「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 整理収納のコツ > 「モノを手放したくない」のはどうして?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モノを手放したくない」のはどうして?

2009 - 11/09 [Mon] - 10:21

またまた前回のお話の続きです♪顔-ウインク01

おしゃれな暮らしを目指す私みたいなズボラーは、モノも管理をする手間をなくすためにも、モノを減らした方がいい!

でも、モノを整理して、手放すのって何となく抵抗感があったりするんですよね。。。腟
最近はいろんなところで「エコ」って言われてることもあって、なんでもゴミに出すのも・・・ちょっとためらったりしちゃいますよね。腟
なので私は、なるべくリサイクルショップを利用したり、リサイクルしてくれそうな廃品回収に出すようにしています。

でもね、その、リサイクルショップや廃品回収に出したり、捨てるためにピックアップすることが、そもそも抵抗感があったりするんですよね!絵

その理由は、モノの種類によっていろいろだったりします。。。

例えば、
お守りや人形みたいなものなら祟られそうな感じがしたり・・・?腟

誰かから頂いたものなら、何となく下さった人の気持ちまで手放しちゃうみたいな気持ちになっちゃったりもしますよね。腟

片方だけ残ったイアリングとか、小さなものは収納のスペースもとらないから、「まぁいいか!」なんて思ったり。

大きな家具とか、壊れた電化製品とか、外貨みたいな小さなものでも、捨て方がわからなくて(調べるのが面倒で?)、とりあえず何年も部屋の片隅に放置して”見ないフリ”してることもありますよね。腟
見ないフリしちゃうのは、私だけ?

まだ動くけど壊れてる電化製品とか、ちょっと欠けてたりセットの一部が抜けてる食器なんかも、何かに使えそうで捨てられない!

書類なんかだと、もしも捨てちゃったら後から困るかも・・・って思ったり。

そして、何より、買ったときに”高かった!”って思うとね~。ショック


・・・って、手放せない理由はいろいろあるのですが、実は本当の理由はもっとシンプル。
それは、自分が損をしないように自身を守るための防衛本能から来てるみたいです。
株式投資なんかをやっていらっしゃる方は、よくわかるかも知れませんね。。。

モノを手放したくないっていう気持ちはどこから来るのか。
それは・・・

いったんモノを所有してしまうと、
人はそれに対し高めに価値を評価してしまって、
手放すときの損失を恐れる。


ほとんどの人は、そんな心理傾向を持っていて、そんな気持ちがモノを手放しにくくしているんです。

本当は、モノは完成すると劣化に向かって進んでいくはずなのに、リサイクルショップなんかに持っていったときも「買った値段は高かったのに、売るときはこんなに安いの!?」なんて思ったりすることとかもありますよね。。。腟

これも、冷静になって考えてみれば、変な考え!(笑)

こういう、人の心理から来る非合理的な経済行動を研究している学問が行動経済学

上に書いた、「いったんモノを所有してしまうと、人はそれに対し高めに評価してしまって、手放すときの損失を恐れる」っていう性質のことを行動経済学で保有効果って言うのだそうです。腟


こうして、自分自身がモノを手放したくないって思ってる気持ちがどこから来てるのかがわかれば、何となくその対応策も見えてきませんか?腟

モノを手放すときに迷ったら、「あっ、今、保有効果が働いてるよ」って思ったりしてみたり。。。腟

でも、本当に、こうした保有効果っていう非合理的な気持ちが働いてモノが手放せなくなるなら、こんな自分をちょっと客観的に見てみて、合理的な発想に変えていけば、モノを手放すときの気持ちもうんと楽になるはずなんですよね♪

私自身も、なるべく合理的に考えるようにしたら、モノが手放しやすくなってきました。腟


次回は、モノが手放しやすくなるための考え方について書こうかな・・・?
実は、以前から何度も書いてることなんですけどね。顔-ウインク01

あっ、今回は行動経済学について触れちゃいましたが、専門的に勉強してるわけではないので、あんまりいじめないでくださいね。腟
もしも行動経済学専門家の方がご覧くださって、何か気付かれたことがあれば、優しく教えてくださいませ~♪腟


絵文字名を入力してくださいブログランキング参加中♪四葉のクローバー
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ 人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!
 
いつもありがとうございます3はーとjumee☆thankU2Ljumee☆thankU2R


スポンサーサイト

今回も興味深くて一気読みしましたよ(笑
全部当てはまりましたよ ビンゴですっ!
一度大事な書類を処分したことがあり
確かに信託や銀行の書類は、捨てるのが恐いのですが
段々頭の中がスッキリしてきました
次回を楽しみにしています~♪

当たってる~!!

上の例え・・・v-356
全部ぜーーんぶ、それって私のこと??って
感じですよv-364

敵は「保有効果」なんですね!

その敵をやっつけられそうな合理的な考え方を是非伝授してくださぁぁーーいv-421

って、もしかして以前のブログで私も読んでるかも。。。i-198
なんですね。。。^_^;

でも、続きを楽しみにしていますv-354

私は読んだ本がなかなか処分できません。
ブックオフなんかに売ればいいと家内には言われますが、たまーに何年後かに読み返すと新鮮な発見があったりして・・・

コレ難しいです・・・。

でもめったに読み返しなんてしないのだけどねぇ。

こんばんは!!!
私も社長(嫁)もモノを捨てられない方なのですが…
コレが娘のおもちゃなんか保有効果がなくて、ガラクタに見えてくるから躊躇なく捨てられるんですね(笑)

自分は結構何でも手放す方ですが、本だけは捨てれません!

マンガやけどもう三国志なんて何回読んだか・・・^^;

イヤイヤ~~

ますます耳が痛い話しです・・・
女房殿の決断力と言うか、ぱっぱとモノを整理するのを見てると、これも捨てちゃうの?ってことが良くあるんです・・・

我が家で要らなくなったベビーカーやベビーベッドなんかは、友達のところで子供が生まれたとかって言うことで、譲ったりして、有効利用してもらったんですが、一番困るのが、子供の足跡って云うか、お絵かきや作品・・・

以前しゃけさんが記事にされていたような・・・

次回が楽しみです

私も物は捨てられないタイプで、まさに買ったときは高かったのにって思っていました!!
そして実際に捨てるぞ!と捨てた物があとからめっちゃ必要になった経験もあると、余計に捨てられない・・・のです。

でも、今は全然問題ナッシング~ですよ!
しゃけさんのおかげで気持ちを持ち直して、今必要ない物はバンバン処分しています。
そして買う時にもかな~り悩んで買っています。

とにかく、一回目は捨てなくても心の隅にこれは必要ないかも。。。。と分類しておいたり、かごに分けていれておいて何度か見直す内に処分する決意が出来たり、反対に違う使い道を見つけることが出来たり。
確かにエコブームで捨てるのってよくない風潮ですが、まずはゼロの状態に戻すことからはじめないと!って思います。

完璧に出来ることはないと思いますが、意識を持つだけで全然違いますよねー
私も日々見直して頑張ります!

あ、メール読みました♪
またメールしますね^-^

★musakoさん、いつもありがとうございます!

musakoさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

musakoさんは、きっと本来サクサク捨てられる人なんですよね。
大事な書類を処分しちゃって、捨てるのが怖くなっちゃうの、とっても良くわかります!

実は、私も、そういうことが結構あるんですよ~。

要・不要の見極めは、難しいですよね。。。
書類の見極め方は、またそのうち記事にしようかな。

捨てすぎることの不安感については、ちょっと考え方を変えることで気持ちを軽くすることはできると思いますよ♪
次回はそんな話を書きますね☆(^-^*)

★ベリーさん、いつもありがと~♪

ベリーさん、こんにちは♪
いつもありがと~!

所有してるモノっていろいろあるけど、実際には使ってなくて必要のないはずのものでも、だいたいこんな理由で手放せなかったりするんですよね~。

私も、「これ、高かったし!」って思ったり、書類なんかの情報系は「捨てたらあとで困るかも」とか思うもん!ヾ(;´▽`A``

敵は、保有効果だったのです。(笑)
これも、自分を守るためには大切なことではあるんだけど、マイナスに働くと家の中が大変なことになっちゃうんですよね。

次回の記事でまた書くけど、保有効果に勝って整理できる人になるには、保有効果が働くときにそれが合理的じゃないことを自分自身で自覚すること、それから「手放しても大丈夫」って自分を安心させてあげることが必要なのかなって思います。

また明日更新するね!

★テクノデータハウス 森田さん、ありがとうございます♪

テクノデータハウス森田さん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

いつか読み返すかもって、本が手放せないっていうの、よくわかります。
男性が一番手放しにくいって思うモノが、本だそうですよ。
ちなみに、女性はお洋服だそうです。

性格が男っぽい私も、本を手放すのはすごく抵抗がありました。
でも、冷静に考えたら、手元に常に置いておかなきゃいけないような書籍って、実は本当に少なかったりするんですよね。

数年に1度しか読まない本に、収納スペースを割くのと、いったん手放して読みたくなったら手に入れるのと、どっちが得なのかなって考えると、一番いい方法が見つかるかも知れません。

私自身は、今、我が家には本棚らしい本棚はありません。
購入した本で、ずっと手元に置いているのは辞書やパソコンなどのマニュアル本、たまに癒しを求めてみるアート本ぐらい。

そのほかの本は、図書館を利用することが多いです。
新刊で読みたい本は、図書館に購入申請をして買ってもらうの。
図書館が本棚がわりです。(笑)

読みたくなったら、いつでも図書館にあるっていう安心感から、読まない本を自宅に収納する必要がなくなりました。

自分にも子どもにも、もちろん本を買うことが多いんだけど、本当に頻繁に手元に置いて読み返したい本以外は、一定期間読んだら、やっぱりブックオフにもっていきます。

やってみると、意外に快適だったりしますよ。(^-^*)

★ノリスケさん、いつもありがとうございます♪

ノリスケさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

子どものおもちゃは保有効果がなくて躊躇なく捨てられるって、凄くわかります!!(笑)
特にお子様ランチのおまけとか、マックのハッピーセットのおもちゃとかね。(*・∀-)☆

私は夫の趣味のものなんかも、保有効果がなくてめっちゃ捨てたくなっちゃう。(;´▽`A

でも、実はこの客観的に見て判断している価値が、本当のモノの価値かも知れないとも思います。

使っていないモノ、使わないモノは、保有効果なしに見てみると、本当は自分にとっても価値のないものだったりするんですよね。

だったら、価値のあるモノとして使ってもらえる方のところに行ったほうが、モノにとっても幸せなことですよね♪

整理は、家族でおたがいに客観的にモノを見られるように家族でやったほうがいいかも?

★ダイツネさん、いつもありがとうございます♪

ダイツネさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

ダイツネさんの場合は、三国志は手放さなくてもいいモノだと思いますよ~。
ちゃんと繰り返し読んでて、「読む」っていう目的をもったモノだと思うので。

日常的に使うモノ(使う目的のあるモノ)、人生の中で支えになってくれるようなモノ、思い出のモノっていうのは、大切に持っていたほうが良いモノです。

ダイツネさんにとっての三国志は、日常的に使っているモノと同じようにいつでも取り出せるように使いやすい収納をしたほうがいいモノですね♪

ここ数日、整理について書いていて、「手放そう!」っていう方向の記事が続いていますが、なんでも手放さなきゃいけないわけじゃないんですよ♪
大丈夫です☆(^-^*)

★タッキーさん、いつもありがとうござます♪

タッキーさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

タッキーさん家の整理には、奥様の決断力があったんですね!
奥さまはとっても合理的な考え方ができるタイプなのかも。

奥さまの整理能力もさることながら、タッキーさんは、いつもいろんなものをため込むだけじゃなくちゃんと使うようにされてますよね♪
本当の意味でモノを大切にするっていうことでも、理想の形の一つだと思います。

子どもの作品とか、思い出のモノってどんどん増えていく一方ですよね~。

思い出のモノっていうのは、モノの整理を考えた時に、一番慎重にならなきゃいけないものではあるんです。
ただ、人生を重ねるごとに思い出ってどんどん増えていくから、どこかで線を引いて、整理収納について考えていかないといけないんですよね。

作品については、写真を撮って保存するっていうのも一つの方法。

でも、その前に「誰のために・何のために残しておくのか」を考えて見られるといいかもです。

またそのうち記事にしますね♪

★りんちゃん、いつもありがと~!!

りんちゃん、こんにちは♪
いつもありがと~!

『建てちゃった!ハイムbj♪』のころから書いてたことを、りんちゃんはどんどん実践してくれて、私が伝えたいって思ってることもちゃんと感じててくれて、めっちゃ嬉しいです!(≧▽≦)

整理できるようになると、お買物の仕方も変わってくるのよね♪
そこ、大事!!(笑)

買い方が変わってくれば、入ってくるモノの質も量も当然変わってきて、モノを大切に使えるようになるんだよね♪

「捨てない」ことじゃなく、「気に入ったモノを大切に、長く使う」ことのほうが本当の意味でのエコだって思います。

手放さないと、新しいモノは入ってこないしね!

>とにかく、一回目は捨てなくても心の隅にこれは必要ないかも。。。。と分類しておいたり、かごに分けていれておいて何度か見直す内に処分する決意が出来たり、反対に違う使い道を見つけることが出来たり。

りんちゃんのやってる方法は、私が日常的にやってることと同じ~。
一度考えただけで決断しなくても、何度か考えながら使うことを考えたり、ゆっくり手放す決断をしていけばいいんですよね。

頑張りすぎて一度に手放そうとするろ、これがまた、心の中で困ったことが起きてきたりするものです。。。

んん~~

『誰のために・何のために保管しておくか』素敵なアドバイスありがとうございます。

そうやって考えると、方向性がはっきりするような気がします。

★タッキーさん、ありがとうございます♪

タッキーさん、こんにちは♪
再び、ありがとうございます!(^-^*)

私自身も、子どもの思い出のモノはなかなか手放せないタイプだったんです。
学校のテストとかプリントとかも、子どもが頑張った証のような気がして、捨てちゃ悪いかなとも思って。。。(;´▽`A

でも、「誰のために、何のために保管しておくのか」を基準に考え出してからどう扱ったらいいのかわかってきました。

親がとっておいたほうがいいかもって思ったものも、子どもに聞いてみると案外サバサバしてたりして。(笑)
逆に、親が見るとゴミにしか見えないモノが、子どもにとっては宝物だったりするので、これはこれで厄介だったりもするんですけどね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/874-e8df4680

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。