「ズボラでもおしゃれに、毎日を心穏やかに楽しみたい!」愛知県の整理収納アドバイザー・瀬尾佐知子が考える、自分を大切にする暮らし――

  くらしの取扱説明書のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 雑記【いろいろ】 > 激レアペット?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激レアペット?

2010 - 05/29 [Sat] - 18:20

最近は整理収納のお話とか、講座のご報告なんかのお話が続いてましたが、久しぶりに我が家のお話♪

最近、ウチの夫の中で”飼育熱”が高まってるみたいです。
熱帯魚
最初はカクレクマノミだけだったのが、いつの間にかエビやら、シマシマの魚(スズメダイの仲間?)やらが増えてます!
なんだか、いつの間にやら装置もいろいろ増えてきて大げさなことになってますよ~。

夫なりにごちゃごちゃを隠そうと努力をしているようで、水槽台に目隠しの布を張ったり、もじゃもじゃになってるコードを隠すために観葉植物(パキラ)を移動させてみたり。


この飼育熱、どうやら息子にも伝染したみたいです。。。

先日、学校から帰ってきた息子がちょっと興奮気味に、
「ママ~、通学路で拾ってきた~!オレ、これ育てたいから何か入れ物ちょうだい!!」
って。。。

息子が言うには、”激レアもの”らしいです。
私も初めて見た&聞きました!

息子が通学路で拾ってきた、激レアペット(!?)とは・・・








イシクラゲ2コレ

『イシクラゲ』っていう生き物らしいです。

クラゲって言っても、海にいる海月(クラゲ)とは全くの別物。
ウチの近所には海もないですしね!

動物でもなく、植物でもない・・・。
藍色細菌門・ネンジュモ目・ネンジュモ科・ネンジュモ属のイシクラゲ

何の仲間かと言えば、『微細藻類』。
藻の仲間?
・・・っていうか・・・・・


細菌!
細菌を育ててる子ども自体レア!?w

細菌って言っても特に害はなく、むしろ光合成で酸素を生み出す良い菌・バクテリアの仲間なんだそうです♪
今から約30億年前の大昔に、地球上で初めて酸素を生み出したのがイシクラゲの仲間なんですって!

よく洗って、湯がいてポン酢で食べると美味しいらしいですよ。。。
いやっ、私は食べないけど!
サバイバルな状況に追い込まれたときには、食べられることを覚えておくといいのかな。(;´▽`A


息子は近所の畑の石垣で見つけてきたらしいのですが、庭先や公園、普通の舗装された道路とか、実は結構身近なところにいる生物なんだそうです。
お天気が良くて水がないときにはパリパリに乾いていて、雨が降ると水を吸ってぷよぷよになって環境に順応しながら生きているんですって!


今年の10月、名古屋ではCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議「Conference of the Parties 10」)が開催されるそうです。

これは、”多様な生き物や生息環境を守り、その恵みを将来にわたって利用するために結ばれた生物多様性条約”。
その、締約国が10回目の会議を行い、その達成状況を確認するとともに次の目標を決めるというもの。

そういうこともあって、最近はたびたび「生物多様性」っていう言葉を聞くようになりました。

イシクラゲは、まさに生物多様性の象徴的な生き物なのかも?
私たちが普段の暮らしで見落としてる中には、まだまだ興味深いおもしろい生き物がいるかもしれませんね♪

私が子どもの頃は、カブトガニの飼育セットだった学研の観察キットも今年はイシクラゲ。
学研チラシ
この教材、1260円もしますよ。。。

自然から採取してきた息子、でかした!!
買わなくても、探してみれば身近なところで見つかる♪

イシクラゲ
母としては、イシクラゲそのものよりも、机に置いてイシクラゲを嬉しそうに観察したり、甲斐甲斐しく水を替えたりしてる息子を見るほうが実は楽しかったりして♪

でも、ある朝急に増えるわかめちゃんみたいに増殖してたらどうしようって、ちょっとドキドキ・・・。


 絵文字名を入力してくださいブログランキング参加中♪四葉のクローバー
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ 人気ブログランキング
マウス(左クリック)もしよろしければ、ポチッとクリックをお願いします!

いつもありがとうございます!

スポンサーサイト

も・・・?

先日ッイッターで呟いていたイシクラゲってコレのことなんですね~~~

初めて見ましたってか、ネットで調べたら、割とその辺に喪ありそうな・・・^^;


旦那さんの熱帯魚、息子さんのイシクラゲ、どんぐりさんのクロメダカ、山猿のキセキレイ・・・なんだかペット流行なんですかね~~
・・・って山猿のセキレイはペットじゃないんですけどね・・・^^;

・・・(;´▽`lllA``

しゃけさんお久しぶりです。

本当に『超レアペット』ですねi-202
ちゃんと飼ってる(?)しゃけさん優しいですね←母として当然なのかな…。
娘っ子が連れて(拾って)帰ってきたら、多分ほかごとさせているうちに『ポイ』ってしちゃってるような気がします。私。

でも、初めて聞いた・見たけど、もの凄いですね、自然の力って。
ひとつおりこうになりました^^

★タッキーさん、いつもりがとうございます♪

タッキーさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます!

そうなんですよ~。
先日、ツイッターでちょっと呟いたイシクラゲ。
息子と一緒に色々調べてみたら、面白くなっちゃいました~。(^-^*)

普段、ほとんど意識することはないんだけど、結構いろんなところにありそうですよね。(;´ー`A
庭に増殖されたら大変なことになりそう~。

>旦那さんの熱帯魚、息子さんのイシクラゲ、どんぐりさんのクロメダカ、山猿のキセキレイ・・・なんだかペット流行なんですかね~~

”引き寄せ”系のなにかかなぁ。(笑)
ペットに限らず、なんだか私の周りでは生き物のことが話題になることが最近多い感じがします♪
なんでだろ~?

★サボサボさん、ありがとうございます♪

サボサボさん、こんにちは!
お久しぶりです~♪
なんだかご無沙汰しちゃっててすみません。(;^-^A

イシクラゲ、激レアペットでしょ。(笑)
細菌ですから・・・。
こんなのを喜んで飼ってる子どもって。。。(汗)

>ちゃんと飼ってる(?)しゃけさん優しいですね←母として当然なのかな…。

いやぁ~、私も本当は捨てたくってうずうずしてますよ。(笑)
でも、今のところは息子も楽しんで飼育(?)したり観察したりしてるんで、そんな息子を見て私も楽しんでるんですよ。

息子が見向きもしなくなったら、私も『ポイッ』ってすると思います~。
生ゴミでね。(汗)

だって、イシクラゲは自然に戻すと大繁殖してすごいことになりそうです。。。
生物多様性とかってことで考えると、大切に保護すべきなのかもしれないけど。(汗)

自然の力は、本当にすごいなぁ・・・、凄すぎるって、イシクラゲを見ながら改めて感じてます。

イシクラゲ食べて

イシクラゲは昔から保存食などとして食べられていました。沖縄では「モーアーサー」と呼ばれ、滋賀では「姉川クラゲ」と呼ばれています。博物学者の南方熊楠博士は和歌山で食料としての研究をしていたとか・・・。
ぜひ、洗って湯通しして三杯酢などで食べてみてください。熱をかけないと土壌菌の中で食中毒を起こすものもありますので気をつけて。
ちなみに、イシクラゲを採ってきて水に入れただけでは多分増えないと思いますよ。
学研のセットには、培養液が入っていて、確実に光合成で増えるようにしてあります。
また、イシクラゲも他の細菌などを除去したきれいな藍藻にしてあるので安全です。

★半兵衛さん、ありがとうございます!

半兵衛さん、はじめまして!
コメントありがとうございます♪

専門家からのイシクラゲ情報、とっても嬉しいです。

>ちなみに、イシクラゲを採ってきて水に入れただけでは多分増えないと思いますよ。

そうなんですよ。
息子が近所から採取してきたイシクラゲは、ビンの中に入れてたら毎日水を取り替えてお日様の光もちゃんと当ててたにも関わらず、どんどん色が抜けてきて黄緑がかった半透明になってきて、結局捨てちゃいました。

自然の状態に近いように、土や枯葉を入れるとビンでも飼育できたりするのでしょうか?

>学研のセットには、培養液が入っていて、確実に光合成で増えるようにしてあります。

やっぱり、教材のセットは、ちゃんと観察しやすいようにしてあるんですね!
学研のセットなら、安心して食べられそうです。。。

>沖縄では「モーアーサー」と呼ばれ、滋賀では「姉川クラゲ」と呼ばれています。博物学者の南方熊楠博士は和歌山で食料としての研究をしていたとか・・・。

このお話で、ものすご~くイシクラゲを食べたくなりました!!
南方熊楠博士に関する本は若い頃読んだことがあるのですが、イシクラゲの研究もされてたなんて!

私自身も、イシクラゲに対する関心が深まりました~。
ありがとうございます!

半兵衛さんのコメントに補足して。

 初めまして。半兵衛さんがコメントしている内容を受けて補足させて頂きますね。イシクラゲは通常自然界から取ってきても増えることはありません。それは既に増えきった状態で一時的に休眠していると考えて良いと思います。そのため、もう一度増やすためには、半乾燥状態(濾紙を湿らせてその上で増やす方が良いようで、水の中では上手く増えず溶けるようです)で、そのまま放置するといつの間にか増えていますよ。キットにしてあるのは恐らく通常では培養が難しいからではないかと思いますよ。
 イシクラゲ、いろんなところにいるのに増やすのが難しい、面白い生物ですね!

キャット

★キャットさん、ありがとうございます!

キャットさん、はじめまして♪
コメントありがとうございます!

>イシクラゲは通常自然界から取ってきても増えることはありません。
>それは既に増えきった状態で一時的に休眠していると考えて良いと思います。

なるほど~!
乾燥している状態で採ってきたみたいなので、まさにお休み状態のところを採ってきたんですね♪

考えてみれば、自然界でも水の中に浸かった状態で常にいるわけではなく、水溜りみたいな半分湿ってるところにいるから半乾燥状態で増やすっていうのも納得です。

ネットで調べてみるとお庭にイシクラゲが大発生して困っていらっしゃるご家庭も多いみたいなのに、人工的には増やすのが難しいって、本当に面白いですね♪

なんだか、大人でも知的好奇心をそそられる生き物ですね!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heimbj.blog88.fc2.com/tb.php/968-b4ad2e78

 | HOME | 

プロフィール

  瀬尾佐知子

Author:  瀬尾佐知子
愛知県在住
施主ブロガーで、
整理収納アドバイザー。
1971年10月8日生 O型。
40代の夫と、小学生の息子との3人暮らし。

マイホーム建築をきっかけに、おしゃれで心地よい暮らしを探究して、整理収納アドバイザーになりました♪
でも・・・、ズボラでぐうたらな性格は、なかなか変わりません。
そんな自分を認めて受け入れることが、きっと心穏やかな毎日を送ることのできる第一歩なのかなとも感じています。
 
●愛知大学オープンカレッジ非常勤講師
●ハウスキーピング協会認定
 整理収納コンサルタント
 整理収納アドバイザー2級認定講師
●財団法人職業技能振興会認定
住宅建築コーディネーター
●セイフティライフ(防犯)アドバイザー
●日本リアリティセラピー協会
 「選択理論心理学集中基礎講座」修了
「基礎プラクティカム講座」修了
●ほめる達人3級
●日本ライフオーガナイザー協会認定 ライフオーガナイザー2級

◇プロフィール詳細は、【こちら】をご覧ください。

★お願い★ブログに掲載の写真等は、転載をご遠慮ください。よろしくお願いします。

◆整理収納サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、【こちら】からお願いします。

************

最新の活動については、くらしの取扱説明書ホームページよりご確認ください。

★↓こちらからもご確認いただけます。
くらしの取扱説明書HP

コメント

カテゴリー

*******

いま、何時?

幸せな瞬間.com

ブログ内検索

リンク

お気軽にメールください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。