてくるし、自己主張もはっきりしてくるので、なかなか大人の思い通りにならない部分が多いです。
本来は、小学生になるまでに「お片づけって楽しくて気持ちがいい!」って思えるように育てるのが理想的なのかなぁ。

そうそう、お片づけにおいて、”集団生活の場”っていう意識って大切ですよね!
本来、整理収納って言うのは自分自身のためにするものではあるのですが、やっぱりこうした人を思いやる気持ちなんかもお片づけのモチベーションに影響を与えることなのかなぁって思います。

本当は一人暮らしでも関る人に迷惑をかけちゃったり、人間関係にも影響が出てきちゃうし、いろんな問題が出てくるからちゃんと片付けた方がいいんだけど・・・、限界まではOKなのかな?(笑)

ビルダーナースさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

本当に、子どもに整理収納を教えるのって難しいなぁって思います。
きちんと片付いているのが気持ちいいことは確かなんだけど、やっぱり面倒くさいことではありますもんね!(笑)

やりたいこと、楽しいことがいっぱいある子どもにとっては、お片づけはやらずにすむならなんとか逃れたいことなんだろうなぁって、やっぱり思いますね。(;´▽`A

でも、ちゃんとお片づけできるようにしておかないと、家の外でも困ることが出てくるんじゃないかなぁっておもって必死になって教えているのですが・・・。

う~ん、確かに!
親がズボラなくらいが、子どもはしっかり育ってくれるかも~。

ウチの母も父が早くに亡くなって働いてたこともあってか、家のことをぜんぜんしない人でしたね~。
私も妹も、ほとんどほったらかし!
そうやって育った私は、整理収納好きになり、妹は料理好きになりました。(^-^;)ゞ
妹は独身・実家暮らしの公務員なので、ちょっと金銭感覚がずれてて、すごい高級食材で料理したりしますが。(爆)

私も、もともとかなりのズボラで、自分の好きなコトは一生懸命やるけど、苦手なことはあんまりやらないかも~。
おかげで、結婚した当時はお米も研げなかった夫が、今では息子から「”パパの作った”出し巻き卵が食べたい!」ってリクエストされるまでになりました!

夫に対しては安心して任せられるのですが・・・、子どもに対してはどうしても口出ししちゃいますね~。
そう思うと、私や妹をほったらかしにして育てた母は、ある意味私たちを信頼してくれていたからで、すごいなぁって思いますね。。。

私も、もう少し子どもを信頼しなくては。。。

埼玉に住む鉄道好きの男さん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

そうですね!
うんうん、協力してやることってとっても大切だと思います。

息子には最初にしっかり整理収納について教えながら、一緒にお片づけをするようにしてて、最近はある程度一人でもできるようになってきているので、つい親としては自分でやって欲しいって思ってしまうのですが・・・。

でも、子どもは特に他に楽しいことがあると面倒なことを一人でやるのはできないですもんね。
私も反省しなきゃ。。。

鉄道のキャラクターの世界は、奥が深いですね!
そっかぁ~、キャラクター同士が協力してやるようなストーリーまでしっかりできているんですね。

もしかしたら、普段私たちが何気なく見ているようなキャラクターにも、そうした作者にしかわからないようなストーリーがあるのかも知れませんね☆
キャラクターに対する見方が、ちょっと変わるかも♪

りんちゃん、こんにちは♪
お久しぶり~!
元気だった?
かずさんのところでも、あきさんのところでも、ずっとりんちゃんのこと見なかったから、気になってました。
今月いっぱい様子を見て、どこにも現れなかったらメールしようかなぁって思ってたところだったのよ~。
ご無沙汰な期間に重大決心をしていたとは。。。(^▽^*)

りんちゃん邸の時には、もうファミリンハイム出てたんですね!
そうそう、最近はどこのメーカーでも子育てがしやすい間取りって言うのを前面に出してきてますよね。
子育てしやすい間取りって言うのは子どもを持つ親としては気になるところだけど、やっぱり全部が子どものためだと大人はちょっと息苦しくなっちゃうかも?

大人空間と子ども空間を分けるって言うのは、私は全く思いつかなかった発想で、とっても魅力的だって思います!

お片づけは、どう暮らすかって言うことを考えてもとっても大切なことですよね。
やっぱり、子どもも小さなうちからくり返し言い聞かせるのが大切なのかも。
りんちゃんみたいに、「ママは汚い部屋だとイライラするからね」って直接的な言葉で伝えた方が、もしかしたら子どもにとってはわかりやすいかも知れませんね!

うんうん、でもほんと、子どもって気持ちが乗ってるときは何も言わなくてもどんどん自分からやってくれるけど、ぐ~たらスイッチとか、他に楽しいことがあったりとか、ちょっと疲れてたりすると本当にやってくれない!

やらない言い訳だけは、ものすご~く一生懸命するけど。(笑)

やっぱり親としてはそんな言葉に振り回されずに、どっしり構えてなきゃね!
ちょっとほったらかしにすると、困って自分からやってくれるようになるかなぁ。。。

そうそう、でもやっぱりできるだけ家はきれいな状態をキープしておいた方がいいかなぁって思います。
一度「まぁいいかっ」ってサボりだすと、どんどん荒れてくるもんね!

あぁ、お片づけはしてるけど、掃除はめっちゃ手抜きな私・・・。
もう少しちゃんとしなきゃ~!(汗)

あぶりしゃけさん、こんちは(^-^)

整理整頓のお話、ドキッとしました。
自分はあまり得意じゃないので・・・
ウチの嫁さんから、子供と一緒に
よく怒られてますわ(笑)

でも子供のため自分のためにも
とても良いことなので
これからはキチンとやりますね♪

整理収納で分からないことがあれば、
「助けて、あぶりしゃけさん!」と
泣きつきに来るかもしれませんが・・・
その際は、どうぞよろしくです(^-^)

ZENYAさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

整理整頓は、正直な話、結構めんどうくさいことではありますよね~。(笑)
私ももともとズボラな性格なので、気持ちはよく分かります♪(爆)

でもこれが、一度整理収納の仕方を覚えて、至る所をビシッと整頓できると、これが意外にに楽しくて暮らしやすくもなるのではまるかも?(^-^*)ゞ

お子さんのためにも、もちろんいいんだけど、仕事場もきちんと整理収納できると効率的にお仕事が出来るようになると思いますよ~。

またブログにも、”自立の会”の方にも、ポイントを少しずつ書いていきますね♪

ZENYAさんご自身でも、お客様からのご相談でも、整理収納悩まれることがあったら、お気軽にお声をかけてください☆
こちらこそよろしくです~!(^▽^)ノ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/858-0951d216

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。